ディビジョンプレイ感想~序盤おすすめ武器紹介

DIVISION

この記事を読むのに必要な時間は約 23 分です。

 

 

発売日当日に20%OFFで購入。
買うつもりなかったんだけど、
20時間限定のPSストアの値引きにやられた感じ(笑)

 

購入前からsteamレビュー見ていて
酷評が目立ってたのであまり期待してませんでしたが
やっていくと何気に面白さに気づき遊んでる時間が長くなってます。

 

ディビジョンのおすすめポイントと感想

 

ディビジョンポイント①:TPS+RPG要素のゲーム

 

敵を倒す+撃つ=シューティングゲーム要素がほとんどの方が
認知されてるゲームだと思いますが、このゲームは
RPGみたいに敵を倒す際のヒットポイントが表示されており
またプレイヤーもレベルアップしていく形なので
RPG要素もあるんです。

 

類似ゲームに「ボーダーランズ」「デスティニー
この2つのゲームが存在します。
どちらかというとデスティニーみたく
オンラインミッションが多数あり
オフラインで物語を進めるという感じではないですね。

 

もちろん一人でサクサクしたい人には
この手のゲームは向かないし、
近くにいる野良プレイヤーと協力しながら
ミッション達成をしていくゲームなんです。

 

ディビジョンポイント②:難易度ハードがヤバすぎ(笑)

 

デスティニーの時もそうだったけど
難易度によって貰える経験値だったり
レアアイテムなどが存在したが、
このディヴィジョンもそれに類似した要素がある。

 

基本的に経験値2倍はあるが
各ミッション事にボスがいるので
そいつを倒すとたまにレアアイテムを落としてくれる。

 

とにかく難易度ハードがヤバいんです。
・敵がとにかく硬い
一度被弾するとHPが半分以上減ったりします。
Lv格差が存在するので推奨LVギリギリで
難易度ハードやったら相当噛み応えある内容となります。

 

フレンド+野良プレイヤー数人で
試しにハード行こうぜー的なノリで行ったら
野良プレイヤーが途中脱落w
フレンドと自分でごり押し。
自分はLv10未満だったのでとにかく倒れっぱなしで
蘇生繰り返してかなり迷惑かけてしまった。。。

 

でも終わった後の達成感はあるね。
これはデスティニーの時もそうだったが
協力プレイの強みという感じがある。

 

ディビジョンポイントその③:クラフト+インフラ設備強化とは

 

ディビジョンは荒廃したアメリカ:ニューヨークを舞台に
プレイヤーはディビジョンとなって
各地に点在する問題を解決していくオープンフィールドゲーム。

 

このゲームの強みはゲーム難易度だけではない、
クラフト要素だったり、インフラ設備強化もある。
ただ、クラフト要素に関してはまだ未知数。
といっても素材を見つければクラフトできるのは当たり前だが
クラフトしたら相当強い武器ができるのかというと
そうでもない。

 

ここら辺は今後レアアイテムを作れるように
素材や開発図なるものが増えてなんとかなっていく余地はある。

 

もう一つの要素のインフラ設備だが
これはマンハッタンに行けるようになったら
拠点の1つでもある「作戦基地」にて
「医療棟」「技術棟」「防衛棟」といった
3種類の区域が存在し、各ミッションをクリアすると
この3種類の物資が渡され、インフラ強化する事ができる。

 

基地復旧すると「アビリティ」「タレント」「PERK」
この3種類の強化をすることができる。

 

Lvアップしないとアビリティを強化したくても
アビリティ装備が1つだったりするので
Lvアップしながらじゃないとダメだろう。
ここら辺の制限はLvアップしないときつくなる。

 

インフラ強化を進めるとテントハウスみたいな所に
新たに住人がやってくる。
その住人がなぜか「関西弁」という。。。
なぜニューヨークに関西人が・・・・

 

プレイ感想

 

まずDL版買ったせいもあり
アプリケーションデータのインストールが長かった。
3時間近くかかってしまった。

 

そのせいもあり、マンハッタンに中々いけずに
冒頭のチュートリアルミッションをひたすらやるという
作業げーをしてしまっていた。

 

 

結局マンハッタン行く頃にはLv5になっており
マンハッタン行ってからはフレンドと一緒に共闘していく形に。

 

フレンドは事前に先取りしていたので
ある程度ミッションはこなしていたから
自分はセコセコ敵を倒さずに後ろをついていくだけ(笑)

 

ちなみにこのゲーム。
パーティーとは呼ばずに(グループ)と呼んでおり
グループ内のメンバーと経験値は共有されるみたい。

 

たとえ自分が敵を倒さずとも
自動的にグループ内のメンバーが敵を倒したら
経験値が入る仕組みらしい。これは何もしない奴にとっては有利。
でもLv格差があるゲームだとこれはありがたいかも。

 

デスティニーの時もそうだったが
強い人と弱い人が一緒にやるとLvアップまで
結構速い感じがしました。

おすすめのミッションは

・マディソン野戦病院(Lv4推奨)

・リンカーントンネル検問所(Lv7推奨)

・ブロードウェイ商業施設(Lv8推奨)

・地下死体安置所(lv6推奨)

 

どれもフレンドや野良プレイヤーがいないと
きつい
場面がいくつもある。

 

少なくともこんな状態に何度もなるので覚悟が必要w

少なくともこんな状態に何度もなるので覚悟が必要w

 

現在50%まで完了。これから楽しみ♪

現在50%まで完了。これから楽しみ♪

 

このゲームでマンハッタンに行くと
「マークスマンライフル」が手に入るが
弾数が少なく威力が強い。
カスタマイズとしてMODを使って
マガジン強化したら案外強かった。

 

アサルトライフルやサブマシンガン等もあったが
DMG(ダメージ)が低く、マークスマンライフルとは
比較できないくらい弱かった。

 

武器システムもまだ不明な点もあるので
今後判り次第強化ポイントとかもブログで
お知らせできたらいいなぁ。

 

しばらくはやり込み期間に入るので
ゲームレビューは放置かもw
フレンドが先にLv突っ走ってる状態なので
自分も追いつかなければ・・・(汗)

 

追記:フリープレイで参加者倍増 新たな初心者向け情報

 

2019年1月9日よりディビジョンはPSPlusのフリープレイ提供されました。
これによりディビジョンの参加者は増えて
またサーバーがラグくなってるみたいですけど。

 

このブログに来てくれた人は恐らく
これからディビジョンを始めたいけど
何したらいいのかわからない人だと思うので
経験者である私からアドバイスをシェアさせていただきます。

 

ディビジョンにおける序盤装備集めについて

 

ディビジョンはハスクラゲーなので
アイテムを掘って装備を強化していく事が主な目的。
強化しないと強大な敵に対して与えるダメージはおろか
被ダメージも増えてしまうので装備が物を言うゲームでもあります。

 

では序盤はどのように装備を集めていったらいいのか
紹介したいと思います。

 

エンカウントミッションをクリアしよう

 

ディビジョンはメインストーリーを淡々と進めるゲームではなく
サブミッションとエンカウントミッションを進めながら
メインを進める方が効率的に強い装備を手に入れることができます。

 

序盤は「キャンプハドソン周辺」「チェルシー周辺」等の
エンカウントミッションやサブミッションをクリアするようにしましょう。

 

エンカウントミッションはメインストーリーを進めると
増えていくので序盤にクリアしておきたいものとして

 

・マディソン野戦病院(ドクタージェシカカンデル)

・地下死体安置所(ポール・ローズ)

・リンカーン・トンネル検問所(ロイ・ベニテス)

をクリアしておくと各キャラクターに依頼された

 

・医療棟物資(緑色のエンカウント)

・技術棟物資(黄色のエンカウント)

・防衛棟物資(青色のエンカウント)

が開放されます。

 

各エンカウントをクリアすると復旧に必要な物資が
手に入るのでそのポイントを使って復旧させていくと
「スキル」「タレント」「PERK」が使えるようになるので
エンカウントミッションは率先してプレイしていくといい。

 

エンカウントミッションはソロでできるものもあれば
フレンドの協力が必要な物もあります。
もしできないのであればフレンドに協力してもらって
クリアするというのもありです。

 

装備強化の概念

 

ディビジョンでは装備強化は他のゲームと違ってます。
Lv1~30までは装備強化は至ってシンプルなんだけど
Lv30以降になると「各武器」「各装備」の「タレント」
「サブスキル」が重要になるので単純に
数値だけでみていくと武器や装備を活かしきれない面がでてきます。

 

今回はディビジョンを始めたばかりの初心者向けに情報をシェアするので
そこらへんの情報は追々していくかもしれませんが。。

 

Lv1~30までは基本的に数値の高いものを選ぶようにしてください。
装備の色にも注視してほしいのですが
ディビジョンでは装備の色によって装備の強さが変わってきます。

 

「灰色」「緑色」「青色」「紫色」「黄色」

 

という具合に装備の色によって装備や武器の強さが異なります。
最終的には黄色装備にしていくようになるので
序盤はエンカウント・メインストーリーミッションをクリアしつつ
装備の強化をしていくといいでしょう。

 

※装備には「レベル」が存在します。
レベルに達していないと「装備できない」という事になっていますので
レベル上げの為にも「エンカウントミッション」をマメにクリアするように。

 

ディビジョンをプレイする上で必要な立ち回り方法

 

ディビジョンでの戦闘は「カバーアクション」を基本とした
立ち回りが必要となります。
複数の敵に対して正面から立ち向かうのではなく
「壁」に張り付きながら「カバーアクション」をしつつ
有利なポジションを取っての戦い方が基本となります。

 

なのでゴリゴリ押したいプレイヤーにとっては
序盤はストレスになるかもしれません。

 

ディビジョンにおける戦闘の立ち回りは
他のゲームと違って「スキル」を使った立ち回りが有効となります。

 

例えば序盤に使えるスキルとして有効な
「Pulse」や「ファーストエイド」「サポートステーション」。
「タレット」が有効といえる。

 

各スキルの特性を紹介しておきます。

 

「Pulse」特性

・使用すると敵のマークをしてくれる

・マークされた敵に対して「クリティカル率」「クリティカルダメージ率」が増加する

・Pulse使用中だけ敵と味方の位置がマークされる

 

「ファーストエイド」特性

・使用すると味方・自分を含め一部回復できる

・離れたプレイヤーに対しては「L1」ボタン長押しした後に
ボタンを離すとファーストエイドが使用できる

・ファーストエイド持続時間はスキルパワーの数値によって変わる

 

「サポートステーション」特性

・使用するとその場のエリアが緑色になり持続回復される

・サポートステーションが破壊されると効果がなくなる

・サポートステーション持続時間はスキルパワーによって変わる

・「免疫付与」を使うと「異常ステータス」が治る

 

「タレット」特性

・タレットを使用すると敵に対してタレットが攻撃してくれる

・タレットが壊されると効果がなくなる

・タレット使用中はタレットに対してターゲットが行くようになる

・タレットの種類は「アクティブセンサー」「ドラゴンブレス」「ザッパー」がある

 

他にもスキルが存在しますが序盤に使えるのは
この4つなのでレベルを上げつつスキル開放に努めてください。

 

スキルを使う為に必要な能力として
スキルパワー」が存在します。

 

スキルパワーの数値を上げる事によって
スキルが持続的に使えるようになったり
スキルで与えるダメージの強さが変わってきます。

 

戦闘が苦手な人でも
「タレット」を使ってスキルパワーを強化していけば
「タレット」が敵を倒してくれるというスタイルもできるので
単純に撃ち合いを避ける事も可能。

 

面白いのが「アクションゲーム」が苦手な人でも
「スキル」と「カバーアクション」を併用すれば
敵を倒せるのもディビジョンの魅力の1つともいえる。

 

店売りでの装備選びについて

 

店売りのアイテムは「プレイヤーのレベル」に合わせた物が提供されてます。
各セーフハウスに各ショップが点在しています。
点在しているセーフハウスを開放する事によって
ショップが使えるようになる。

 

ショップが使えるようになったら
ショップに売られているアイテムを確認します。

 

まずプレイ序盤では全身が灰色の装備なので
売られているアイテムが「緑色」のアイテムがあれば買ってください。

 

レベルが上がるにつれて店に売られている装備も強化されていきます。
なのでレベルが上がったら店で売られている装備をチェックする事も忘れずに。

 

特にレベル25辺りから敵が強い
「マレーヒル」「タートルベイ」「ミッドタウン東部」では
装備を強化しないとすぐにやられてしまうのでショップチェックは忘れずに。

 

ディビジョンにおける「クラフト」概念

 

ディビジョンは他ゲーと違って
店売りアイテムを買えば強くなるという感じではない。

 

店売りアイテムはあくまで土台作りとして
必要なものを提供してくれてるのにすぎないです。

 

では装備強化はどうすればできるようになるのかというと
「クラフト」をすれば強化できるようになります。

 

ただ、プレイ序盤にいきなりクラフトという感じでいくと
素材が枯渇してしまうのであまりお勧めしません。

 

プレイ序盤におけるクラフトは
メイン特性」「サブ特性」を意識した物を作るといいでしょう。

 

各装備には「特性」が存在します。
その特性がある事によって「装備」の良し悪しが決まります。

 

例えばニーパッド部分にメイン特性+スキルパワー3000とあると
プレイヤーは1500しかスキルパワーがなくても
そのニーパッドを装備する事によって4500のスキルパワーとなる。

 

もう一つ例えるとグローブにサブ特性「クリティカル率+3%」とあると
プレイヤーはクリティカル率15%しかなくても
そのグローブを装備することで18%のクリティカル率になります。

 

「Pulse」と併用すると「Pulse」のスキルは
「クリティカル率」「クリティカルダメージ率」が増加するので
敵に与えるダメージが増加する。

 

このように「メイン特性」「サブ特性」は装備によって変わります。
なので固定のメイン特性・サブ特性は存在しないので
なければ作らなければいけません。
その為に必要なのが「クラフト」なのです。

 

プレイしていくうちに自分はこの特性が欲しいとか
この特性とプラスして銃器振りのものが欲しいとか出てきます。
そうしたら「クラフトステーション」を利用して
クラフトをしながら自分の欲しい装備を作っていくといいでしょう。

 

プレイ序盤に必要な装備の選び方

 

Lv1~30 Lv30以降によってディビジョンでは
装備選びが変わってきます。
昔のディビジョンはLv30以降ではフリーエリアでは
装備厳選が厳しかったのですが
現在のディビジョンはフリーエリアでも装備厳選が可能なのが魅力。

 

今回はプレイ序盤をしてる人を対象にしているので
Lv1~15くらいの人をターゲットに情報をシェアしています。

 

プレイ序盤ではどのような装備を
選べばいいのかわからないという感じでしょうが
装備選びは基本的に敵からドロップしたものをチェックして
自分が装備している装備の色と比較して厳選していくといいでしょう。

 

例えばプレイ序盤ですと全身灰色の装備なので
敵が思ったように倒せないとかプレイしていて
すぐに敵に倒されるとかあると思います。

 

なぜすぐ倒されたりするのかというと単純に装備が弱いからです。
他ゲーですとレベルが上がればプレイヤー自身が強くなるかと思いますが
ディビジョンは違ってプレイヤー自身の強さは関係ありません。

 

装備が強くなればプレイヤーが強くなるという異色なゲームなので
装備を強くしないと敵が倒せないのです。

 

ではどのように敵を倒せる装備を集めるのかというと
まずはレベルに注目してください。
序盤では装備できるものが限られます。

 

各装備にはレベルが存在します。
レベルに達していないと装備ができない仕様なのです。

 

なのでレベルを上げて装備できるものを増やしていく必要があります。
なので第一目標としてはレベル上げを推奨します。

 

その為にも序盤のエンカウントミッションは重要といえる。
レベルが上がったらセーフエリアに売られているアイテムをチェックします。
セーフエリアに売られているアイテムはプレイヤーのレベルに近い物が売られてるので
買えるものがあれば買って装備しましょう。

 

足りない部位に関しては敵を倒すとドロップアイテムとして
装備が落ちるのでそれで強化するか
クラフトステーションでクラフトするのかどちらかとなります。

 

基本的に店で売ってるアイテムで序盤は揃える方がいいです。
売られてるアイテムと装備していたアイテムを売買するのを繰り返す事が
多くなるかもしれません。

 

装備厳選のルーティーンができるようになると
弱い敵が出てきます。フリーエリアに点在する敵ですが
その敵を倒すと装備を落とす事もあるので
それで装備を集める事も可能となります。

 

装備集めの幅が広がるので
プレイ序盤は今言った事を繰り返すようにするといいでしょう。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました