*

PS4でSSD換装はコスパが悪い理由

メニュー

コスパとは・・・

コストパフォーマンスの略。
費用が安く済み、尚且つ費用対効果が良いという意味。
このコスパを履き違えてる人がいて
SSDはコスパ最高とか言うYouTube動画があるので
不自然に思っていたので今回記事にしてみた。

 

SSDの最大のメリットは読み込み速度

この件については認めざるを得ないのが
圧倒的パフォーマンスです。
HDDと比較動画をあげられてるケースが多いが
SSDに関してはフラッシュメモリを使って
尚且つデータ間やり取りのストックを貯める量も多いので
HDDやSSHDよりもより多くのデータの読み込みが高速。

読み込み速度に関しては
今のところ記録媒体ではSSDには勝てない。
おそらく今後SSDを上回る記録媒体が出たとしても
SSDより価格が上がると思うし、
SSDの価格より下げて尚且つ効果はSSD以上のものは
中々出にくい現状がある。

よくTwitterとかで
「SSDに換装したら読み込み速度上がったー」
「SSDにしたらHDDより爆速だった」
とか言うのも喜ぶ理由が記録媒体としての
パフォーマンスが良いことに対しての喜びなのです。

ここまでは良いとして
ではPS4で最も重要な構成を考えてみたんだけど
「読み込み速度」が一番重要なのでしょうか。

自分は違うと思うので
ここからはSSDをPS4で使うべきではない点をあげます。

 

SSDは費用対効果が低い

まずこの点に関して
耐久性の点について問題視していましたが
このブログでも指摘あったけど、
最近のSSDは耐久性190年あるぜってコメント。

思わず「プッ」っと笑ってしまったのだが
そこまでPS4を十二分に使いたいのであれば
お好きにどうぞ。って感じです。

PS3→PS4→PS4 Proと続いてるわけだけど
リリース年数を考えてみれば
コスパが本当に良いのかって疑問に思いませんか?

PS3→(8年)→PS4→(3年)→PS4 Pro
なんです。

次世代機と言われる
PS5なんてもうそろそろ出てもおかしくないのに
PS4にSSD換装させて爆速と喜んでる人は
PS4の永続利用を喜んでいるのだと自分は思いますね。

費用対効果は非常に低い。

 

PS4に対しての効果はSSDでは勿体無い。

そもそもなんですが、
PS4の凄い所って実は
ゲームプレイしながら
そのゲームを常時録画してる所
なんだと思います。

これは今話題のニンテンドースイッチですら
数十秒しか録画できないのに対して
PS4は60分も出来ているので
もっと評価されるべき点だと思うのですが
なかなか認識されないのが寂しい。

データを読み込んで
さらにゲームプレイしてる映像を
書き込みを行っている。
ここがPS4の凄い点だと思います。

ここで気づいてほしいのが
SSDのメリットってなんだっけ?って話。

「読み込み速度が爆速なのって
PS4で使うの勿体無いんじゃないの?」

イグザクトリィー
その通りでございます!

もうわかってると思うけど
ホント勿体無いです。
PC自作にCドライブに対して
OS読み込み用としてSSD搭載した方が
まだ分かるけど、
常時書き込みしてるハードに対して
読み込み重視のSSD搭載しちゃってる時点で
話がトンチンカンすぎるのです。

 

まとめ

SSDって結局高級感を売りにしてるだけあって
コスパが良いのかと言われると
正直そんな事ないって言わざるをえない。
実際SSDの価格が下がっていくとか言ってた人も
SSDの現在価格見たら同じこと言えるのか?って話で
SSDの価格は現在でもHDDより下がることはないし
SSDはこのまま永続的に価格推移していくと思うので。

関連記事

記事はありませんでした

おすすめ記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

no image
PS4のビデオクリップ画質はビットレートと関係するのか

  先日記事にした 「PS4ビデオクリップを1080

メタルギアサヴァイヴサルベージミッションSランク攻略方法

メタルギアサヴァイヴの2回目のBETAが始まり プレイしてる方もいる

【PS4】Prison Architect(プリズン・アーキテクト) 日本語版が面白い理由

メタルギアサバイヴまで 特に遊ぶゲームがないので 久々PSストアで

no image
YouTube配信者注意「上位チャット」でコメントが読まれないトラブル発生

目次 上位チャットって何? 先日YouTubeの新たな規約によって

PS4ビデオクリップを1080p60fpsにする方法※PS4 Pro必須

目次 やっぱり動画にするなら高画質・高フレームレートがいい。 最近

→もっと見る

PAGE TOP ↑