【龍が如く7会社経営攻略】株価ランキング100位以内を取るコツとおすすめの物件と社員について

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

 

発売直後から記事更新をサボって
毎日龍が如く7に没頭する日々を送っています。無事に会社経営「一番製菓」を「一番ホールディングス」に成長させ、株式会社ランキング1位を獲得したのでそろそろ経営のコツをシェアしたいと思ったので記事にします。

今回のミニゲームは過去作でいうところの桐生の不動産のやつに非常に似ていて物件を買い取って不動産に人員を配置して営業収益を得るという至ってシンプルな作りとなっています。時折ある「株主総会」には厳選した役員を入れて株主を説得するということもあるのでここで苦戦する人がいるのではないかとおもっています。

 

会社経営のコツは
社員ケアと役員に育てる事

 

物件は購入時に能力が決められていて、社員はランク付けとして「N」「R」「SR」「SSR」「UR」という所まである。個々の能力は社員ランクを上げる必要があり、「バイト」「課長」「部長」という風にランクをあげていけば社員個人の能力はあがっていく形となる。

 

社員配置にはリーダー・補佐二人が原則となっていて、リーダーの能力に引っ張られる形となり物件の持つ能力に依存する形となります。

 

また社員配置を適切に行わないと収益減少するので間違っても高い能力の社員を立て続けに選んでしまうと社員不足になってしまうので注意。

 

会社経営序盤だと所有できる物件数も少ないので売上規模が高い物件を選ぶ必用がある。ちなみに一番製菓は後半まで必ず所有しなければいけない不動産にあるので注意が必要。

 

売上規模を見るのには星マークで印されるマークを確認してその物件の収益率を把握することができる。

 

序盤は資金も潤沢ではないので銀行から融資してもらって借りながら物件強化していって収益回収をしなければいけない。

 

借入リスト

・エントリープラン:500万コース
毎月返済額52万5000円×10回払い

・スマートプラン:1000万コース
毎月返済額105万0000円✕10回払い

・ゼネラルプラン:5000万コース
毎月返済額525万0000円✕10回払い

 

以上のプランのどれかで選んだ方がいい。高利貸しよりも銀行の方が融資と返済がしやすいので序盤にはおすすめだと思う。ゼネラルプランだと返済額が525万円なので社員給料100万以内に抑えていれば600万以上の収益回収ができたら赤字にはならない。

 

物件について高い収益性の物件は価格に連動しないので売上規模と星マークを確認しながら選んでいく必要がある。

 

おすすめの物件

・カナマチ製作所
購入額644万 売上規模:102万

・とくだ商店
購入額656万 売上規模83万

・麻雀クラブ凛
購入額150万  売上規模62万

・ぜったい!おすし
購入額260万 売上規模107万

・Mr.Brillio
購入額1517万 売上規模162万

・流星劇場
購入額1125万 売上規模154万

・大穴警備
購入額792万 売上規模137万

・あじさい
購入額5660万  売上規模546万

・White  flag
購入額9490万 売上規模786万

・カラオケGonGon
購入額1億4950万 売上規模1048万

・オルタンシア
購入額6680万 売上規模747万

・猫のしもべ
購入額2億0400万 売上規模1563万

・カプセルホテルあけび
購入額3870万 売上規模381万

・ハンサム★セーラー
購入額2億1850万 売上規模2246万

・PDCA商社
購入額3億7368万 売上規模4015万

 

物件の収益率に関しては高い物件価格であるなら収益率が高くなるわけではなく、「商品」「サービス」「知名度」この3つの能力ステータスを満たすようにしなければ収益率を高めることができない。

 

序盤だとランクが低い社員を使いながら運営しなければいけないが、コスパが良い社員で

・コケコッ子(N)

・愛さん(N)

・鎌滝トメ(N)

・平山(R)

・ひろちゅん(R)

・石田綾美(R)クエスト達成で獲得

 

特にコケコッ子は株主総会でも使えますし、社員レベルを役員にまであげると後半まで一番製菓で使い続けれるので便利です。

 

社員を役員にまで上げると
社員の能力が引きあげられるが
その一方で社員ケアにかかるコストがあがってしまうので課長止まりにしておくと序盤だといいかもしれない。

 

物件所有数は株主ランキングが上位になるたびに増えるが、社員が少ない時に規定数よりも多く持ってしまうと赤字になるので注意が必要となる。

 

個人的には会社経営は社員ケアと社員ランクを意識しながら運営していけば基本赤字になることはないが、物件と社員配置を間違えると思ったより赤字になって収益率の低い物件が多くなってしまうのでそこは組み合わせ次第で変えていく必用がある。

 

ゲーム要素としては楽しめたが、龍が如く0の時と比べると自分で物件を歩き回って探す必要がないので手間は掛からなくなったが物件への愛着も薄れ収益率と売上規模のにらめっこしながら社員ケアに追われるだけのモードになってしまうので結構マンネリが進みそうです。

 

株価ランキング1位になると秘書の鎌滝えりが社員として登用されるが、能力が他のSSRの社員と比べると弱いのが難点。課金社員とか今後出てきそうだし、サブクエストで社員が増えるのかもしれないので今後検証する必要がありそう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました