次世代機「PS5」2018年年内発売か据え置き価格実現しない理由

PS5

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

今年もゲーム機ラッシュが続きそう。
先日携帯型ゲーム機「SMACH Z」が発表され
携帯ゲームを高画質・高フレームレートでやる時代を迎えそう。

気になるスペックもあのThe Witcher 3やGTA5を
60fpsでプレイできるだけのものを積んだ携帯型ゲーム機なので
注目を集めそうです。

昨年はニンテンドースイッチやXBOXONEXが
注目を集めた年となりましたが、
今年はソニーやPS4にも搭載されてるCPU/GPUのメーカー
「AMD社」が話題となりそうです。

早速なんですが、先程ツイッターにて
このような速報がありました。

 

参照元:【ソニー】PS5に下位互換搭載か!?アメリカで特許が取得される!
http://psneolog.com/archives/50462

 

目次

 

最近海外の人の動画でも
PS5のデザイン・グラフィックサンプルが多々
アップロードされるのを気にはしてたんだけど
やっぱり来たか!という感想です。

 

今後他のサイトでも続報的な記事が多くなりそうですが
ここで気になる点をあげておくと
やはり「価格」です。

 

価格はおそらく据え置きではなくなりそうです。
理由はいくつかあり代表的なことを述べておくと

 

PS5が据え置き価格にならない推測

 

GTX1080を超える4K60fpsを基準とした感じとなる

これについては4Kなのか8Kなのか気になる所だけど
海外では一般家庭にも4Kが普及しているので
4Kテレビに対応し、尚且つグラフィックも
3840×2160(4K)と60fpsに対応したものを出してくるかも。

ちなみにGTX1080の価格は現在8万円を超えているので
据え置き価格でPS5というのは実現には困難な可能性がある。

 

下位互換を導入か?

PS5ではPS4のソフトはもちろん
PS1~PS3までのソフトを遊べるようになる可能性がある。
というのも先に発売した「XBOXONEX」は
過去リリースしたXBOXの作品をXBOXONEXで遊べるようにしたからだ。

また、XBOXの場合はライティングを刷新した
ライティングで提供した為に過去遊んでいたゲームを
高画質で遊べる環境を実現しており、ソニーもこれを導入してくるのではないかと
注目している。実際に導入したら日本の場合
いくつのソフトが遊べるのか正直微妙。

PS NOWは海外だと600本に対して日本は200本未満という数字が出ているので
明らかにソフトのラインナップ不足で終わりそう。もし実現しても
あまり期待しない方がいい。

グラフィックの動画もいくつか参照したが
肌の質感がリアルすぎて気持ち悪いくらい
人間っぽい感じ出てるのでこれをゲームとして
世に出すのかと思うくらい実は怖い感覚がありますw

PS5 demo graphics
PS5 Original Graphics guys

 

まとめ

 

まだ情報が少ない中での憶測ブログとなってしまうが
今後はPS5の情報にも注目しておこうかな。

何気に初期型PS4を今でも使ってるので
PS4 Pro買おうと思ったが、今回の情報をきっかけに
PS4 ProはPS5の下位版となれば価格が下がる事がわかるので
買う時期は悩んでいる・・・早く発表してほしいですわ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました