急に「平均ページ滞在時間」が悪くなった。対策方法はあるのか

SEO対策のお話

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

 

Googleのペナルティ期間から
無事回復したのか?って
くらいになった後に起きた出来事です。

 

ペナルティ期間を終えると
急激にアクセスが戻ってきて
ペナルティ前のアクセスまで
戻るのに約2週間かかりました。

戻ったのはいいけど、
そのあとが結構酷いというか
「平均ページ滞在時間」が
極端に悪くなったので紹介します。


平均ページ滞在時間が10分1以下となる

 

平均ページ滞在時間は
訪問したユーザーが
そのページに滞在した時間を
表す指標的なものです。

 

Googleが「平均ページ滞在時間」を
どのように見ているのかについては
まだ明らかとされてないが
「滞在時間」が多いページほど
評価されるようにはなっているようで。

 

今から見せる画像で
「平均ページ滞在時間」の
推移を確認してほしいですが
極端に悪くなっているのがわかります。

 

・ペナルティ前の画像

・ペナルティ中の画像

・ペナルティ後の画像

今見せた画像からわかるように
ペナルティ中
ペナルティ後の平均ページ滞在時間が
極端に悪くなってることが確認できます。

 

これはどうゆうことなのかは
あくまで仮定の話しかできませんが
検索するユーザーの質と
私が書いている記事の内容との差が
あるかと思います。

 

ゲームブログなので
攻略情報やネタバレ情報を
見に来たユーザーがいるとして、

 

私が書いている記事が
その内容とマッチしないと
平均ページ滞在時間は短くなる。

 

つまり検索ユーザーとの
ミスマッチが発生している。

記事を書く際の注意点

・できるだけ検索ワードを連想した
記事内容にする

・検索ワードを意識したページ内容にする

・検索ワード以外の情報は不要

これに心がけるしかない。

つまり「ネタバレ」と検索してる人に対して
「ネタバレ」以外の個人的感想とか
述べてはいけないということ。

ブログ書いてる身としては
正直厳しい点ではあるが
これに心がけないと
平均ページ滞在時間がどんどん
短くなるので注意しなければいけない。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました