FF15「エピソード:アーデン」クリア後のネタバレ感想と考察

FF15

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

 

3月26日突然と発表され配信とされた
FF15の新DLC「エピソード アーデン」。
「エピソード アーデン」の発表を受けて
田畑氏がスクウェアエニックス退職を受けて
最後の作品となりました。

 

本作におけるDLC開発が最後ということもあり
自分もFF15+FF15DLC全部やってきたので
これはやらずにはいられないと思い
さっそくプレイしました。

 

スポンサードリンク

エピソードアーデンの結末が残酷すぎる

エピソード アーデンはアーデンがどうして
ノクティス達と対峙するようになったのかを
描く物。歴代の王ルシスとの対峙もあったりして
中々ストーリーは見所が多かったです。

アーデンは本来インソムニアの王になるはずだったが
弟:ソムニスの策略によって王の座からはく奪され
監獄とされる「神影島」に投獄されてしまう。

 

アーデンは自らこの立場に追いやった
ソムニスに恨みを抱き、ソムニスの為に
身を捧げた恋人「エレナ」の仇を討つ為に

 

アーデンは王都インソムニア侵略
ノクティスの父ルシスと対峙する事となる。

 

だが、ルシスに呆気なく勝ってしまったあとに
トドメを刺そうとしたら、
剣神「バハムート」の鉄槌を受けてしまう。

アーデンが剣神「バハムート」から言われるのが

王を殺すのはお前の使命ではない
お前の使命は闇を広めること
ルシスにやがて真の王が生まれる
真の王は人々の希望となり闇を払う
お前はその生贄
光を導く果てしない闇

引用元:http://www.jp.square-enix.com/ff15/dlc/epa/

 

アーデンもまた運命に抗う事ができない
アーデンそのものがノクティスに敗れる為に
生かされた身だと知ると
アーデンはエレナの亡霊に自ら刃を向けられて
倒される所も悲しくなってしまう。

アーデンが歴代の王に対峙して
運命を変えようと思ったのも
アーデンにとっては
本来あるべき姿に帰りたかったのではないかと
考察してしまいました。

 

アーデンはノクティスと対峙することによって
自分の運命を抗う事についても
FF15のエピソードを振り返る意味において
重要なファクターといえる。

 

アーデンの運命とノクティスの運命は残酷すぎる

 

ノクティスはルシスの血を途絶えさせてしまったけど
それも運命とならばアーデンがノクティスに対峙したのも
切なく感じてしまった。

 

ただ、個人的にはアーデンに対して
同情や感情移入はできませんでした。
やはりルナフレーナの意志を無視して
神薙の使命を全うした彼女の敬意を背いて
アーデンの私利私欲で王都インソムニアを崩壊させた辺りが
やはり「悪」には「悪」の生き方があるんだなぁって感じで
冷めたように見てしまった。

 

本来はこの後エピソード:ルナフレーナとか
エピソード:ノクティスで後日談が描かれる予定だっただけに
最悪の形となってDLC開発が中止になってしまったので
個人的にはDLCとしては良かったものの
FF15のトータルエピソードとしてはかなり酷いものになってしまったと
言わざるを得ない。

 

個人的におすすめなのが「エピソード:イグニス」

 

個人的には「エピソード:イグニス」が好きでした。
イグニス失明してまでもノクティスを守ろうとした想いが
本当に男泣きさせえます。イケメンな上に料理上手で
義侠心で身を削って立ち向かっていった姿は
やはりイグニスという男はは本当の漢だと思う。

 

今作でDLC完結となるわけだが
本当にこれでいいのかと思うような
歴代FFシリーズではないかなり残酷な物語となったであろう。

 

まとめ

 

個人的に後半のインソムニアの街並みが
結構酷かったです。エピソードアーデンは、
田畑さん辞めてよかったんじゃないかって思うくらい
ホントひどかったです。

 

もしこのブログが参考になったら
あなたのブログやTwitterなどで宣伝協力お願いします。

タイトルとURLをコピーしました