アマゾンマーケットプレイスの仕入れ基準を勉強中

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

絶賛仕入れ失敗中の
アフィリ息子です。

 

仕入れる時は
これイケル!」って思って仕入れるのに

 

仕入れた後は
「あれ・・・ランキングが・・・」
「あれ・・・価格が・・・」
「あれ・・なんかおかしい・・・」
ってことがよくあります。

 

たまたま出した不用品は
ポコポコ売れるのに
リサーチして慎重になってようやく重い腰を上げて
購入した商品に限ってなんでこううまくいかないのか・・・

 

最近色々いじくってます。

・出品者のコンディション説明をいじくってます。

・商品価格を数百円上げたり下げたり。

・商品数を増やすべきか考えながらリサーチをしてアマゾンと他のショップをにらめっこ。

 

正直疲れますね。
特にゲームを主軸としてる僕から言うと
「ゲーム相場」がかなりの割合でわかりにくい。

 

ゲーム好きなのに・・・
こんな価格で出していいの?「1円出品」とか
後粗利が出ない価格での出品者が大量。
1ページ目独占して自分が表示されるのは2ページ目くらい。

 

とりあえず安さを売りにしてないし
FBA出品は強気でいけるってほとんどのブログでも言ってるから
自己発送の人よりも500円以上高く設定してます。
もちろんアマゾン在庫なしとかを狙ってるので
ランキングは4000~10000位くらい。

 

最初の頃に仕入れ失敗したゲームソフトは15000~28000位を
さまよってます・・・とほほ。。。

 

結構色々なサイトも勉強になるけど
仕入れの基準でいえば「安く仕入れ」という鉄則から言って
ヤフオク」「モバオク」とかで仕入れて
アマゾンで売るというのが鉄板になりそう。

 

こうゆうサイトでも情報がシェアされてました。
勉強になるわぁ・・・

参照記事
https://sites.google.com/site/marketplaceexample/buyer/tool

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました