30代厳しい現実「貯金50万円以下」24.3%!?貯金より少額投資しとけばいいのに

30代お金の話

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

 

同じ30代だけど、貯金はしておいた方がいいです。
特に「30代」何があるかわからないので。
20代から投資に目覚めておけば
投資しながらの生活を夢見て
ガンガン投資できたけど、
30代からとなると生活もあり
なかなかガンガン投資ができる勇気が出ない。

 

なぜこのような30代の貯金が減ったのかについて
ITmediaビジネスで書かれてます。

参照記事:30代の収入と預貯金はいくら?

 

スポンサーリンク

圧倒的に手取りが減った事による貯蓄できない層

 

まず手取り28万3000円が30代の平均収入だけど
この平均値というのは上が飛びぬけていると
上がりやすい傾向があるので
実際はもっと低いのでは推測します。

 

ITmediaでは30代から結婚して主夫になったという男性
転職ばかりで階級が低いから手取りが増えないという男性
女性に限っては男性よりも平均収入と中央値の手取りが
-5万円も低い計算となっている。

 

そこから所得税・年金・社会保険等を引かれると
実際の手取りなんて15万くらいしかないのが現実。
そこから「家賃」「光熱費」「食費」「通信費」等
引いてしまうと手元に残るお金って
1万~2万くらいではないかな。

 

共働きしてる世帯だと子供の養育費もかかるので
結構手元に残らずギリギリでやってるという人も
いても不思議ではない。

 

30代から貯金し始めては遅いのか

 

30代の貯蓄率が50万円以下で24%という事は
少なくとも突然働けなくなった時
失業手当・労災・保険等があてにならなくなった時を
考えると最低3か月分貯金してないといけないが
その貯金分がまず足りなくてショートする可能性もある。

 

3か月分無職になっても大丈夫なお金が
20万×3ヵ月分=60万近く必要なので
60万円以下となると生活水準を下げて
生活を切り詰めるしかなくなる。

 

30代から頑張って貯金するにしても
預金金利はマイナスなので正直あてにしない方がいいです。
預金しても預金額によって月数十円しか
口座に入ってなかったりするので
全然増えてるーって感じがしないので。

 

20代から貯金開始して
毎月2万ずつ貯金するのと
30代から貯金開始して
毎月3万ずつ貯金するとでは
30代から貯金する人の方が明らかに分が悪い。

 

30代の貯金って増えないのが現実なのか。
という感じで諦めムードになってしまいそう。

 

30代は旨い話に騙されやすいから気を付けましょう

 

30代から突然不動産の話がちょくちょくDM等で
来るようになったりスマホ等で突然
空いた時間に手軽に稼ぐ方法」という
心の隙間についてくる広告は気を付けた方がいい。

 

東京五輪景気と言われているが
2020年過ぎたらその恩恵もなくなるので
基本的には不動産投資をこれから始めるというのは
正直ギャンブルに近い。

 

後、「手軽にできて稼ぐ方法」なんて
まずありえないし、大抵その先は
騙しクリックさせて「せどり」で稼ぎましょうとか
言いつつ「クレジットカード」で借金しましょうとか
言ってくるのサイトが多いので騙されないように。

 

個人的には積立NISAでコツコツやるしかない

 

積立NISAとは決められた投資信託の中から
積立を行っていき、分配金等が発生しても
税金はかからないというシステム。

 

通常なら20%は取られるが
無税というのはNISAの特徴。
積立NISAとNISAの違いについては
「モフモフ不動産」で紹介してます。

④投資入門~つみたてNISAとNISAの比較!メリットデメリットは?どちらがおすすめ?

私もやっていますが、少額取引で
負担なく毎日チャリーンって小銭で投資できるので
かなり楽です。

 

楽天証券を利用しての方法なのですが
楽天証券とマネーブリッジしていると
証券会社にお金を預けなくても
勝手に楽天が引き落としから投資までやってくれるので
私は何もせずに投資しているわけです。

 

楽天カードを作ってない人は
まずは楽天カード作った方がいいです。
ポイント還元とか生活助ける日用品とか
楽天ポイントで買えるのはデカいので。

 

楽天カードについて紹介した記事はこちら
楽天カードがおすすめの理由

 

貯金だと金利ほとんど期待できないので
少額投資で30代からやっていけば
貯金するよりも複利が期待できるので
私はおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました