【楽天ポイント貯まる】コンビニの支払いを楽天EdyにするだけでOK♪

楽天お買い得

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

 

私は先月より「積立NISA」を始めています。
100円投資ということで毎日100円が
楽天証券から楽天銀行と連携して引き落としされます。

100円投資を行うメリットに関しては
こちらの記事を参照してください。
楽天カードを使うメリットについて

楽天ポイントプラチナ会員

ちなみに私はプラチナ会員ですが
「ダイヤモンド会員」目指して
これからコツコツ積立を行いつつ
普段の買い物も楽天ポイントを貯めれるように
工夫したいと思って調べました。

 

すると意外な方法で
楽天ポイントが貯まるということで
これから紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

楽天ポイントを貯めるコツ

 

まず楽天ポイントは「楽天市場」でのみ
買い物しないと貯めれないと思ってませんか?
楽天市場での買い物はもちろん
普段の買い物からでも実は貯めれることができます。

 

いくつか種類があるので紹介しますと

楽天市場
楽天銀行
楽天証券
楽天トラベル
楽天でんき
楽天不動産
楽天カードローン
楽天クレジットカード
楽天Edy

 

他にもガソリンスタンド
楽天ポイントカードと連携しているお店なら
楽天ポイントが貯まりますし、
全国展開している回転ずしチェーン
くら寿司」でも楽天ポイントを貯める事ができる。

 

レジに「楽天ポイントカード使えます
という表記がしてあれば「楽天ポイントカード」を
提示したら楽天ポイントが貯まりますので
ポイントカードとして提示する方がいいです。

 

スポンサーリンク

毎日使う「コンビニ」で「楽天Edy」でポイント貯まる

 

普段使っているコンビニでも
最近は「電子マネー」決済が行えます。
電子マネー決済の種類は沢山ありますが
その中でもお勧めなのが
「楽天Edy」になります。

 

楽天Edyがおすすめの理由

・楽天ポイントが貯まる

・使えるお店が多い

・貯まったポイントは20日後に使える

・キャンペーン期間中に使うと「ポイント」が貰える

 

以上が「楽天Edy」をおすすめする理由です。

 

意外と知らなかったのが
「コンビニ」「楽天Edy」が使えるという点。

 

セブンイレブンとか多く店舗構えてるけど
毎回店員に「nanacoありますか?」と聞かれるが
こちらから「楽天Edy」使えますか?
と聞くことはほとんどないでしょう。

 

私はコンビニを多く利用しているし
ドラッグストアも利用している人間からすると
「楽天Edy」が使ってなかったことに後悔。

 

せっかくポイント貯まるなら
“絶対楽天Edy”で買い物した方がいい。

楽天Edyが使えるお店チェック

スポンサーリンク

楽天Edyカードを手に入れる方法

 

楽天Edyでチャージして支払う方法として
おすすめするのが「楽天Edyカード」です。

 

楽天Edyカードをかざすだけで
楽天Edyにチャージできるので
スマホのQRコードかざしてやる方法よりも
コンパクトに電子マネーをチャージすることができます。

Rポイントカードと楽天Edyの違いについて

 

よく間違えやすいのが
Rポイントカード」です。

 

サークルKサンクスの時に宣伝されて
普及が一時期増えましたが、
「Rポイントカード」と「楽天Edy」の違いは
「Rポイントカード」では決済機能がないが
「楽天Edy」には決済機能があるという点です。

 

つまりポイントを貯めたいだけなら
「Rポイントカード」でもいいけど
コンビニでの決済では使えないという点です。

 

基本は「ポイント貯めれる」「決済できる」
この2つの機能を持つ「楽天Edy」を
使った方が良いと思います。

 

楽天Edyカードを購入は
こちらから購入できます→【Edy-楽天ポイントカード】

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました