コミュ障の私がコミュ障のあなたに伝えたい1つの言葉。

スポンサーリンク
アフィリ息子の思うこと

 

YouTube

 

コミュ障とは・・・
コミュニケーション不足でありながらかつ
人間関係の構築が出来ない人の事。

 

ファッションぼっち
友達がいるのに、1人ぼっちの事。
ほとんどは「ぼっち」って言われるケースがある。

 

特に今の時代特有なんだけど、
「コミュニケーションを制した人が強い」って
思う時代に入ったと思う。

 

特に今の10~30代後半にかけて
議論・討論で論破される事を嫌う傾向にあり、
自分自身も何か言って逆に論破されるくらいなら
言わないほうがいいって思うようなことがあります。

 

後、これが結構大半だと思うけど
「攻撃された」「いじめられた」
「~された」という印象を強く持ってしまうことが多いと思う。

 

人間の脳の中にはトラウマや過去起きたトラブル事例より
危険だと思ったことを避けるという機能があり、
それをすると「過呼吸」「腹痛」「下痢」「嘔吐」など
ストレス状態に拍車がかかり、このような症状がでるようになります。

 

学校に行きたくなく、登校拒否。又はひきこもりも
これに該当すると思います。

 

対策として考えられるのは
「カウンセラー受診」が主にあげられていますが
年々医療費の負担がかかるという事から
カウンセリングすら受けれない人もいたり、
現実逃避する為に部屋の中で
ネットやLINEなどに没頭する若者が増えている事も事実。

 

私も強く実感してる事があって、
私自身、過去のいじめやからかわれた事による言動。
また、過去受けた傷つけられるような行為などがあり、
人とコミュニケーションを取らない事を望んだ結果。
今の配達業の仕事をしています。

 

新聞配達のいい所は

・人と会話しないこと

・仕事さえできればいいこと

・他人とコミュニケーションしなくても叱られない事

 

これがあるから長い間続けれたと思う。
それくらい恐怖心があるという事も
自分では理解している。

 

だから、「コミュ障」=「ダメな若者」と捉えずに
コミュ障=コミュニティに向かない人。
これでいいと思います。無理して輪の中に溶け込むって
今の時代合わない。

 

だからコミュ障だからって生き辛そうにしないで
社会の隅っこで1つや2つの楽しみを持ちながら暮らして欲しい。

 

コミュ障から抜け出すには有名な人にならないと注目されないとか
コミュ障から抜け出すには大きなことをやらないとダメとか。

 

~しなければ。という概念がとても邪魔。

 

比較対象を探さずに、
「楽しめる自分」を見つけていくのが一番
ぶっちゃけコミュ障でも生きるスペースがあれば生きれる。

 

悩むくらいなら
スペース探しに好きな事に没頭したほうがいい。

 

 

コメント