【PS4初心者ガイド】PS4コントローラー充電スタンドはどれを選べばいいのか

PS4コントローラー

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

 

PS4のコントローラー充電方法はいくつかありますが
その1つとして「充電スタンド」を使った方法は
置くだけで簡単に充電することができます。

 

ただ、いくつも種類があってどれを選べばいいのか
分からない人の為に今回は私が厳選した
充電スタンドを紹介させていただきます。

 

PS4コントローラー充電スタンド買うならどれがいいのか

 

まずPS4充電スタンドはいくつか種類が存在します。

・PS4本体と接続型の充電スタンド
これはPS4本体のスタンド、
PS4コントローラーの充電スタンドがセットに
なったものでして、設置スペースは取るものの
充電スタンドながらPS4を冷やす為の
冷却クーラーも付属されているので高機能スタンドといえる。

・PS4コントローラーのみを充電するスタンド
PS4コントローラーを充電する為だけに
使われる充電スタンドです。
充電するにはスタンドにPS4コントローラーから
USBで差す必要があります。
置くだけ充電できるので設置スペースは取られず
簡単に充電することができます。

 

どちらの充電スタンドがおすすめなのか

 

PS4本体と充電スタンドですと
価格相場が3900円以上となり
結構割高となります。
しかも冷却クーラー付ですので
もし冷却クーラーファンが壊れた際には
充電スタンド本体ごと交換する必要があります。

 

コスパ的にはあまりよろしくないのが
本体+充電スタンドの形となっています。

 

私は長年使っている充電スタンドは
ACアダプターから電源を取って
コントローラーを差すというタイプを使っています。
経年劣化の心配はないので、安心して使てます。

 

おまけに私が使っているのは
PS4初期型の際についてきた充電スタンドですので
かれこれ6年近く使っています。
ホント純正って丈夫なんですよw

 

純正スタンドが断然おすすめできる理由

 

まずAmazonで「PS4 コントローラー 充電」
と検索すると、いくつかの商品が出てきますが
最新の物ですと電源ジャック部分が押し込み型となっている。

 

これは少しコントローラーが動いただけで
外れてしまう可能性があるのであまりおすすめしない。
以前私も安物を使っていたが、その時使っていたのは
中華製のものでした。

 

PS4の電源を入れようとコントローラーから
PS4ボタン押しても反応がなかったので
どうしたのかと思って本体から直接電源を入れたら
「ピッ!」となりました。
すると「コントローラーマークが表示」
点滅していたので「あぁ~これか」と把握できました。

 

純正ですとカチッとハメ込むスタイルなので
ぐらつかないのが良いんです。

 

ホント純正がおすすめ。
ただ、今では若干高いけどね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました