googleアナリティクスと忍者アクセス解析を比べるとどっちが正確なのか迷う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

先日「忍者アクセス解析」に飽きたので
久々サイトアクセスした「Googleアナリティクス」。
アクセスしてなかったから「トラッキングコードがインストールされてません」
というふうに表示がなってました。

 

ということで改めてアナリティクスに登録。
さっそく解析しちゃった。

 

画像1 Googleアナリティクスページ

googleアナリティクス

画像クリックで拡大表示

 

直帰率たけぇ・・・76%。
ほとんど即直帰みたいな。いったいどんな検索結果できたのか・・・
そこが一番知りたいんだけど、なぜかGoogleウェブマスター通さないと見れない。
これ不便だと思ったわ。

 

画像2 忍者アクセス解析
忍者アクセス解析

画像クリックで拡大表示

 

少ないなぁ。100以下。
まぁ最近こんな感じだけど、
明らかに気になった点があるので
これから紹介します。

 

どっちが正しい?Googleアナリティクスと忍者アクセス解析

 

数字がまず違うのにお気づきになられた方は目がいいですね。
まぁわかると思うけど、100アクセス近い差があります。
Googleさんの方が数字盛ってますね~w

 

ページビュー算出とセッション算出があるので
忍者アクセス解析だとページビューが主な算出だと思うけど
Googleの方が誰が誰がってのを大事にしてるみたい。

 

年齢・性別・どこから?というのを細かく見れたのはよかったけど、
どんな検索できたの?ってのがわからなかった。

 

コンバージョン=直帰率ではないのか?

 

コンバージョンとは成約みたいなものでコンバージョン率は成約率だと思って、
それが見れるってすごいと思うんだけど、Googleアナリティクスのコンバージョンが
果たして本当に成約率を表してるのかと言われると違う気がする。

 

例えばアフィリリンク踏んだ。これでこのページから去った。
これってコンバージョンっていえるだろうか?
これって直帰と同じ扱いだと思うんだよね。

 

何かしらクリックして帰ったらどうなんだろう。
それって直帰率とは言わないのかな。
ここらへんさっぱりわからん。
むしろGoogleが「これ成約だわ」って決めてるのがすごいよね。
どうやってみてるのかは気になるけど。

 

アクセス解析はどっちも使ったほうがいいかも。

 

アクセス解析って徒競走と同じ。
よーい、どん!って一緒に走らないと
計測の平均が保てない。
むしろ数値のバラつきって今後影響あるからね。
なんとなくでいいからいつも見ておくといいよ。
アフィリエイト報酬変化がなくても
アクセス解析で見つかるキーワードってのが
今後のサイトアフィリに影響していきます。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト運営者:アフィリ息子(ターチン)



アフィリエイトは2008年9月からスタートし、
一時期はアマゾンアソシエイトで
年間50~70万いった経験があり
自動投稿ツールのレビューに参加したり
物販アフィリエイトを主に2010年頃までやってました。
2011年から規制が厳しくなり、一時撤退するも
家業の手伝いをしながら
物販アフィリで頑張って稼いでます。

当サイト記事では、あなたの探してる情報に
マッチしたサイト作りを心がけています。

運営者ツイッターフォロー:@musuko23

参加中のブログランキング

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る