【Googleペナルティ】Bingのアクセスが増えた件。さらに検索結果1位にも

SEO対策のお話

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

 

下がる時は一瞬にして下がり
上がる時には時間がかかるという。

 

Googleの勝手なペナルティから
1週間経過。ホントアクセスが激減して
アドセンスも辞めたくなるほどに落ちました。

 

正直自分のブログが
悪いとは思ってないが、
Google公式のコミュニティフォーラムでの
見解を見る限り

 

「お前らGoogleに雇われてるだろ」って

回答がすげー目立った。

 

マジで気持ち悪いほどに
「質問者」に対して
「あなたのサイトが悪い」というのを
前面に押し出した形。

 

まぁいいけど、こうゆうのは
Googleの選り好みで
やっているのだということを
私が証明してあげたいくらい。

 

実際にブログを検索結果を
見てもらえればわかるが
本当に価値のないブログなら
Google以外の検索結果で
1位なんて取らないだろう。

 

Googleにペナルティをくらってから
Bingという検索エンジンに
注目をしています。

 

ちなみにBingはマイクロソフトが
運営している検索エンジンなので
信頼性があると思います。

 


Googleでは圏外でもBingでは1位という不思議な結果

 

この画像を見てもらえればわかるが
Googleではこのキーワードだと
圏外になってしまいました。

Googleペナルティ

突然の圏外に疑問しかなかった。
というのもここ数年トップを取っていた
記事だったので下がる理由も見つからないし
ペナルティ要因すら思い浮かばない。

 

不思議に思ったので
Bingで同じキーワードで調べてみたが
ぶっちゃけ安心した。

Googleペナルティ

Bingでは1位を取っているから。
「ってかこれが当たり前じゃね?」
って思ったんで、Googleに
軒並みペナルティをくらった
ページを見て、Bingにキーワードを入力すると
出るわ出るわ上位表示の数々。

 

心の声で
「やっぱり可笑しかったのはGoogleなのか」
って思った瞬間でしたね。

 

Bingのシェア率は検索エンジンの中で低い

 

かといってBingの検索エンジンとしての
世間一般の評価は低い。
というのもGoogleに比べて
圧倒的に「宣伝不足」なのもあるが、

 

Googleの独占状態が強すぎるというのもある。

 

YahooはGoogleの検索エンジンを使っているので
ほぼ同じ内容となっている。

 

モバイルやパソコンでのシェアは
Googleが独占状態にあるので
到底かなわないだろう。

 

今はChrome使って検索してるが
わざわざMSのEDGEなんて使わないから
恐らくBingで検索する人は
IEに馴染みのある人で
Chromeが嫌いな人なんだろうって感じがする。

 

現時点でペナルティの期間が
どのくらいになるのか定かでないために
Bingからの少ないアクセスに期待するほかない。

 

なぜこのような事になったのかの
説明責任はGoogleにあると思う。

 

まぁGoogleの言い分は
「アルゴリズムが勝手にやったので知る由がない」
って答えると思うけどね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました