『ジャッジアイズ』体験版感想。アマゾン予約も開始 主演/木村拓哉 龍が如くスタジオ

スポンサーリンク
ジャッジアイズ死神の遺言

 

昨日の「PlayStation®LineUpTour」にて
電撃発表された新タイトル
ジャッジアイズ 死神の遺言

 

名越さんも
「龍以外にもタイトルを考えてる」
って前々から言っておきながら
ちゃっかり作ってた辺りは
さすがだなぁ・・・って思った。

 

9月10日配信ということで
待っていたんだが、
結局PS4のネットワーク障害によって
プレリリースの配信が遅れた為に
9月11日未明にようやく配信された。

 

7.3GBという容量なので
結構遊べるのではないかと
期待が膨らんだ。

 

タイトルからキムタク。
マジやべええええ。

 

スポンサーリンク

メニュー

 

ジャッジアイズストーリーについて

99%有罪という殺人事件の裁判から
「無罪」を勝ち取り人気となっていた弁護士がいた。
彼の名は「八神隆之」。
彼は新人でありながら無罪を勝ち取った事により
彼の所属していた弁護士事務所に依頼が殺到してきている中
一本の電話が入る。

 

その内容が八神隆之が担当した事件で
無罪を勝ち取った「大久保新平」が
殺人容疑で捕まったという電話だった。

 

そう、この時から八神の運命は狂い始め
時は3年という月日を迎える。

 

八神は独立し「八神探偵事務所」として
新谷という男とパートナーを組んで
神室町という町で探偵業に勤しんでいた。

 

そんな中で神室町で連続殺人事件が起き
八神が3年前に所属していた弁護士事務所の依頼から
事件の渦に巻き込まれていくのだった。

 

ジャッジアイズの探偵アクションとは

基本的に体験版では
龍が如くとプレイしている内容が変わらない。
八神隆之は格闘に強く
また尾行・調査等もできて
特に新鮮味は感じられなかった。

探偵依頼から尾行する八神隆之

隠れたり人込みに紛れながら尾行する様子

 

ただ、トレーラーの中で
「証拠集め」とあったので
製品版だと「細かな証拠集め」が
事件解決のカギを握る可能性があり
楽しみの1つであるともいえる。

 

また、ドローン・スマホカメラ等を駆使した
探偵らしい尾行調査も展開できるようだ。

 

ジャッジアイズにおけるプレイスキルとは

基本的にアクション苦手な人向けという作品ではなく
従来通り「龍が如く」をプレイしてきた人向けのような
バリバリのアクション好きの人向けでもなさそう。

 

チュートリアルでテキトーにボタン押してても
敵をロックオンして固定して戦えば
アクション苦手な人でも楽しめる内容だろう。

 

個人的には「ヒートアクション」が
「雑」な感じがしたので
製品版では是非修正してほしい。

 

ジャッジアイズに登場するミニゲームについて

龍が如くといえば豊富なプレイスポット。
つまりミニゲームが沢山あって
メインストーリー忘れるくらい没頭してしまうということ。

 

もう龍が如くではこれがなければ
龍じゃないって感じであり
今作「ジャッジアイズ」でも幾つかプレイスポットが用意される様子。

 

今のところ発表されてるのが

・「デジタルピンボール『PINBALL PARLOR』©Mindware」

・「VRすごろく:ダイキュー」

・「ドローンレース:Dリーグ」

となっているが神室町で従来遊べた場所も
点在していたのでもしかしたら
製品版で遊べる個所も増えてるかもしれない。

 

一番気になるのが「カラオケ館」でしょう。
SMAPの木村拓哉の歌声を「カラオケ」で
実際にプレイして堪能できるのだから
木村拓哉ファンじゃなくてもこれは楽しみで仕方ない。

 

ただ実装されるかは未定だが、
名越さんならやってくれそう・・・

 

ジャッジアイズのテーマ曲「アルペジオ」がかっこいい

今作「ジャッジアイズ 死神の遺言」で
テーマ曲を担当する「ALEXANDROS」。

 

自分は初めて聴くアーティストだったので
わくわくしていたが、本当に期待を裏切るくらいの
いい曲に仕上がっている。

 

またトレーラーのエフェクトも
登場人物がでてきて砂のように消える感じが
シャレオツな感じでよかった。

 

これは何度も聴きたくなる。

 

【JUDGE EYES(ジャッジアイズ):死神の遺言】主題歌:アルペジオ(ALEXANDROS)1080p

 

まとめ

一応体験版では
難易度「ノーマル」「ハード」とやったが
正直「ハード」でもアクションは
従来の龍が如くをやってる人なら
少々物足りないかもしれない。

 

というのも「極みアクション」
というヒートゲージを貯めて戦うやり方ではなく
戦闘スタイルを切り替えて戦うやり方が
主軸となりそうなので
従来の龍が如くをプレイしてきたユーザーからすると

龍が如く0の戦闘スタイルと同じだと
考えた方がいい。

 

スキルポイントだったり
能力の割り振りによって
八神隆之の戦闘スタイルも変わっていくと思うので
製品版ではしっかり遊びこめるとは思う。

 

今までゲームなんて触ったことないけど
木村拓哉がゲームに出るってだけで
増えそうな気もする。

 

とりあえず発売時期がホント悩ましい。
12月13日・・・

 

12月20日にドラゴンクエストビルダーズ2が発売するし
同日「鬼武者リマスター」
「くにおくん ザ・ワールド クラシックスコレクション」

ホント発売時期1ヵ月くらい
早めてほしかったです・・・

 

でも自分は間違いなく買う。
それは言うまでもなく・・・(笑)

PS4版 ジャッジアイズ先行体験版プレイ中 キムタクが神室町に
『JUDGE EYES:死神の遺言』ゲームショートトレーラー

コメント