PS4Proは1080p60fps固定なのか。買って分かったPS4Proの課題とは

スポンサーリンク
PS4Proフレームレート関係について

 

PS4Proを購入して1日経過。
購入して見えてきた課題があるので
今回シェアしたいと思う。

 

スポンサーリンク

PS4Proに見えた課題とは

 

PS4Proを買う目的ってなんだろうって考えた時に
まず思い浮かぶのが
高画質」「高フレームレート
という感じではないかな。

 

PS4Proを買うことでネットワーク環境が良くなったりもするし
USB3.0による転送速度も上がる恩恵もあるが
前者に述べた事が優先されると思う。

 

だけどこれって初期型PS4で体感できなかったのか・・・
と聞かれると正直微妙な所でして
やはり必要なデバイスとして「4Kディスプレイ」というのが
前提として必要となるのではないかという結論に至った。

 

なぜ4Kディスプレイが必要なのか

 

ゲーミング用の為にPC用のディスプレイでプレイしてたり
また通常の液晶TV等でゲームをプレイしてる人もいると思うが
2K画質だとPS4Proの良さを最大限活かしきれてないのがわかった。

 

確かにフレームレートは安定したとはいえ
画質は最近のゲームはホントキレイなので
PS4Proにした違いを把握はできなかった。

 

素人目からでもハッキリわかるような違いを求めるのであれば
やはり4Kディスプレイを手に入れる事をおすすめする。

 

意外と知られてない大半のPS4タイトルは60fpsが出てない現実

 

これ私も気づかなかったんだけど
PS4Proを手に入れたらフレームレートが向上するのではないか
という勝手な思い込みがありました。

 

実際にPS4Proではブーストモードが存在し
その機能を使うことでPS4では味わえなかった
フレームレートの向上は体感できました。

 

例えばデッドバイデイライトを例にしますと
デッドバイデイライトはキラー側とサバイバー側の
鬼ごっこゲームですが
追う側が切りつけようとすると追われる側が
ワープしたような感じになったり
カクツク事がありました。

 

これは単にラグの問題なのかと思いましたが
PS4Proを手に入れてプレイしてみると
それは違うことに気づかされました。

 

PS4Proでキラー側をやったときに
明らかにPS4との違いに気づかされたのが
フレームレート向上により
キラー側の追うストレスが軽減されるという点でした。

【PS4Pro1080p60fps】Dead by Daylight

これは私が実際にPS4Proでプレイした様子ですが
ご覧になってわかるように追ってる時に
スムーズに切りつけができている。

 

これは明らかにPS4では体感できなかったので
フレームレートが向上したように思える。

 

ただ1080p60fpsかどうかを判断するに至らなかった点として
FPS表記がされてないのもあるけど、
PS4タイトルの大半は30fps固定みたいなので
60fpsを維持して出しているタイトルは少ないようです。

 

なのでPS4Proを買えば60fpsが出るようになるというのは
違うというのを覚えておいた方がいいです。

 

PS4エンハンスドタイトルは1080p30fpsで統一するっぽい。

他の方がすでにブログ等で
記事にしているのを見ると
PS4Proのエンハンスドタイトルに関しては
1080p30fpsで統一するようで。

 

これは現在のPS4Proをもってしても
60fpsを維持できるタイトルにするのは
厳しいと思ったのでしょうか。

 

となるとPS4Proを手に入れたいと思ってるユーザーが
PS5発売まで待つか・・・って流れになりそうで
正直怖い。

 

PS4Proのエンハンスドタイトルはまだ数が少ないので
対応作品が増えないと
スーパーサンプリングモードも活かせないし
ブーストモードを適用させても
30fps固定のままという状況からみると
うーーんって結果しか生まれないのは残念に思う。

 

でも悪い事ばかりではないから
フレームレート向上(30fps固定?)するような
タイトルが増えたら固定しなかったタイトルが
遊びやすくなるのはいいのかなーって思ってしまった。

 

よくも悪くも過度な期待は禁物ということで・・・

 

買う買うって決めている時は
冷静さを忘れがち。

 

PS4Proを買う前には
自分に必要かどうかを見極めてから
購入する事をおすすめします。

 

せっかく高い買い物をするのだから
4Kディスプレイとセットで購入した方が
賢明なのではないかな。

 

コメント