【ANNO1800】プレイ序盤の金稼ぎで重要な「貿易」取引ルートの構築方法

ANNO1800

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

 

ANNO1800をプレイしていて初心者の方に
最初のハードルとなるのが「資金調達」だろう。
調達方法として「自国で生産」をしながら
同盟国と貿易取引する方法をおすすめします。

 

今回紹介するのはプレイ序盤の金稼ぎとして
基本となる「貿易」取引ルートの構築方法を紹介していきます。

 


ANNO1800での貿易の仕組み

 

ANNO1800では貿易がゲームとしての
主な楽しみ方となります。
自社生産しながら貿易相手国に
貿易取引品を輸出することで
資金調達をすることができます。

 

貿易ルートの構築に必要な
ライバル国はプレイ序盤で登場しますが
いくつか相手国を選んだら「クエスト依頼」から
信頼度を上げていくといいでしょう。

 

クエスト依頼で50~60以上の貿易取引に必要な
信頼度を得たら貿易を開始することができます。

 

貿易するにはただ単に相手の国に
売りつければいいというだけではなく
相手の国が欲しいものをこちらの国が
用意して輸出する必要があります。

 

相手国が必要としてる「リクエスト品」を
確認するには「ルート」から確認できます。

ANNO1800で取引ルートを構築する方法

 

出典元:https://www.ubisoft.co.jp/anno1800/

まず取引には「船」が必要です。
序盤は「スクーナー船」を主に必要とします。
「スクーナー船」を3隻ほど用意して
「貿易取引ルート」の構築に努めます。

 

プレイ序盤では「帆船ドック」が存在しないので
労働者に格上げする必要があります。

出典元:https://www.ubisoft.co.jp/anno1800/

取引ルート構築するには
「ルート」を選択し
「取引に必要な船」
「取引したいアイテム」
「取引したい国」を選択し「承諾」ボタンを押して
取引を開始します。


取引ルートに護衛船を付けた方がいい理由

 

取引が活発になると「スクーナー」だけでは
どうしても事足りなくなります。
まず同盟国以外からの攻撃があったりして
せっかくの「取引品」が沈没でロストしてしまうのです。

出典元:https://www.ubisoft.co.jp/anno1800/

これを防ぐ為には「護衛船」を用意します。
護衛船には「ガンボード」がおすすめです。

積み荷スロット1
アイテムスロット2
ヒットポイント850
毎秒のダメージ21
維持費25

これだけの戦力で必要コストが

木材10
帆旗20
武器7

 

なのでかなり序盤には
作りやすく戦艦のような強力な護衛船でなくとも
機動力から「スクーナー船」を護衛することができます。

 

「ガンボード」は絶対にプレイ序盤には
作っておいた方がいい船となります。

 

貿易ルートの構築方法は
プレイ序盤では結構簡単で比較的資金がない状態でも
行えることが可能です。

 

また、新しい島を発見して
新しい島に必要な資材がない場合でも
「ルート」から「取引画面」にて
必要な物資の輸送を行えるので
是非参考にしてみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました