ゲームせどりの値崩れ傾向と対策

スポンサーリンク
電脳せどり

最近僕の出品していた商品が1人の出品者によって
僕より先に売れてしまった・・・

The Legend of Zelda: A Link Between Worlds (北米版)※国内版本体動作不可

値崩れ傾向

画像を参照してほしいのだが
5580円で出した人が1名。

 

僕は
新品でこの価格で出しやがって・・・
って思いました。

 

まぁ考えればわかることですが
客目線から考えると
「新品で5580円と9800円ならどっちとるか?」って質問に
自分が客でも「同じなら5580円だろ?」って答える。

 

これはサポート云々の問題じゃなく
単純に同じ商品だからって理由。

 

こうゆうのたまにあるんだよね。。。

 

最近「逆境無頼カイジ」見てるけど
カイジでも同じことが起きている。

 

Brave Men Roadの時に
一つの幅短い橋を渡りきるというゲームで
超高層ビルの間と間にその足幅の狭い鉄骨の棒を
渡りきったら報酬がもらえるというギャンブルなんだけど。

あれでも結局1人がおかしな方向に動くと
それに釣られて他の者もおかしな方向へと動く
そして命を失う。

 

こうゆうことされると本当に迷惑って思うけど
たまにこうゆう商品と出会う。

 

値崩れから値上げ

需要復活した商品なのかわからないけど
1円出品が多かったのに
ようやくその商品単価の最安値の値段で
出品されることがある。

 

これなら200円以上で仕入れたら
簡単に言うと赤字にはなりにくいこととなる。

 

早く言えば赤字なんてものを経験せずにすめばいいけど
1円出品者が速くこの世から消えてくれたら
どんなに楽なことか。。。

 

さて、今日もリサーチがんばります。。。

 

[PR]カイジ逆転の心理学――困難に打ち勝つ・人生を切り開くテクニック――

コメント