北米PSストアと日本PSストアは全然商品数が違う理由

スポンサーリンク
PS4レビュー

 

かねてから思っていた事だけど
日本って色々とサービス遅いって思っていたんだけど
結局は「デベロッパーの力が海外の方が強い」って事がわかってきた。

 

海外だとストリーミング文化だけど
まだまだパッケージも向こうの方が好調みたい。

 

海外のPSNのラインナップは豊富。
特に最新ゲームのプレオーダーは日本より早い。

画像1 海外PSストア

海外PSストア

画像クリックで拡大表示

 

画像2 日本PSストア
日本PSストア トップページ

画像クリックで拡大表示

 

ちなみにプレオーダーしておくと当日プロダクトコードを手に入れて
遊ぶ事ができる。価格も日本で販売されてるパッケージ版よりも
1000円くらい安い。円安ドル高とはいえ、
向こうのDL版価格は親切設計です。

 

ちなみにストリーミングサービスも向こうの方が充実。
日本ではようやく「YouTube」が実装されたんだけど、
向こうだと多すぎってくらいあるね。

 

画像3 海外のストリーミングサービス
海外PS4 ストリーミングサービス

画像クリックで拡大表示

 

画像4 日本のストリーミングサービス
日本PS4 ストリーミングサービス

画像クリックで拡大表示

 

ほとんどといっていいほど、日本は「ガラパゴス」。
露骨すぎますよねwww

 

画像5 海外PSストア最新ラインナップ

海外PSストア

画像クリックで拡大表示

 

画像6 日本PSストア最新ラインナップ
日本PSストア ラインナップ

画像クリックで拡大表示

 

海外と日本と比較するとトップページから
品薄っぷりがわかりますよね。

 

日本は明らかにページの作りが海外と比べると
痛々しい。アーケードアーカイブスがTOPに並んでるしw

 

これが北米PSストアと日本PSストア比較ですが
PS4の売れ行きが好調で
来年には中国進出もあるみたいです。

 

参照記事
ソニー、PS4は330万台を売り上げ全体に貢献

 

ソニースマホやらソニーエレクトロニック事業は
ほぼ壊滅的にやられちゃったけど。
PS4のゲーム部門だけ上方修正。本当にゲームだけ
がんばってほしいくらいだ。

 

日本のPSストアがこれだけラインナップが少ないのも
やっぱりほとんど海外主軸に考えてるのはもう露骨すぎてワロタw

 

日本人は今やスマホアプリゲーばっかですからね。
忙しい日本人には家に帰って家庭用ゲーム機で遊ぶなんてのは
ありえないという風潮になってるのと、
流行に便乗しすぎてアプリゲームが面白いんだって思ってるのと
後、知らず知らずに課金ゲームに走りすぎて
気づけば月5万以上つぎ込んだというケースも考えられる。

 

日本人よ。今こそPS4で遊ぼうよ。
任天堂はWiiUで苦戦しちゃってるし、
マイクロソフトもXboxOneはもう・・・(笑)

 

とりあえずPS4買ってとは言わないが、
買っても日本のラインナップがこのザマじゃ。。。
なんともいえないよね・・・

 

もう少し日本のデベロッパーさんも
家庭用ゲーム機に協力的になってほしいけど、
やっぱり開発費とか市場規模の問題があるのかな。

 

 

コメント