ブログだけで稼ぐのは難しい。WordPressが圏外になる時代へ

スポンサーリンク
WordPress

 

年金 納付記録

集るだけ集っといて、
情報更新してると思ったら2ヶ月以上同じページという御粗末な組織。
「日本ねんきん機構」。こんなんだから年金納めたくないわ。

 

最近70歳以上になってから年金受給資格が与えられる制度が
話になっていたが、自民党のゴタゴタで頓挫しそうw

 

ぶっちゃけ厚生年金と国民年金の差が大きく
共済年金と国民年金の差もさらに倍近く。この国終わってる。。って
毎度思ってしまう。

 

 

さて、ある方がツイッターから
WordPressも圏外に飛ばされた」ってツイートがあって
気になって返信しましたが、
きちんと更新してただけで飛ばされちゃったみたい
って嘆いてた。

 

Googleの乱舞はとどまる事を知らない。
2010年以降加速し出したGoogleの横暴に
本当にサーチエンジンを良くしたいのか?って思ってしまう。

 

最近の傾向としては

 

・タイトルのクリック数による需要。

・クリックからページへの滞在時間の計測

・ページからの直帰率

 

これがGoogleが主にやってるであろう
サーチエンジンの仕組みだと思います。

 

この中で重要視すべきは

 

・タイトルのクリック数による需要

・ページからの直帰率

 

この2つがポイントだと思います。

 

要は見てる側と記事を書いた側との情報が
マッチングしていれば滞在時間は延びる。
さらに、関連記事への滞在時間もあり
さらには、ブックマークやツイッター等でシェアもされる。

 

ただし、シェアもされなければ
商品を掲載してるページだとそれはもう難しい。

 

ページ順位も下がる事も
検索エンジンに掲載されることすら危うい。

 

検索エンジンを利用してる人の多くは
自分の悩みを解消してくれる情報”を探してるわけですから
それを満たさない”クソサイト”は消されるというわけ。

 

でも気になったのが
WordPressが圏外に飛ばされた」という点。

 

WordPressって無料ブログよりも敷居が高く
独自ドメインも取っており、テンプレートも無料ブログよりはマシ。

 

でも圏外に飛ばされる。
どんな事をしていたのかはわからないけど、
少なくとも記事を書いていればアクセスはくるだろう。

 

画像1 当ブログのアクセス数

アクセス解析 2014年10月

画像クリックで拡大表示

 

これくらいはアクセスあります。
自分のブログ記事を見ればわかるけど、
マジメな事を書いてるつもりはないが、これだけのアクセスがある。

 

圏外に飛ばされたという理由はわからないが
個人的には「WordPressの記事でも安定はしなくなった」
というのは実感としてはある。

 

例えばこの記事
沖矢昴の正体は「赤井秀一」ではなく「工藤優作」でした(涙)
これを書いたのは5月中旬。すでに3ヶ月以上前の話。

 

でも今でもこの記事を検索してくれるユーザーがいる。
ただ、この記事を書いた時には1日数百アクセスはあったが、
段々アクセス数は減少していて
記事へのアクセス数は月10~20アクセスになっている。

 

需要のある記事はアクセスが伸びやすい
この記事は番組を見た翌日に書いたもの。
やりすぎ都市伝説でイルミナティとか出てきた陰謀論がワロスw

 

この記事も7月下旬に書いたもの。
3ヶ月以上前です。

 

それでもアクセスはありますし、
需要もある。

 

WordPressは基本ページ構造が
無料ブログとは違ってアクセスがきやすい構造になっている。

 

よっぽどひどいテンプレートを使ってない限りは
アクセスはくるであろう。ただ、SEO対策とかはもうしない方がいい。
Googleはそこらへん理解してるんだと思う。
「こいつ、SEO対策してるね」って。

 

Natural(自然)が求められる時代に
SEO対策をしてunnatural(不自然)な行為はしない方が良い。

 

 

コメント