Googleがモバイル戦略について四苦八苦してる様子

SEO対策のお話

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

 

参照記事:グーグル検索数、モバイルがPC抜く 主役交代への対応は?

 

この記事でもあるように
Googleの検索エンジンでユーザーが検索する数がPCを越えた。
この事からGoogleはモバイルアプリに対して
モバイルアプリの検索情報を提供するように
呼びかける動きになりそうです。

 

今後のGoogleの動向と対策

では自分も含めこのブログを見てる人の
今後のブログ運営の対策について紹介。

 

検索エンジン→アプリを使うユーザーが増える現状

なるべくしてなった感じがするGoogleの今回の問題点。
ユーザーがアプリばかりを使うようになると
検索エンジンから検索しなくなる文化は必然的に生まれ、
アプリばかり使うユーザーが増えると
検索エンジンは利用しなくなる道になります。

 

それを避けるようにアプリから自分のサイトに誘導する
という形が取れたらいいんだけど、
アプリの検索エンジン結果がどのように反映されるのか?
それはまた未知数的な物があり、
こちらが悩むよりもGoogleが自ら苦しんでる感じが見える。

 

Google広告が表示されなくなる恐怖を感じる現実

アプリを使うユーザーが増えると困るのが
広告表示
されにくくなるという点です。

 

Googleは広告収入を大部分得ている会社なので
事業本体に支障を来たす事態となれば
対策を考える必要性がある。

 

Googleが指摘するように、
モバイルには広告を表示するスペースが少ないし
表示したとしてもPCのサイズよりは狭くなり
コンテンツが薄くなるという事態になる。

 

そうなると広告収入が減り
Google自ら言っていた「独自コンテンツ」という
Googleが自縄自縛した形となるという事。

 

自らが生んだもので
自らを苦しめるという皮肉な事態に陥ってしまったという訳です。

 

我々にできるアクセスを集める方法とは

原因がGoogleの検索エンジンにあるなら
検索エンジンからの集客の割合を少なくするか
それともモバイルからでもアクセスがあるようにするのか?

 

考えなければいけない点があるとするなら
モバイルに注視したサイト作り
を心がける必要があると言う事は間違いない。

 

自分でたまに自分のブログを
スマホで見る機会があるが、
自分のサイトはテンプレート崩れしてないが…

 

他のサイトはどうも
スマホサイトに対応してないブログが目立つ。
特に一般的な無料ブログといわれるものは
スマホ形態での表示がされない。

 

PCテンプレートをそのままモバイルに表示されては
さすがに見る側も苦痛になることは容易に想像ができる。

 

感じて欲しいのは
モバイルからのアクセスを馬鹿にしないでほしいということ。

 

モバイル デスクトップ 検索数 比較
画像をクリックで拡大表示

 

画像にもあるように、当ブログも
モバイルアクセス数の方がPCからのアクセス数よりも
多いことがわかると思います。

 

今の社会人は家でじっくりPCを眺める
という文化じゃないので

 

外出先で暇さえあれば検索して
面白い記事を見つけたら見るとか

 

寝室で寝ながら見るとか
面白い物を見つけたらTwitterやFacebookに共有とか

 

我々が想像してた以上に
検索ユーザーが時間をコストだと考えて
行動した結果今の現状があると思うのです。

 

ですから、今日からできる事は、

・自分のサイトがスマホ対応化されてるのか?

・自分のサイトのアクセスがどのくらいモバイルが占めてるのか?

・自分のサイトをスマホで見た時見やすくなってるのか?

この事を考えながら対策をすると
今後Googleが展開を広げた時に
四苦八苦せずに済むかもしれません。

 

いずれにしてもモバイルのアクセスが増え続け
人が広告をクリックせずに
欲しい情報だけキャプチャーする時代が来るのも
遠くはないと思います。

 

 

 

 

SEO対策のお話
5月おすすめのゲームランキング
ウィッチャー3

主人公ゲラルトとなり
経済貿易都市ノヴィグラドを舞台に
愛娘「シリ」の行方を追う旅に出る。
強敵「ワイルドハント」が
シリとゲラルトの身に迫る。
3年以上前のゲームですが
未だに評価の高いゲームです。

PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS

バトロワといえばPUBG。
これしかないです。
2年以上PC版含め1000時間以上プレイしてますが
全然飽きない。むしろ”神ゲー”といっていいだろう。
ただ、ソロだと飽きやすいので
フレンドと話しながらやるのが楽しいゲーム。

Days Gone

人間社会崩壊後の2年後の世界を描く、
パンデミックで混沌とした世界を生き残る為に戦う
「ディーコン・セントジョン」。
彼に待ち受ける運命とは。

きみのまちポルティア

ポルティアでプレイヤーが
町の人と交流をしながら
成長をしていく物語。
町の人からは様々な依頼がされ
プレイヤーは依頼通りに達成するのが
このゲームの魅力です。

ディビジョン2

ディビジョン1から数か月後
舞台はニューヨークからワシントンDCへ
エージェント達は再び動き出す。
今作から新たに「レイド」が導入され
話題を呼んでいるが、完成度はイマイチ。
バグも多く修正がされるまでは評価が低い。

tachinをフォローする
アフィリ息子(ターチン)のPS4ゲームお役立ち情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました