【楽天ペイ】「ずーっと5%還元キャンペーン」は本当に「お得」なのか

楽天ペイ

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

 

楽天ペイ「ずーっと5%還元」が
10月1日より始まります。
タイトル通り「ずーっと」ってなってますが
一応期間が存在します。

 

<第1弾>
10月1~12月2日まで
・エントリー期間
7月1日~9月30日まで

<第2弾>
未定

 

ということで普段から
楽天ペイを使っている楽天ユーザーの
自分からしたら消費税増税後に
どのようにお得になるのか
気になったので調べました。

 


楽天ペイのキャンペーンはエントリー必須

 

楽天ペイのキャンペーンは
定期的にありますが、
基本的に「エントリー」しなければ
参加する事はできません。

 

なのでエントリーする為に
「キャンペーンサイト」から
キャンペーンをエントリー」する
必要があります。

 

エントリーボタンをポチッとするだけで
エントリー可能です。

 

ずーっと5%還元の仕組みについて

 

今回紹介する
「ずーっと5%還元」は、
10月1日から政府が始める
「キャッシュレスポイント還元制度」に
関係があります。

 

「キャッシュレスポイント還元制度」に
該当する「店」であれば
政府が事業者に対して補助金を
渡して、我々消費者にポイントとして
還元されるという制度です。

 

お近くのお店等がこの制度に
加入しているかを確認するには
「経済産業省」のページより
確認できます。

 

「消費者のみなさま」から
「使えるお店を探す」を選んで
お店を探す事が可能です。

リンク:https://cashless.go.jp/consumer/index.html

 

楽天やアマゾンはECサイトですが
5%還元対象となっていて
楽天市場の場合、中規模事業者が
参入している為に5%対象のショップが
大半のようです。

 

ちなみに楽天の場合は
0.5%還元→5%還元になりますので
例えば10000円の買い物を楽天経由で
した場合は従来なら0.5%しかつきませんでしたが
5%だと500ポイント付与されるようになります。


10月以降「現金」払いは損をする可能性あり

 

なので「楽天市場」だったり
「楽天加盟店」で買い物を頻繁にしてる人なら
10月1日以降かなりポイントの還元が
期待できるようになります。

 

私は普段から「楽天ペイ」を使っていた
わけではなかったので
リアル店舗での支払いは
「現金」のみで決済していました。

 

10月以降だと消費税増税が始まり
現金での支払いに全くもって
恩恵を受けなくなります。

 

10月以降現金で支払った場合

 

3000円の買い物をしたとして
消費税10%が含まれ
3100円となるわけですが
現金支払いだとそのまま負担しなければ
なりません。

 

10月以降キャッシュレス決済した場合

 

しかし「キャッシュレス決済」で
支払うと3100円は負担しなければ
ならないが、「5%還元」されるので
5%分(155円)がポイントとして
戻ってくるので実質2945円での
買い物したことになります。

 

さらにお得にする「楽天ポイントカード」

 

ちなみに「楽天」には
「楽天加盟店」でしか使えない
お得なポイントカードが存在します。

 

それは「楽天ポイントカード」になります。
これは「加盟店」に入ってる店舗で
買い物をすると楽天ポイントが付与される
というものになります。

<従来の楽天ポイントカード>

使い方は支払い時に
楽天ポイントカードを提示するだけです。

ちなみにポイント付与率は
1%が付きました。

<10月以降の場合>

楽天加盟店に支払い時に
「キャッシュレス決済」にあわせて
「楽天ポイントカード」を提示すると

還元率5%+ポイント付与1%がつき
実質6%の還元となります。

 

ということは
楽天ポイントカードが使えるお店であれば
楽天ポイントカードと合わせて
キャッシュレス決済した方が
お得という事になります。

 

楽天加盟店を調べるには
こちらのサイトから確認して
調べる事が可能です。

リンク:https://pointcard.rakuten.co.jp/partner/

 

10月以降はキャッシュレス決済を
導入している会社なら
ポイント還元制度に合わせて
独自のキャンペーンを展開してくるので
注目する必要があります。

 

楽天ユーザーの方なら
間違いなく「楽天ペイ」で支払いをした方が
ポイントは今までよりも付与が
多くなるので貯まりやすい環境には
なります。

 

支払いは
「現金」よりキャッシュレス」にした方
断然お得といえます。

リンク:楽天ペイキャンペーンエントリーする

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました