PSVRソフトはなぜ増えないのか

スポンサーリンク

PSVRを買って数ヶ月が経ちますが
目立って面白いソフトがない。

数万円出して買ったPSVRも
結局お飾り程度となっているわけだが
なぜPSVRタイトルが少ないのか考えみました。

 

スポンサーリンク

目次

 

1 単純に需要がないから

PSVRの入手できる環境は整っているが
結局のところ購入して遊ぶソフトが限られている。
サマーレッスンとかバイオ7といったVR作品ですら
PS4のブロードキャスト数は少なく
実際にプレイして動画投稿してる人を見ると
有名所のユーチューバーしかいない。

PSVRの需要の無さは深刻だと思う。
海外ソニーのPSストア見てもVRコーナーは
あまり豊富だと思えず、
むしろ映像コンテンツに終始しちゃってるので
もしかしたらソニーは映像コンテンツを中心に
PSVRを見ているのかもしれない。

2 遊ぶ為の環境作りが高い

まずPSVRでゲームを遊ぶ為には
PSVR+コントローラー+カメラが必要となる。
PSVR+モーションコントローラー+カメラだと
60000円くらいはかかると思う。

さらにPS4 Proでないと高いグラフィック性と
フレームレートを維持できないのと
さらにさらに4KTVを持ってないと
PSVRのスペックを活かすだけのハイテク機には
ならないそうで。。。

ソニーって本当に無駄に高い。
これはソニーの売り方が下手なんだと思う。

 

まとめ

コンテンツを増やす気がない上に
普及もこのまましないのであれば
PSVRは単なる映像コンテンツを視聴するため
道具となって終わりを迎えそうです。

2018年はPSVR対応コンテンツはどのくらい出てくれるのかは
しばらく様子見ですが・・・

 

コメント