【自己投資】なぜコロナ禍で「ストレスフリー」が注目されないのか

自己投資

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

コロナ禍で暇を持て余して毎日芸能人のYouTubeだけをチェックしてダラダラ過ごしてる人は今後アフターコロナの世界では生きていけないといわれている。

ただ私もそうたが、「自粛」というワードで甘えてしまっている部分があって「外出自粛」「行動自粛」「生活自粛」といって何もしないことが「正義」だと思っている人も増えてきています。

最近は「自粛警察」というワードがバズってる事から、行動しないことが大事と思ってる人も一定数いるようです。

普段からアクティブに行動していた人が突然家の中にずっといろ!って言われても段々ストレスが溜っていきハメを外す形となる事も少なくないようです。

そんな時に誰でも簡単にやるべきことが「自己投資」と言われるものです。

自己投資とは

自己投資とは何なのかというと単純に「自分への投資」となります。

・健康の為にサプリを普段から飲んでいる
・資格取得の為に勉強している
・スキルアップの為に本を読んでいる
・雑学を身につける為にYouTubeを視聴している

これらは自己投資と言われ、今の自分よりもさらに知識・経験を活かす為にしている「先行投資」とも似ている。

コロナ禍で自己投資は有効なのか

さて、普段から自己投資していた人がコロナ禍でどのような状況に置かれているのか。気になりませんか?例えば資格取得の為に日々勉強していた人は試験日がコロナの影響で延期されたとか。普段から飲んでいたサプリがコロナ禍で大量に注文されるようになりなかなか入手しづらくなったとか。色々泣かされてる人もいるのではないでしょうか。

日常で役立つスキルも非日常で活かせるのか?というとそんなことはなく、応用させる知識やスキルがなければ意味がなくなります。今回のウィルスの特徴でもある「人との接触を禁じられる」といった人間のコミュニケーションを奪われる形となり普段から勤勉だった人さえも意欲を失う結果となっている。

このツイートにもあるように「ストレス」が与えられた環境下で自分を高める事など水の無い砂漠をひたすら歩けと言われてるようなものです。

コロナ禍で最強の自己投資は「ストレスフリー」ではないか

非日常になった時に見えないものが見えたり、今まで見ようとしなかったものが嫌でも目にするようになる。これって非日常が生み出した感覚。「この状況で生き抜くのは辛いかもしれないが、頑張って生きようぜ!」って幾人も励ましあうツイートがあったりしますが、そんなことを言っても目の前にあるのは日々暮らしていかないといけない環境であったり仕事の事であったり、感染リスクを避ける為の行動だったりします。

私もコロナ流行前は普段から外には出る機会も少なく土日はゲーム三昧だったし、必要な時だけコンビニやドラッグストア等に行く生活だったから土日に大型施設で遊ぶとかしてこなかった人間なのでコロナ禍においてもあまり生活スタイルは変わっていない。ただ、普段から外で遊んでいた人からするとこの状況は物凄くストレスになっているようです。

何がストレスなのかって言うと「外に出られない」「人と会えない」「好きな時間に動けない」とにかく「人を介さないとダメ」という人にとっては非日常がとても生きにくい環境となっている。海外では外出できないストレスから暴動が起きているとニュースでもあったようにコロナ禍でのストレスはやむを得ない事になっている。

“外出制限”のストレスで・・・世界でトラブル続々(20/05/01)

ここで最近注目されているのがここ数年自己投資のジャンルにもある「ストレスフリー」という概念です。ストレスフリーとは「ストレスがないこと、精神的緊張や体の不調がなく穏やかな状態であることを意味しています
引用元:https://machicon.jp/ivery/column/41692

ストレスフリーという概念で重要なのは「意識を前向きに、行動を前向きに」というのが根底にあるのでなかなかネガティブな精神状態にある人にとっては苦痛だと思います。私もなかなかこの環境下で前向きに生きていけと突然言われても「無理」と答えるかもしれない。

おまけに日本中ギスギスしてる人が多い中でなかなかストレスを無くすという行為そのものが無謀にも思えたりします。個人的に何かおすすめのストレス発散方法はないかと模索しているところですが、最近私が見つけたおすすめの動画だったり知識を共有したいと思います。

前向きになるYouTube動画や本ばかりを見る

最近は脳科学の茂木健一郎の動画を見て感動しました。
人間は悪い方向に考えるとそのまま悪い方向に行くのではないか?と思うようになっているようだが
実はこれは脳が勝手に思い込んでるだけであって実際はバロメーターがありバランスよくなっているようで。

もうだめだやめたいと思った時覚えておくべきこと。

これ見たら今は悪いかもしれないけど、これからは大丈夫と思えるようになった。

人間は笑うという事をすると免疫力が上がるとされているようで10分間ゲラゲラ笑っただけでNK活性が10倍上がったようです。NK活性とはナチュラルキラー細胞ががん細胞などの標的細胞を認識し、破壊する能力のこと。
引用:https://dictionary.goo.ne.jp/word/NK%E6%B4%BB%E6%80%A7/

このように笑うだけで人間の免疫力が上がるんだったら簡単に普段見ているテレビやドラマや映画など、お笑いもそうだけど笑うという行為そのものがコロナ禍において最大の自己投資といえる。

一番見てはいけないのは「不安につけこむ情報」

人は不安になると不安を解消する為の情報を探します。
しかしながら不安を解消する為に探した情報で厳しい現実だったり
知らなくてもいい陰謀論のような情報があったりするとさらにそれを解消する為に情報を探す。
これは「不安のマッチポンプ」みたいなもので「不安が不安を呼ぶ」といった悪循環な状態になる。

知らなくてもいい情報で不安になって買占めをしてる人だったりも世の中にいます。
こうゆう人は何があっても日々不安の中で不安に苛まれてる人です。哀れです正直。
こうゆう人になってはいけないし、ならない方がいい。

混沌の中で注目されてるのはそうゆう「人の不安を商売にしてる人」なので
正直見ない方が健全な精神を保てると思います。

今日言ったように今後は「ストレスフリー」という概念が重要になっていくと思うので
新たな自己投資のジャンルとしても注目されてもいいのではないかと思っている。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました