ファークライニュードーン プレイ評価と前作との比較

ファークライニュードーン
このどや顔 キャプテンとしてホープカウンティを救えるのか

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

 

最近は専らAPEX LEGENDSにハマっており
ファークライニュードーンのプレイを怠っていましたが
APEXの方でようやくチャンピオンになれたので
本日はレビューをしようと思います。

 


前作ファークライ5との変化について

 

ファークライニュードーンの世界は前作「Farcry5」から
17年後の世界。核戦争後にホープカウンティの人々は
どのように生きていったのかが描かれています。

 

前作同様に「バディーシステム」に
新たに「武器」「乗り物」のクラフト要素が追加されました。
素材を集めて武器をクラフトして武器を強化していくシステムは
UBIではディビジョンとかアサシンクリードとか
ウォッチドッグスではお馴染みです。

 

17年後の世界ということで景観もだいぶ変わっており
花畑や色鮮やかな景観となっています。

 

Far Cry: New Dawn vs Far Cry 5 | Direct Comparison

ファークライ ニュードーンの世界

 

このどや顔 キャプテンとしてホープカウンティを救えるのか

 

かつてホープカウンティにいた住民たちは
どのようになっていたのか。

 

主人公は「キャプテン」と呼ばれ
各地で荒野を荒らすならず者「ハイウェイマン」を対峙すべく
ホープカウンティにやってきます。

 

そこでハイウェイマンを率いる姉妹「ミッキー・ルー」に遭遇し
命からがら逃げる事になる。

 

拠点となる「プロスペリティ」を舞台に
街を発展しつつハイウェイマン・ニューエデンといった
新勢力に対峙すべく主人公はホープカウンティを救う事が目的です。

 

あれ、これどこかで見た事あるジェスチャー・・・

 

ファークライ5では「水」「緑」といった美しい景観も
ファークライニュードーンの世界だと「廃墟と化した小屋」が目立ち
ハイウェイマンが屯する世界があちこちに広がり
かつてファーザーが率いたエデンの人々は影を潜めています。

 

ファーザー亡き後の彼等に残されたファーザーの息子「イーサン」も
ハイウェイマンにやられニューエデンとして新たに街を復興させている。

 

立場が逆転した事によって人々が復興していく様を観れるのも
このゲームの魅力の1つでもある。

 


ファークライニュードーンは単にファークライ5のスピンオフではない

 

同じマップを使用しておりホープカウンティとして
マップ縮小もしているので少々物足りないかと思いましたが
思ったより探索範囲は広いし、新たに「基地防衛ミッション」が追加されて
武器を強くしなければいけないし、エタノール集めも頑張らなきゃ
強い武器を作るための生産拠点を拡大できない。

 

又ファークライシリーズでは動物の皮が重宝されてきましたが
今作もその概念を引き継いでいます。
銃のダメージによって動物の皮への傷み具合の反映はないので
単純に動物をやって動物の皮と引き換えにクラフト素材と交換するのが楽しい。

 

動物にもランクがあり「Ⅰ」~「Ⅲ」まで存在しますので
ランクが上がれば動物も硬くなっているので
ランクの低い武器を装備していると苦戦します。
ランクの高い武器を作って動物の狩りをする。
これがファークライニュードーンでの狩りの魅力なのです。

 

クラフト素材で乗り物が作れるようになったので
各所に素材を取りに行ってという非効率な作業はしなくてよくなった。
むしろ各所にある素材の場所もファストトラベルできるので
そこまで移動に苦労しなくなりました。

 

又PARK集めも楽になります。
各地にある「謎解きミッション」をクリアすることで
PARK本が手に入るし、チャレンジ攻略することでPARKも開放されます。

 

ただ、今作は「バディー」が2人同行できないので
プレイヤー+1人or1匹となっている為に
より戦略的な基地攻略やミッション攻略が求められる。

犬と一緒にドライブも健在。これはたまらん♪

ティンバーと2ショット お茶目なシーン

ファークライニュードーンでは新たにフォトモード搭載。自分だけのホープカウンティを撮影できる

 

ステルスが好きな人は「ナナ」というスナイパー使いのばあさんを連れていくと
簡単にステルスキルが取れます。このばあさん重宝しすぎて
他のバディーが使い物にならない。犬のティンバーのスキルを開放すると
素材の場所を検知してくれるのでかなり楽になる。

 

前作登場した「ハーク」「ジェローム牧師」はあまり潜入向きではないので
使ってませんが広範囲に暴れられる「ジーナ」は魅力的。
「ジーナの2番目・3番目のスキルがジーナの弾薬数無限と炸裂弾使用」なので
これは一緒にいたら心強いです。

 

このようにプレイスタイルによって使い分けすることで
ファークライニュードーンをより楽しめるようになる。

 

単純にファークライ5のスピンオフなのだが
スピンオフとしては良く出来た内容となっている。

 

プレイ対象者:FPSアクションが好きな人向け

 

このゲーム主にFPS視点でゲームをしますので
TPS視点が好きな人にとってはどんだけ良作でもハマれない。
FPS酔いという言葉があるがそれになりやすい。

 

というのも今作の操作感度が「100%以上設定可能」なので
感度150%で自分はやっているがAPEX慣れてしまうと意外と
この感度がちょうどよく感じてしまった。

 

後前作をプレイしてない人が新たにファークライニュードーンをプレイしても
恐らくストーリーを理解できない。

 

divisionで出てきたハンターさんがまさかのファークライにも登場か!?

ファーザーは生きていたのか!?

 

ファーザーがなぜいなくなったのか。
そもそもファーザーって誰?って話になるし
ホープカウンティに出てきた人々も名前を知らないと
「え?誰?」となってしまう。

 

前作ファークライ5にハマった人で今作が気になった人なら
是非プレイしてほしい。洗脳音楽「Only you♪」は衝撃的だったので
今作もあるのかないのかは確認してほしいところです。

 

→ファークライニュードーンをプレイした人のレビューを見る

 

タイトルとURLをコピーしました