【コロナ対策】ローソン・ファミリーマートが実施したレジに「ビニールカーテン」がTwitterで話題に

アフィリ息子の思うこと

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

コンビニ大手「ローソン・ファミマ」がレジにビニールカーテン導入

ローソン レジに透明カーテンや立ち位置表示の対策(20/04/08)

コロナ対策で沸く昨今ですがコンビニ大手「ファミリーマート」のレジ取り組みがTwitterで話題となっています。

ローソンも先駆けてやっていたようです。近所のセブンイレブンはこのような対処してないので大手コンビニエンスストアがやっているというわけではなさそうです。

このような仕組みを設ける事で「飛沫感染」を防げるという試みから実施しているということで、実際に近所のファミリーマートに行ってきましたが、Twitterで取り上げられてるようにレジにビニールカーテンがあり、店員と客が接触しないようになっています。接触も気になる所ですが、レジのおつり部分には「予め店員がおつりを置いてから触るように」という注意書きもあったりしました。

ちなみにタバコのカートンとか注文してる客がいましたが、カートン等の受け取りも店員が直接渡さずレジのテーブルの上に置いてから客が触れるという状態でしたね。

とにかくこうゆう試みをしているものの、Twitterで盛り上がってるのは「時給1060円」というトレンドが流行ってたりします。命を取るのか売り上げを取るのか。世知がないというか実際にその店舗がコロナ対策をどのように行っているのかを観ればいいのに、悲劇的に取り上げられてそれに同調するTwitter民もいるのでどうかなーって思いました。

最近ネット番組の「虎ノ門ニュース」でもこのようなアクリル板をゲストとゲストの間に挟んでトークしているように向かい合ってトークするような「ラジオ」でも「アクリル板」をしての仕事をしているようです。

【DHC】2020/4/14(火) 百田尚樹×KAZUYA×居島一平【虎ノ門ニュース】

ただ浮遊するウィルスに対して効果があるのかというと正直微妙ですけどね。それならファミマみたいなビニールカーテンで覆った方が防ぎやすいと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました