NISAを始める前に「トレダビ」で勉強した方がいいよ

スポンサーリンク
アフィリ息子の思うこと

 

 

本日麻生大臣がこんな発言をしました。

資産の5割以上を現預金で持っている先進国はない

提供記事
麻生大臣「資産の5割以上を現預金で持っている先進国はない」
──日本人の預金好き、株嫌い

 

これはどうゆう意味なのか。

 

2013年度の個人金融資産は約1650兆円あり、
その中でも874兆円が現預金となっています。

 

先進国の中でこの数字は日本だけ突出して高いとされており、
また日本人が株式投資して、株保有している割合は14%足らずとされています。

 

政府の考えとしては企業が潤えば国民も潤うというのが
原則にありますが、それは企業の株価が上がれば
個人が保有している株もそれだけ潤うという形であり、
その考えにしたいんだけど、株保有していない日本人の割合が多いために
中々日本では株を保有するという考えが根付いて無い為に
政府が四苦八苦しているようです。

 

YouTube

公式サイト:NISA公式サイト

 

政府が今年1月に始めた「NISA(小額投資非課税制度)
これも国民に1人でも多く株式を保有してほしい為に始めた制度だが
思ったよりも浸透してないのが実情。

 

年間100万円購入できて、なおかつ5年間非課税扱いとなるのを
売りにしているわけだが、この制度の落とし穴的なものも
とあるサイトにてデメリットがあることも判明しています。

 

参照記事
NISAに潜む恐ろしい落とし穴を発見!
配当金に20%課税される人が続出

参照記事
スタートから4カ月、見えてきたNISA投資の落とし穴と留意点

 

これらの問題点を抱えるのもやはり
株式投資をするお金があっても知識がない日本人が
7割強いるという現実。まだまだ問題も山積みのようです。

 

ちなみに僕は株式投資しない理由は
リーマンショックが原因でもあります。

 

あの当時リーマンだけ潰れても問題ないだろうって風潮があって
全世界の金融や株価暴落に歯止めがかからなくなった状況は
今でも記憶している人が多いでしょう。

 

あの時にウォール街が誤った選択をしなければ
日本のみならず世界を巻き込む形にはならなかった。

 

株を保有する事自体間違った考えではないけど、
やっぱり株を保有して企業を応援するというスタイルは
日本人には根付いてない。僕もその1人。

やっぱり企業を応援するなら製品を購入して
その製品の良さをレビューしたり拡散していった方が
その企業の為になると思っている1人です。

 

お金あげるから良い製品作れって考えと
お金の為にいい製品はどうでもいいから株価上げろって考え。
どちらも自分は嫌いです。

 

お金の為に製品がよくなるとも思えないですし、
むしろお金の為に製品を作るなら最初から投資家を雇って
無償配布でいいじゃないですか。

 

そこから口コミで広まったものを
良い品質に代用できる点はすべきだと思うし。
わざわざ消費者を巻き込んでまで
株価上げる為の行為なんてしないでほしいです。

 

YouTube

参考書籍を探す:リーマンショック関連書籍

 

まぁ僕個人がどう思ってるのかはさておいて、
NISAをきっかけに株式を始めてみたいという人が
増えているのも事実。でもいきなり何十万~何百万という
投資が怖いという人もいると思います。

 

そうゆう人はまず
トレダビ」というサイトで
株式投資シミュレーションをやってからでも
遅くはないです。

 

自分もやってますが、無償で株式投資をできるし
実際にお金を使わずにやってますが、
仮想マネー株取引できるので
デメリットがありません。

 

トレダビで株を買ってみよう!

公式サイト:トレダビ

 

何かいきなり始める前は勉強してからの方がいいです。
特に大事な資産を株式に変えて投資していくんですから。

まぁ株は保有してるときは赤字にも何にもならず
売った時に赤字かどうかを選別するので
保有してる期間とか売り時が大事みたいです。

 

コメント