【PS4動画】YouTube再生数アップの為のコツ

スポンサーリンク

動画でもっと再生数がほしい。
そんな人は「シェアプレイ機能」より
「ビデオクリップ」での動画投稿をおすすめします。

 

スポンサーリンク

メニュー

どんな動画を作るべきか

まずどんな動画が需要があるのかを紹介します。

1 ゲーム攻略系動画

動画を見に来る人のほとんどは
プレイ動画目当てではまず来ません。
何かを探してきます。
YouTubeに限ってはGoogleと連携しているので
ゲーム攻略系だと動画が上位に来ることがあり
その関連であなたの動画にたどり着く。

誰よりも先にゲームを攻略し、
先にプレイ動画とか攻略動画を載せたら
他の誰よりも先にあなたの動画が多く見られるのです。

【ゆっくり実況】龍が如く0カツアゲ君を「黄金銃」で倒してみた

再生数:84000 

 

2 収集系動画

攻略系動画とは反対に
こちらはゲームやり込みが好きな人におすすめです。
収集系動画というのは各ゲームの収集品を
集める方法だったり集めた内容を紹介する動画です。

集めるのが面倒くさい人向けの動画なので
誰よりも先に動画を作るゲーム攻略動画より
やり込む事が好きな人にぴったりな動画制作だと思う。

時間に余裕がある人は
動画説明欄に攻略情報とか収集品の場所を書くと
見てくれるユーザーから評価も貰える。

ゴーストリコンワイルドランズ資料コンプ「リッキーサンドバル捜査官」キングスレイヤー

再生数:2800

Until Dawn™-惨劇の山荘- 過去の出来事

再生数:4500

 

3 面白映像を集めたクリップ動画

攻略動画・収集系なんて無理って人は
ユニークな面白いプレイを集めた動画を作ってみてはどうかな。

この動画は発想が大事なので
より面白いプレイに特化した内容の動画が喜ばれる。

いわゆる「ネタ動画」というやつだけど
ネタといっても無理くりなネタは逆に低評価に繋がる。

GTA5で言うならスタントプレイとかより
ゲームプレイ途中に遭遇したハプニング映像とか
結構再生数稼げてた人もいたので
このジャンルの動画は人の想像力が試される。

MGS5TPP スネークの角が伸びると血が落とせない

再生数:190000

4 ホラゲー限定「ストーリー実況」

怖い系ゲームが好きな人は
淡々とゲームをプレイしてみてはどう?
ただし、実況がいいです。

まず怖いゲームは多くの人はプレイしません。
理由は「怖いから」というのがあります。

怖いゲームが気になるんだけど、
自分では怖いからプレイしたくない。
でも気になるって人向けに作る動画です。

ホラーゲームなら無理やりテンション高くプレイするとか
逆にびっくり系のホラーゲームなら※音量注意とか
言う形で発狂プレイなんかも喜ばれることも。

ただあまりにうるさすぎて何言ってるのかわからない
そんな動画は自分でも低評価押してしまうので
辞めたほうがいい。

何事もメリハリが大事だと思うので。

 

 

再生数が多くなる理由

再生数が多くなるとチャンネル登録者数が増える。
ある程度増えたら広告を貼るとかいう方法もあるが
YouTubeの規約が変わって広告を貼るには条件が必要となった。

 

しかしながら自分が作ってくれた動画が
評価されることは喜ばしい事。

 

再生数が稼げる動画を1つでも作れば
なぜこの動画は再生数が伸びたのかが
研究材料となる。

おまけにGoogleはYouTubeと連携しているので
YouTubeで再生数がある動画は上位にきやすいので
風船のように再生数が稼げる動画ができあがる。

1つでも多く再生数が稼げる動画が出来上がれば
動画制作の楽しさを知る事に繋がります。

 

実況動画か垂れ流し動画か

昔自分も実況動画をやってた時期があったけど、
結局の所「トークスキル」がなかったせいもあって
向かないと判断。垂れ流し動画にチェンジしたら
思ったより再生数が稼げているので
これに関しては自分のケースなので向き不向きに合わせて
動画投稿をすべきだと思う。

 

YouTubeの場合は人気のない動画は
「一生埋もれる」ケースが多いので
本当に見に来ない動画は誰一人相手にされない

 

動画投稿の世界も厳しいもので
どちらにベースを置くのかは日々投稿しながら
考えるべきであろう。

見やすい動画にする工夫

自分が見やすい動画に着目すべき点は

・動画時間が短い(10分~20分程度)

・ダラダラプレイしない

・ゲーム進行がグダらない

この点に着目している。

 

基本的に見やすい動画って
プレイがグダグダせず
簡潔にまとめられていて
次見たくなるようなトークだったり
ゲームプレイとなっている。

見る側の立場になってみればわかるが
何度も同じ所で失敗する動画より
失敗をダイジェスト形式に編集して
ミッション成功する動画の方が
演出的にもキレイな作りの動画といえる。

創意工夫が求められるので
再生数アップに貢献してくれる作りの1つの要素といえる。

これは自分の立場の話なので
常に見る側を意識した作りで自分も動画投稿しちゃってるので
参考にしてほしい。

まとめ

昔はニコニコ動画で再生数を稼ぐ方法を
調べてた時に役立った事を
今回の記事でシェアしました。

あなたの動画作りの参考になればと思います。

 

コメント