専門知識を共有するサイトにアフィリエイトリンクをさりげなく

スポンサーリンク
Amazonアソシエイト

売れる商品を見つける事に躍起になっていた時代があり
そうゆう時に作ってしまうのが「ショッピングサイト」

 

エセアマゾンって奴です。
アマゾンに似たサイトをアマゾンから引っ張ってきて
サイト作成してしまう。本当に怖い時代だった。
あれが当たり前だったのが2010年くらい。

 

でもその時代もGoogleが品質を求めるようになってから
変化をもたらし、ユーザー目線での記事作成が求められる。
最近では外注さんを雇ってサイトを作ってもらうみたい。

 

でもよく考えたら運営者+記事作成者=1つのサイト
という構図なのでもしそれを見た読者が
不満を持ってしまったらサイトとしての質って
どうよ?って思うわけです。

 

やはり「専門知識」というのは必要。
それを商売にしてしまったのが「情報商材」。
でももうそうゆうのにお金掛けたくないって
思うわけです。

 

FFFTPの使い方を20000円で販売していた時代があり
今じゃ考えられないでしょ?
でも「情弱」な人を狙って商売した結果
購入者が損をしている事は今考えても
無料で「シェア」できる情報なのに
なんであえて「有料」で渡すの?って思うんです。

 

1つのサイトに対して全力をかけたいなら
やはり「独自ドメイン」「レンタルサーバー
これらが必要です。

 

でもこれら2つがあっても
例えば他人に記事依頼してサイトを作成してもらおうと
思ったらやはり説得力があり
他人のコンテンツを盗んで記事投稿してないかチェックしたり
色々労力がかかる。

 

本当に稼ぎたいなら
紹介する物の専門知識」を身につける。
浅い知識じゃなく本格的な知識。
そしたら検索キーワードに頼る記事なんて
作らなくなり、人々から求められるコンテンツが完成。

 

それは無料ブログでも有料でも同じ。
価値のあるサイトというのはそうゆうもんです。

 

本気でアフィリエイトの知識を勉強する前に読むべき本はこちら

 

ちなみに今月は今の所順調です。
アマゾンアソシエイト2014年5月

コメント