楽天モバイルがDMMモバイルを買収するけど、サービス良くなるのか?

DMM mobile

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

 

本日楽天モバイルがDMMモバイルを
買収することを発表しましたが、
そもそもDMMモバイルを買収するメリットは
どこにあったのか?

 

楽天モバイルは楽天会員には
毎月の利用額に応じて一部楽天ポイントを
還元することをしていましたが、
楽天ポイントは楽天会員にならないと
使えないというデメリットがありました。

 

DMMモバイルもそうだけど、
毎月の利用額の一部を
DMMポイントで一部還元ということを
していました。この両者実はやってることが
同じだということがわかります。

 

「スポンサードリンク」

DMMモバイルを買収する楽天モバイルのメリットとは

 

DMMモバイルは格安SIMを提供し始めて
3~4年弱になります。ただ、DMMの場合利用者数の
伸びが著しく悪いのでMVONのシェア率のうち
10%に占める割合の中からその中から
楽天モバイルが22%弱を占めています。

 

大手3キャリアがまだまだシェア率が高い中で
DMMモバイルのシェア率は4%弱程度に留まっています。

 

今回DMMを買収することによってこの4%分の
シェアを楽天が吸収する形となるので
MVNO事業者の中ではトップを独走したいという
狙いがありそうです。

 

「スポンサードリンク」

DMMモバイル利用者はサービスや料金プランの変更はあるのか

 

現時点で楽天モバイルに買収されたからといって
サービスや料金プランが変更になるということは
ないようですが、将来的には何らかのサービス強化が
図られるかと思います。

 

DMMモバイル利用者としては料金プラン変更が
ない限りは他のMVNO事業者に移行しなくても
よさそうです。

 

個人的にはDMMの取り扱い端末を
もう少し幅を広がせてほしいですけどね。
月額利用料も少々お高めなので
もう少し安くなれば利用していて価値を
見いだせそうなサービスではあると思います。

 

「スポンサードリンク」

楽天モバイルにすべきかDMMモバイルにすべきか迷ってる方へ

 

楽天モバイルとDMMモバイルの
決定的な違いは
「楽天モバイル」の「取り扱い端末」が多種多様な点。

 

DMMの場合はASUSやHUAWEIといった
端末が目立つが
楽天モバイルの場合は
「LG」「Essential」「HTC」
「OPPO」「SHARP」といった
メーカーを取り扱っています。

 

又、回線事業者を選べる点も
楽天の方が優れていますね。

 

「au回線」「docomo回線」と選べます。
DMMは「docomo回線のみ」ですので
回線を分けたいという
利用者には「楽天モバイル」をおすすめします。

 

利用料金も「楽天モバイル」の場合は
「スーパーかけ放題プラン」があり
最大10分間無料通話が
できるサービスとなっています。

 

DMMモバイルには
10分かけ放題が850円(税抜き)で利用できます。

 

料金的には楽天モバイルの方が
割高感はありますが
セット料金なので楽天モバイルの方が
お得感はありますね。

 

DMMモバイルの場合は
オプション料金となるので
月額利用料は別途かかるようです。

 

「スポンサードリンク」

DMMモバイルの今後が気になる所です。

今回の買収でDMMモバイルは
事業的にMVNOを捨てたとみるべきか
楽天モバイルにサービスを譲渡したと
みるべきかは今後のサービス展開次第でしょう。

 

DMMモバイルというネームも変更になるかも
しれませんし、今後どのようになるのか
利用者として注目していきたいところです。

 

「スポンサードリンク」
「スポンサードリンク」
「スポンサードリンク」
DMM mobile
「スポンサードリンク」
アフィリ息子(ターチン)のPS4ゲームお役立ち情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました