北海道大震災で「自粛ムード」はやめよう。不謹慎ツイートと言われても・・・

スポンサーリンク

まずこの度北海道で
震災に遭われた方に対して
お悔み申し上げます。

 

長期間に及ぶ停電が予想されるかもしれない。
これから冬に近づくので北海道では
他地域よりも暖房が必要となるのが早まる可能性もあるので
停電復旧が急がれる。

 

まず今日言いたいのは
今回の震災における「自粛ムード」についての
警戒感の話。
思い出してほしいのは東日本大震災の時の
自粛ムード。あれはホントひどかった。
CM・TV・イベント・リリース日のズレとか
ホントあってはならない程あの日から
日本は偏った国になってしまったように思える。

 

あの当時自粛ムードに意を唱えてた芸能人も
様々いるが「本田圭佑氏」「堀江貴文氏」なんかも
日本における天災での自粛ムードに関して間違った捉え方だと
ツイートなりをしている。

熊本地震 本田が…堀江氏が…過度な自粛ムードに疑問「不必要」

 

個人的に不謹慎ツイートに見えてしまうかもしれないという事から
ツイートしなかったり、本来あるべきサービスを
被災地に悪いからという理由から利用しないというのは
経済にとって大きな打撃となる。

自粛ムードで何が問題なのかを更に掘り下げると
「復興後の風評被害」。
これは実際に福島県で起きた事だが
福島の原発事故の立地地点から数百キロ離れた場所に住む
旅館を営む人がいて、風評被害から被災前と被災後では
売上の9割減となって経営が圧迫された地域があった。

 

というのも当時福島第一原発の問題を
日々ニュースやネット等で問題し、
あらぬ信ぴょう性の薄い情報が全国に駆け巡った事により
当事者でない人(同県に住む被災地域でない人)にまで
影響が出てしまったのだ。

 

おまけに自粛ムードが追い風となり
倒産せざるを得なくなった人々もいて
本来復興後に経営を上向きにしないといけない人までもが
風評被害・自粛ムードによって
却って被災者でない人までも苦しめる結果となることを
知らなければいけない。

 

我々いつ自然災害に見舞われてもおかしくない国に住んでるので
「お互い様」という言葉があるように
被災地にお金を落とす事も大事だが、
普段通り生活するという習慣を身に着けておかなくてはいけない。

今回の震災から日本人としてできる事は
「普段通り暮らす」
ということであり、
自粛というムードを広げてはいけない。

コメント