つみたてNISAでおすすめ「楽天証券」でポイントを使って投資をする方法

つみたてNISA

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

 

先日「NISA」についてニュースがありましたね。NISAの恒久化が事実上見送られた件です。

【悲報】政府、NISA恒久化を見送り!この件について物申したい!

そもそもNISAというのは政府が国内投資を活発化させるために、非課税期間を設けて投資を促した制度だと思います。ただ、NISAの恒久化が現実的でなくなった為に逆に注目を集めているのが「つみたてNISA」になるわけです。

楽天証券を使って「つみたてNISA」しよう

つみたてNISAの利点について

つみたてNISAの利点は

・20年間の非課税期間が用意されている

・証券会社の信頼する投資信託のみ

・年間40万円まで投資が可能となる

以上の点がつみたてNISAの利点といえる。「NISA」よりも投資できる金額は少ないが、期間が5年間だったNISAと比べつみたてNISAの場合は20年間という長期での運用を可能にします。

頻繁にデイトレ感覚での投資が苦手な人にとっては「つみたてNISA」の方がインデックス投資しやすい環境となっている。個人的には楽天証券でポイント使ってのつみたてNISAを実践しているので、ポイ活が好きな人にとってはポイ活感覚で積立投資ができるのが魅力。

積立金額は個人の余剰資金でやれる

年間40万円分積立可能となるので月で計算すると3万3333円積立をすると12ヶ月トータルで40万MAXで投資可能。ですが投資できる限界まで投資しなくてもいいのがつみたてNISAの良い所。

例えば毎月2000円を積立運用で年間2万4000円という感じにおさめてもいいし、ボーナス払い等もあるのでボーナス支給時に限度額まで投資するのもある。

ポイントを貯めながら投資する方法

また楽天証券の楽天クレジットカードで投資した場合は100円につき1ポイントが、ポイント付与されるので投資しながらポイントを貯めれるという利点もある。

例:3万3333円投資した場合333ポイントが付与。

楽天クレジットカードを使って他のサービスでの決済も楽天カードに、するようになるとさらにポイントが付与されるので基本的には楽天クレジットカードを使用すること。

楽天経済圏の手法を使えばポイント使って生活できる!?

楽天ポイントを使って
楽天のサービスを利用して
楽天の商品を購入して
さらにポイントを貯める。

この流れを「楽天経済圏」といって最近話題になっている手法です。手法は「楽天経済圏」のやり方にのっとって投資をすると簡単にポイントを貯める事が可能。

※楽天経済圏とは楽天サービスを利用し楽天ポイントを消費しながら生活をするスタイルのことをいう。楽天サービスではポイント還元率もサービスを利用することで増える。近年この手法は定着しつつある。

さらに楽天証券でしか使えない、楽天ポイントを使った投資もできるので貯まったポイントでつみたてNISAで投資するというのもできます。

楽天クレジットカードで積立する注意点

ちなみに楽天クレジットカードで決済すると毎月1日から積立が開始され、月末27日にクレジットカードから引き落とされるという流れになります。毎月10日までに「つみたてNISA」で積立したい投資信託を設定しておけば翌月1日には積立が開始される流れなので毎月10日までには投資先を選んでおく必要があります。

つみたてNISAするなら楽天証券しかないわ

楽天証券しかできないが、個人的にはこの方法でつみたてNISAした方がお得な感じがあります。私が言った事はこの動画でも紹介されていますのでよかったら参照してみてください。

投資しながらポイントゲット 楽天証券+楽天カードから 複雑なキャッシュレス決済まで

リンク:楽天カードクレジット決済で投信積立ができる!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました