PS4ProをSSHD換装したいと悩んでる人へ

スポンサーリンク
PS4 Pro

つい先ほどまで長時間停電で
ブログもまともに書けず
ネットも限られた接続帯域でしか見られず
本当に困ってましたが
ようやく復旧したので安心。

 

本当に電気があるってありがたいこと。
でも週末台風25号が接近するので
また心配が増えますが・・・

 

それはさておき
停電中に朗報が入りまして

 

「PS4 Pro新価格でリリース」
という

 

どうゆうことかというと
PS4Proの価格が5000円値引きして販売されるという話。

 

現在50000円オーバーで売られてるが
50000円以下で売られるようになる。

 

嬉しいのか嬉しくないのか。
正直今までPS4Proが欲しかったけど
価格が価格だしちょっと手が出しづらい
という人向けには朗報。つまり自分にとっては。

 

それ以外で別に高画質や高品質求めないという
人にとってはどうでもいい話。
なので興味がなければ読まない方がいい。

 

スポンサーリンク

PS4Proを買うならSSDにすべきか悩んでる

 

ではここから興味がある人が
まず一番知りたい情報としてあるのが

「SSDにすべきかどうか」

これに尽きると思う。
他の方も散々言ってきているが
「PS4Proの恩恵を受けるのはSSDしかない」
という限られた情報。

私はそうは思わないが
実際「SSDにして静穏性が増した」とか
「読み込み時や書き込み時のカリカリ音が聞こえなくなった」
という報告もあるようで
私はそこまで神経質ではないので気にはならないが
秒速を気にする人やらプレイ中の排気音が気になる人にとっては
「SSD」という選択は間違ってない。

 

というより速さを求めるならSSDしかない(確信)

 

私はそうではないユーザーなので
SSDに限ったことじゃなく
コストパフォーマンス的にSSHDという選択肢を
このブログでは推奨したいと思う。

 

問題のSSDにしたい人は
ここでさよならした方が賢明だろう。

 

じゃあコスパ的にSSHDに選択するメリットをあげてみる。

 

SSHDにするメリット

 

  1. 値段がSSDより安い
  2. HDDより読み込みが速い
  3. 何度もロードさせるゲームはロード時間がSSDと同等になりやすい
  4. 大容量でゲームが堪能できる

 

私的におすすめなのがこの4つである
じゃあデメリットは・・・

 

SSHDにするデメリット

 

  1. SSDより読み込みが遅い
  2. 振動音がSSDよりする 神経質な人はお断り系
  3. 長期間経つと故障リスクが高まる

 

この点がデメリットであるといえる。
特にSSHDの場合5年というスパンで
ディスクドライブの部分が経年劣化するので
書き込み速度が遅くなったり
読み込みも遅くなったりする場合もある。

 

5年というスパンを考えたら
10000円弱で大容量の記録媒体が手に入るので
コスパ的には良いと思う。

 

コスパコスパってさっきから言ってるけど
本当にコスパがいいのか。。。

 

SSHDとSSDをPS4Proを使ってロード時間を比較してみた

 

海外の方が動画で比較してくれている。
これ実際日本人のPS4Proに
SSDを搭載しているユーザーの人も見てもらいたいのだが

ゲームによってはSSDとHDDが同等のロード時間にあったり
SSDとSSHDが1秒しか違わないゲームがあったりする。

 

SSDは読み込み速度については最強と言われているが
もちろんHDDとSSHDと比べたら読み込み速度的には
申し分ないが、
SSHDの良さをここでいうと
繰り返しロードするゲームについては
読み込み速度の恩恵を受けやすい
という点があげられるのではないか。

 

つまりロード頻度の高いゲームであるなら
SSDもSSHDも数秒単位でしか大差がなくなるのであれば
SSDよりSSHDの選択肢をした方がコスパ的に良いという意見である。

【PS4 Pro】シーゲート 2TB SSHD (ST2000LX001) 速度検証 FF15編!

さらに効果のほどが実感できると思う。

FF15をやったことある人ならわかるけど
冒頭のゲームロード時間って意外と時間がかかるのだが
最適化する事によって時間短縮に成功している。

PS4 vs PS4 Pro, SSHD and SSD loading speeds

こちらの動画では
最適化前と最適化後とSSDの比較がされた動画。

 

どうでしょう。
SSDとSSHD(最適化)された時間を比べてみると
十数秒しか違いがみられない。

 

この動画を見た私がまず感じたのは
「これならSSHDでもいいや」
という風に感じました。

 

この検証に使われてる
「SSHD」は「FireCuda」というシリーズのSSHD。

 

このシリーズは「500GB」「1TB」「2TB」と販売されており
またSEAGATEというメーカーの中でも
人気の記録媒体といえる。

 

そもそもSSHDの魅力って何が魅力なの?

 

SSHDはSSDの良い部分とHDDの良い部分を組み合わせたもの。
SSHDの学習機能として「Adaptive Memory技術」が備わっている
これは繰り返し与えられた情報を自己分析して
最適な処理速度にしてくれるというアルゴリズムである。

 

容量についていうと

500GBじゃ全然足りない。
というのもあったりする。

 

100GBはシステムに依存するので
残り400GBで考えると
40GBのソフトなら10本
60GBなら6本しかインストールできない。

 

キャプチャーデータとか
セーブデータとか考えると
すぐに500GBなんて埋まってしまう。

 

1TBのSSDは現在20000円を超えるので
とてもじゃないけど高くて手が出しづらい。

 

そう考えると
2TBで売られてるSEAGATEの「ST2000LX001」は魅力的に見える。

 

フツーに考えたら
大容量なうえに転送速度もSerial ATA600なので
文句なしにコスパ的に良いと思うし。

 

PS4 Proの事を考えたら
高価なSSDに手が出しづらいのであれば
こちらの選択肢をしても間違ってはないと思う。

 

ただそれでも読み込み速度だったり
静穏性や耐久性を考えて
金に糸目がないのであればSSDという選択肢もある。

 

もしSSDに手が出しづらいのであれば
SSHDの「ST2000LX001」でも良いと個人的に思う。

 

コメント