「デトロイトビカムヒューマン」小ネタ動画がマジで面白すぎる。ヘビーレインやビヨンドトゥーソウルの小ネタ満載だった

PSPlusフリープレイ情報

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

 

7月のフリープレイで提供された
デトロイトビカムヒューマン」だが、
この小ネタ動画が昨日公開された。

 

私もトロフィー取得率60%を超えているので
このゲームにハマっていたが、
意外には意外な動画ネタだったので
本当に面白すぎる。

 

デトロイトビカムヒューマンだけではなく
ヘビーレインやビヨンドトゥーソウル好きな人も
是非見てほしい。

 


デトロイトビカムヒューマン小ネタ

Detroit: Become Human 小ネタ&隠し要素集

1 ヘビーレインの折り紙
2 コイン遊びするハンク
3 高所を怖がるコナー
4 人喰い大鷲のトリコ?
5 さくらを歌うアンドロイド
6 HITMANエージェント47
7 隠しメッセージ
8 ビヨンドと同じシンボル
9 カールの絵がカムスキー宅に
10 現代のフランケンシュタイン
11 リセットする度に増えるコナーの暮石
12 若き頃のトッドがビヨンドの世界に
13 同じNPCが別の場所にも
14 色々な案内役アンドロイド

 

目から鱗だったのは
「カムスキー」の服です。
これはエンドロール時のエピローグで
着ていた服に注目しています。

 

フランケンシュタインの小説を
ネタにしているとは意外。
カムスキーはアンドロイドを飛躍的に
進歩させた偉人でもあるが、

 

またアンドロイドの自我に対して
順応を予想できなかったことも。

 

カムスキー自身がアンドロイドに対して
家畜のように従わせてるシーンが目立つが
そのうち人間がアンドロイドを
超越する日がくると信じていたのか?

 

それともフランケンシュタインを作り出した
「メアリーシェリー」の小説からなると
「自ら作り出した怪物によって滅ぼされる」という
風に予想でもしていたのでしょうか。

 

AI人工知能が人類を滅ぼすとされているが
カムスキー曰くアンドロイドにも
自我があるということは予想はつきそうだと
思いますがね。

 

ここは考察が分かれるポイントだと思いますね。

 

デトロイトビカムヒューマンの小ネタで
意外に多かったのが同じゲームスタジオが
作ったゲームのオマージュ。

 

特にビヨンドに関しては
「トッド」のシーンは確かに
「あー居た居た!」って思うし、

 

あのシンボルマークも確かに
書いた覚えがあった。

 

こうゆう小ネタ動画は遊びの幅を
広がせてくれるので好きだわ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました