アウターワールド欲しいけど、デスストランディングくるから購入迷ってる人いない?

PS4気になるゲームソフト紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

 

10月25日発売の
「アウターワールド」が
気になっています。

Obsidian Entertaimentが
制作し元Fallout:NVが
このゲームを手掛けたとされています。

 

Fallout3やNVが好きだっただけに
10月25日に予約して買おうと
気になっていましたが、

11月8日に
デスストランディング」が
発売になるので予約をしなかった。

だが、しかしこの動画を見たら
やはり気になって購入しようか
検討段階になってしまった。

 

もしアウターワールドを気になって
購入しようか迷ってるなら
一度見てほしい動画です。

その前に私個人が挙げる
アウターワールドの魅力について
紹介したいと思う。

 

アウターワールドの魅力

ゲームシステムがまんまフォールアウトっぽい

 

フォールアウトシリーズの
スタッフが関わってるだけあって
ゲームシステムそのものが
「フォールアウト」と酷似している。

 

彼等からすると
俺たちがやりたかった
フォールアウトはこれなんだよ!
ってメッセージ性が凄く伝わってくる
ゲームがアウターワールドだと思います。

 

フォールアウトNVには
当時からある「派閥システム」
「NPCによる多分岐エンディング」等
ユーザーの遊び心を持たせてくれるような
作品となっていた。

 

派閥システムも継承しているのが素晴らしい

 

今作アウターワールドでも
「派閥システム」だったり
「NPCに対しての攻撃等」もできるということで
従来通りのフォールアウト:NVが
そのままPS4に移行されたような感じにはなっている。

 

なのでフォールアウトシリーズが
好きで、フォールアウト4や76が
好きになれなかった人からすると
アウターワールドで再び
フォールアウト3やNVがやりたくなる
ような感じがしてならない。

 

ちなみに派閥によって
受けられるクエストが分かれているので
いくつかの派閥限定のクエスト等が
あったりするかもしれないので
一回クリアして「はい終了」って
ならないようになっている。

 

また今作は「自動販売機」にて
派閥限定のアイテムを売ってる
ショップ等も存在するようなので
各プレイヤーはどこの派閥に
属さないといけないのかを
考えながらプレイしないといけないようです。

 

ここら辺はデスティニーの
派閥システムと似てる気がしますね。

 

原点回帰という作品ではないか

 

フォールアウト76がオンライン縛りにして
NPC取っ払ってオンラインユーザーありきの
ゲームシステムにしてしまった点を考えると

 

原点回帰」ってことで
ベゼスダのゲームではなく
「アウターワールド」の方に流れるという
可能性もあるような気がする。

 

ただ、動画でもありますが
ベゼスダのバグ要素を
そのままこの作品でもパクってしまったのが
残念で仕方ない。

 

真似しなくていいんだよ
バグはw
って思ってしまう。

購入検討してる人へ

 

とにかく10月25日に発売しますが
何度も言いますが
11月8日に大作の
デスストランディングがくるわけです。

 

とてもじゃないけど、
2週間ばかりで消化できるゲームではないので
買うかどうかは難しいと思います。

 

私もかなり購入意欲が
湧いてる作品ではありますが、
デスストランディングに照準を
合わせてしまってるから
今回は見送りたいと思う。

 

あぁーーーでも
やりたい。。。どっちか
延期してくれないかなーー。

【アウター・ワールド】Fallout:NVの制作者が作る新作FPSが海外レビュー大絶賛の超神ゲーな件 (スイッチ/PS4新作)|The Outer Worlds【ゆっくり実況】
created by Rinker
テイクツー・インタラクティブ・ジャパン
¥3,740(2020/03/31 15:50:47時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました