楽しかった時のアフィリエイトの話をしようか

スポンサーリンク
サイトアフィリの話

今でこそGoogleの話が来ているが
4年前まではそんなことはなかった。

 

むしろGoogleはアドワーズのページスコアというので
品質管理には長けていたので、まさかそれを検索エンジン全体にかけて
アルゴリズムを過剰なまでにいじくっていくという印象はあの当時はなかった。

 

突如としてアフィリエイトへの影響がでたのが2010年あたり。
2011年にはペンギンアップデートとか2012年にパンダとか
昨年はハミングといった数々の動物を駆使してアルゴリズム変動を行ってきたのだが
結局痛手を受けたのは量産型のアフィリエイターでした。

 

僕が楽しかった時は

・イメージ通りにブログが作れたこと

・ブログを作るだけでアクセスがあったこと

・対人向けのブログを作れた事

簡単にいえば「人」を相手にしているビジネスだからこそ
スパム判定なんて気にせずやれたという印象。

 

今は「対Google仕様じゃないサイトはおさらば」って印象あるし
「対Googleに好かれるサイトじゃないとダメだ」という事もある。

 

こうなると本当に面白くない。
サイト作りも何もかも。

 

僕が好きだった量産型の商材の中でも
「インスタントブログアフィリエイト」は
量産型アフィリエイターの基礎的な商材。

 

やることといったら本当にシンプルで
ぶっちゃけ1つのサイトに時間かけずに
本当に数打ってくださいって言ってる商材でしたからね。

 

ああゆう商材って本当に残念ながら
今のGoogleからは好かれない商材になったのが
本当に残念。

ちなみに今現在は「●レア」とか「●●塾」とか
流行ってますが、同時進行でやるのは
正直お勧めしない。

 

アフィリエイトの場合「よーいドン」で走ったら遅い。
よーいドンってする前にもう全速力で走ってるくらいじゃないとダメ。

 

インテリジェンスを使ってアフィリエイトをしない限り
おそらく今後はうまくいかない。どの教材で基礎を学んだとしても
すでに陳腐化してる恐れもある。リアルビジネスなら定跡があるとしたら
下っ端ほど、常連さんに対してフォローアップが必要となるが
アフィリエイトの場合はそれがメルマガ読者になる。

 

お客さんがメルマガ読者なら読者がHPやブログから商品を購入しなくなったら
そこのブログは終わり。つまり閉店開業状態。

 

楽しかった時のアフィリエイトってのは
そんなことを考えなくてもよかったが、今は考えなければいけない。

 

僕個人の考えとしては今の時代は本当に読者を騙してでも
利益を出さないといけなくなってきている時代。
こうゆうのが一番嫌い。

 

騙さないで済むなら自作自演だったり
故意によるSEO対策だってしなくて済む。

 

本当に難しいのは「対人間相手」なのかもしれない。。。
何にも考えずに売れるキーワードと売れる商品だけを見つけてた時代が
本当によかったと今は思う。

 

 

コメント

  1. ぽこちゃん より:

    ランキングよりお邪魔しま~す。

    確かに楽しかった頃ありますね。私も報酬発生した時はボンボン発生してたし

    あの頃は面白かったですね。

    ブログ応援しておきます~