【Googleコアアップデート】6月はマジで検索順位が下げられて酷い結果に。コンテンツの質とは何なのか

SEO対策のお話

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

 

Googleのコアアップデートが行われてから
というもの3月にもあったが今回は
結構酷くやられちゃった感じがあります。

ホントこれ思うんだけど、
何を基準に順位を決めてるのかって
明確な説明が欲しい。


そもそもGoogleが考える「品質の良いコンテンツ」って何よ

 

Googleは過去「品質の良いコンテンツ」という
曖昧な表現を徹底してサイトユーザーに
求めてきたが、最近では
「ニュースサイト」「キュレーションサイト」
これらを優先的に上位に表示するようになっている為に
「個人ブロガー」のようなサイトが上位に表示されにくく
なってしまっているのが現状です。

 

私のサイトも6月4日以前は記事を書けば
上位表示されるまでになっていたが、
今ではほぼ記事を書いても圏外から始まって
そのまま上位になることはほぼないです。

3月よりも6月の方が被害が大きいです

 

私のようなニュースサイトでもなければ
アフィカスのようなキラーページしかないサイトでもない
「雑記ブログ」サイトだとこの程度の影響で
済んでるのかもしれないが、専業でやっている方なら
影響はホント甚大ではないかと思います。

6月のコアアップデートはブロガーにとっても
有意義な情報を提供をただすればいいという考えを
完全に捨て去った「Google大変動」だと思っている。

今のニュースサイトは本当に価値のあるものなのか

 

実際にニュースサイトというものは
文字数も少なければ(200文字以下)
コンテンツというのも「コピーコンテンツ」に近いものが
上位で乱立している状態です。

 

ということは「大手ニュースサイト」は
コンテンツが薄くてもOKで
個人ブロガーがコンテンツガッチガチにする
メリットってそもそもないんじゃないかって思うわけです。

 

大手ニュースサイトがコンテンツ緩いわけなので
いつまで経っても上位表示なんてされるわけないし。

 

今回のアップデートで分かった事は
以上のことです。コンテンツが緩くて日記調のブログで
数行程度の思った事を淡々と書いていく
本来のブログの在り方に戻った気がしますね。

 

ホント長文SEOとか昔流行ったけど
今じゃ全然通用しないって事です。

 

この記事でも書いたけど
一番やり方として正しいのが
「コアアップデート対策」記事の書き方じゃないかな。

私のやり方は間違ってないと思うし
上位表示されてるニュースサイトのスカスカの情報よりかは
有益な情報を提供できる基本的な要素だと思うので。

リンク:6月Googleコアアップデートにビビる前に「品質の良い記事の書き方」とは


ニュースサイトはオワコンに?!検索エンジンの未来とは

 

今後Googleがニュースサイトしか
上位表示しない方向に動くのであれば
本来あるべき情報は埋もれていると
思っていいでしょうね。

 

リテラシーの高い人は検索結果上位の
ニュースサイトは無視して
2ページ目以降のサイトに目をやるように
なると思います。

 

そうなると本来ユーザーが求める情報は
2ページ目以降となるわけなので
次第にニュースサイトはオワコンになる。

 

私の考える未来はそんな感じですかね。
ってか分かりきってる話なんだけど
あえて広告収入やニュースサイトのユニーク数に
惹かれたGoogleがドツボにハマっていく姿が
容易に想像がつくと思う。

Google is Up to No Good (2019 SEO update)

海外SEOユーチューバーも
今回のコアアップデートはマジでクソすぎるって
言ってるので本家アメリカのユーザーですら
思ってる事なので間違いない。

Googleは今のコアアップデートの視点を
変えざるを得なくなるでしょう。

 

もしこのブログが参考になったら
あなたのブログやTwitterなどで宣伝協力お願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました