6月Googleコアアップデートにビビる前に「品質の良い記事の書き方」とは

SEO対策のお話

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

 

明日Googleは6月のコアアップデートを
実施予定とのこと。

June 2019 Core Updates」ということで
アフィリエイターやブロガーは冷や冷やしてると
思います。

 

私が思うにSEOというのは
ブログをやってるなら一生ついてまわるものなので
あくまでも個人的な意見としては
気にしないようにするしかない」ということ。

 

SEOブロガーが言う「良いコンテンツ」とは

 

SEOブロガーがよくいう
「良い記事」
「品質の良いコンテンツ」
「内容のあるコンテンツ」
という言葉をよく使いますが、
これはどうゆう意味なのか。

 

ブログを書き始めたばかりの人は
理解できないと思います。

 

「品質の良い記事」ってなんだろう。
「内容のある記事」って?

 

しかも脅しのように
検索順位に影響が出る」とか
言い始める人もいたりするから
「ブログを書くのが怖い」って思って
更新をあきらめてしまった人も
いるのではないだろうか。

 

このように
「良いコンテンツ」という大それた事を
いう人ほど明確なコンテンツとは何かを
提示出来ない人なので
正直「片耳半分」で聞くくらいが丁度いいです。

 

昔アフィリエイターの時に
散々上の先輩ブロガーから
偉そうに言われてきたけど
今では「え!?どこいったの!?(笑)」

 

って感じなので正直9年以上アフィリエイト
やってきた実績のある私から
品質良い記事」が分からないという
人に対してアドバイスをしてあげましょう。

 

品質の良い記事とは「Q&A」に答えてる記事

 

Googleアルゴリズムを少しだけ
解説すると「Q&A」が上手いサイトを
上位表示するような仕組みとなっています。

 

Q「今日の〇〇通り通るけど渋滞が知りたい」
A「今日の〇〇通りの渋滞は〇〇時が混みます」

とか

Q「頭痛い時に薬が近くにないけど、治す方法は?」
A「頭の痛い時におすすめのツボはこちらです」

とか

 

プログラミングかじった経験がある人なら
理解できると思いますが、

 

基本的に「質問」に対する
答え」を用意してあるサイトは
正直「上位表示」されやすいですね。

 

また「知りたい情報」に対して
「まとめてある記事(まとめ記事)」が
評価されやすいのもそれに該当します。

 

アフィカスブログとは違って
きちんと自分の商品を紹介したいとか
悩んでる人にコミットメントしたい時は
「質問に答える」という風に意識して
書くと記事は書きやすい。

 

記事を書く時の文字数はどのくらいが必要なのか

 

文章の長さを指摘する人がいますが
最低500文字~2000文字とありますが
これは明確な基準ではありません。

 

まず「アドセンス」を例にあげると
「アドセンス広告」が決まる基準は
「アドセンス広告」が記事内部のキーワードを
選定し、そこから広告を
表示する仕組みとなっています。

 

望ましい広告を表示する為には
記事におけるキーワードの数が重要になりますが
最近の流れでは「文章構成」だけで
ブログ記事に沿った広告が
表示されるようになりました。

 

なので文字数を気にしなくてもいいですが
アドセンス広告を貼っているブログなら
ある程度のキーワードは必要になるので
500文字以上という指標がされているだけです。

 

500文字以下が検索エンジン評価を
下げるのであれば「まとめブログ」が
等の昔に評価が下がっているでしょう。

 

フォント選びや文字の大きさは気にしない

 

記事の書き方に「形」から入らずには
いられないッ!って人もいるでしょうが
基本は読みやすい形式は人それぞれだが、

 

あえて指標としていうなら
「自分のブログをモバイルで見ても
違和感がない文字の大きさやフォントを
使うようにしましょう」
という点です。

 

2015年以降急激にスマホからの
アクセスが増えていてブログも
スマホに適したテンプレートが開発されました。

 

私が使っている「Cocoon」もそうですが
モバイルに適したテンプレートを使うと良いです。

 

どのテンプレートが良いとか悪いとか
ここでは多くを語らないが
あえて言うなら、「スマホに適したテンプレート
を選ぶといいでしょう。

 

私ならそうしますね。
少なくとも今後長くブログを
運営していきたいのであれば。

 

無料ブログと有料ブログの使い分け

 

昔「無料ブログ」はクソで
「有料ブログ」にしとけって
先輩ブロガーが言ってたが、

 

稼げてない時に「ドメイン代」
「レンタルサーバー代」等を負担して
ブログ運営をすべきかという点。

 

少なくとも課金してまで
運営してるわけですから
年間サーバー代と年間ドメイン代を
資金回収できないサイトは
やる価値がないと思います。

 

それなら「無料ブログ」で始めて
上位表示されやすい
「無料ブログ」を使った方が賢明である。

 

あくまで「有料ブログ」とは
そうゆう使い分けをするべきだと思います。

 

最低自分の記事から
「100円」以上の価値を与えれるだけの
コンテンツを用意できるだけの
「覚悟」がある人にだけ許される資格が
「有料ブログ」ではないかな。

 

ちなみに「ドメイン代」
「レンタルサーバー代」合わせて
大体4000円~6000円前後年間にかかります。
それをブログのみで回収するというのが
いかに難しいのかがブログを運営していけば
分かると思います。

 

ホント「10円」稼ぐのだって難しいですからねw
これだけは言うと「月〇〇万稼いでる」って
ブログは「稼ぐ大変さ」を伝えずに
「良い面ばかり教えて」しまってるので
正直私からすると何言ってんだ!?って
思うわけです。

 

その点無料ブログから始めるとすると
気楽でいいですよ。

 

好きな事書き放題なので。
ぶっちゃけSEOなんて
気にしなくていいですからね。

 

日記・日記・日記って感じで
気楽に書けるのがいいんですよ。
私もサブブログを持ってますが
そちらはメインみたいに
ガッツリ文字数書いてませんからw

 

本気で稼ぎたいのであれば
「有料ブログ」

気楽に焦らずやりたいなら
「無料ブログ」

この使い分けでいいと思います。

 

まとめ

 

品質の良いコンテンツについて
解説しましたが、
Q&Aに応える記事を積極的に書くことで
おのずと上位表示されます。

 

もうそれしかないってくらい
当たり前の事を言っちゃってるけどね。

 

品質の良い記事ってなんだ?
コンテンツの良い記事ってなんだ?ってなったら
今日伝えた事を思い出してください。

 

 

もしこのブログが参考になったら
あなたのブログやTwitterなどで宣伝協力お願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました