【アンセム危機的状況」(EA)CEOのAndrew Wilson「アンセムの運営の難しさ」を語る

anthemアンセム

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

 

アンセムのリーク情報を探してたら
次回アップデートの情報かと思ったら
それも含めてアンセム開発チーム
「BioWare」含め開発状況の内紛について
語られた動画があったので紹介します。

 

結構深刻ですけど、
このゲームシステム自体は
基本的に受け継がれるのか。
それとも刷新して
全く新しいゲームシステムへ生まれ変わるのか
“開発チームは岐路”に立たされてるようです。

 

スポンサーリンク

アンセムの現状と問題点

Anthem – New Updates From EA and Bioware. Cataclysm Details Leak!

まず大前提として
バグ修正に大きな時間を取られて
コンテンツの品質へのプロセスが
成功してないということを明かしています。

 

発売当初はオフラインプレイ含め
数百時間を体感できるゲームを
目指していたとされるBioWare。

 

ただ、予想以上に規模拡大で
ゲームコンテンツの品質維持
時間を割かれて開発にかける
時間よりもコンテンツ修正に
時間が取られたとされている

 

モバイル分野にもが触れられており
アンセムはモバイルコンテンツと連携し
テストをし始めるべきでは。

 

という意見もある一方で
ユーザーとのコミュニケーションが
取られず残されたコアユーザーの
意見を集約するのはいかがなものなのか
という点についても触れられている。

 

アンセムというゲームは
予想以上に反響があったという
好印象の一方で、

開発と人員、運営自体のプロセス変更
様々な問題があると指摘されているので
今後はロードマップ通りには
なかなかいかないのではないかと推察します。

 

スポンサーリンク

アンセムよりエイペックスレジェンズに力を入れたい運営側

EA Finally Admit That Anthem's Modern AAA Method Is Breaking… Does It Mean Anything?

EAの今後のキラーコンテンツになりうる
エイペックスレジェンズ」。

開発側としてはアンセムのような
コンテンツ修正の難しいゲームよりも
キラーコンテンツになりつつある
エイペックスレジェンズ」に注視したいようです。

 

ちなみにエイペックスレジェンズは
モバイル進出も予定されているので
今後はバトロワの王道「PUBG
今ではバトロワの王になった
フォートナイト」に追随する形となる。

 

フォートナイトはモバイルコンテンツには
行ってないのでここが勝負と見て
EAとしては今流行りの
ユーザー数も多いエイペックスレジェンズを
モバイルコンテンツに投入したいのでは?
という考えが透けて見える。

 

オワコンになりつつあるアンセムに
希望を託すのか。

 

それともキラーコンテンツになりつつある
「エイペックスレジェンズ」に
投資を回すのか。

 

EAとしては正念場なんでしょうね。
BioWareは期待されていた分
この結果にEAとしては
落胆を隠せない印象もあるが。

 

スポンサーリンク

アンセムは今後生まれ変わるかは「ユーザーの我慢」が重要

 

ユーザーとしては早く生まれ変わってほしい
今すぐにでも改善すべきドロップ率を
何とかしてほしいと願うばかりで
プレイしてきた人も
改善が見られず離れていった人も
アンセムが元々好きだったはず。

 

アンセムそのものが評価されずに
このまま衰退してしまうというのは
考えにくいが、Fallout76のように
時間をかけてユーザーのフィードバックに
耳を傾けて開発が完ぺきなゲームとして
世に出すという感じにしていく流れが
個人的には良いのではと思ってはいるものの。

 

そもそもフルプライスで購入してる時点で
ユーザーは100点の商品を求めているので。

それが
実は50点くらいで
おまけにプレイに支障がでる商品でした
という結果なら恐らく誰も買わないだろう。

【アンセム/レビュー】初動のイメージは厳しいけど素材は超一流だと思った【ANTHEM】#3

この販売手法は本当に辞めた方がいいし
けっつんさんも言ってますが、
それならフリーで出してもらって
先行プレイという形で
販売してほしかったですけどね。

 

今後はユーザーとしては
我慢の時間が増えると思いますが
「神アプデ」を期待して待つのか。

 

神アプデが来る前に
沈むのか。

 

どちらにしても「我慢」「忍耐」
これにユーザーが耐えられるのか。
ここがアンセム復活に必要な要素といえる。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました