PSVRソフト「Beat Saber(ビートセーバー)」必要な周辺機器とは

PSVRソフト

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

 

2019年3月9日に発売されたばかりの
PSVR新作ソフト「Beat Saber(ビートセーバー)」。
武田真治さんのCMでもおなじみとなって
私も知っていたんですがこのゲームどんなゲームなのか
まだわかってなかったので調べる事にしました。

スポンサードリンク

Beat Saber(ビートセーバー)とは

 

Beat SaberとはPSVR専用ゲームソフトです。
VR画面上に物体が飛んでくるのを
ひたすら手で切り落とすといった
リズム天国に近いような音ゲーです。

 

ゲームはステージ制となっていて
スコアを競う事が重要なのと同時に、
腕の筋力を鍛える意味においても
エクササイズと同じような効果があるみたいです。

 

Beat Saber(ビートセーバー)プレイに必要な環境とは

 

Beat Saberをプレイするには
「2本のモーションコントローラー」が必要となります。

 

モーションコントローラーがなぜ必要なのかというと
迫りくる物体を切って切って切りまくる感じの
リズムゲーなのでワイヤレスコントローラーですと
対応できないようになってるからです。

 

モーションコントローラーの先端部分には
センサーが付属されており
そのセンサーがPlaystationカメラと連携して
映像コンテンツに反映される形となっています。

 

PSVRのソフトは基本コントローラーでできるものもあれば
自分の手で何かするようなアクションゲームでは
モーションコントローラーが必須となります。

 

Beat Saber(ビートセーバー)においては
モーションコントローラーが必須でしょう。

 

私も使っています。モーションコントローラー
PSVR「モーションコントローラー2本」購入理由&感想※マジおすすめ

 

PC版「Beat Saber」との違い「曲数」が少ない

 

PC版ではOculus Rift、HTC Viveで行います。
モーションコントローラーが最初から付属されていますので
PSVRとは違ってコスト的にはこの2製品の方が安く済みますが
PCのスペックも求められるのでスペック的に厳しい人は
PS4版で妥協するのが吉かと思います。

 

PC版は「アーリーアクセス」で20曲しか収録されていません。
PC版だとMODが入れれるので追加曲を増やせてこんな感じになります。

話題のVR音ゲーの曲追加MODヤバ過ぎる! Beat Saber – Customsong – ビートセイバー – MOD – LIV

PS4版ですと収録曲が11曲と少なめで
今後のDLCとかもまだ未定ですので
どの程度遊べるかは今後に期待といった感じとなっています。

[PSVR] ビートセイバー 全収録曲プレイ!

ただ、このようにみていると
自分でもプレイしたくはなりますね。

Beat Saber購入方法

 

Beat SaberはPS Store内で購入できます。
パッケージ版は販売されてないようなので
注意が必要です。

特別映像「武田真治の『Beat Saber』体感プレイ」

Beat Saber購入はこちら

タイトルとURLをコピーしました