活舌が悪く自信がない人ほど話す練習をしましょう

スポンサーリンク
アフィリ息子の思うこと

僕は生まれながらにして
「声」と「活舌」にコンプレックスを抱いています。

 

昔からよく人に聞きなおされるケースがあり
「はぁ?」「聞こえない。」
とか

 

僕「たまごどこにありますか?」

店員「たばこはレジの傍にありますよ」

とか結構言われちゃうんですよね。

 

で・・・自信をなくしてしまうと
「ごにょごにょ」した感じになってしまい
結局何を言ってるのかわからない雰囲気になってしまって
相手がまた聞きづらい印象を与えてしまいます。

 

そもそも活舌が悪い人って
どうゆう人なのでしょうか。。。

 

参照記事
https://matome.naver.jp/odai/2134533843032164401

 

 

ちなみに

・歯並びが悪い

・ベロの動きが悪い

・口呼吸

・肺活量が弱い

というのが結構大きいみたいです。
後、しゃべる時に「ダ・パ・フィ」とか
吐息が入って聞き取りにくいということもあるみたいです。

 

しかし、克服する方法があるとしたら
やっぱり克服したいと思いますよね。。。

 

僕も色々やりました。

【滑舌を良くする方法/ボイトレ】表情筋と舌の体操をして滑舌を良くしよう!ボイトレ
30秒で滑舌が良くなる方法【なみケンTV】

しかし、こうゆうのやっても結局続かない。
毎日反復してやらないとダメなんですよね。。。

 

ズボラな僕には正直無理っす。
で・・・自分の場合はどうしたかというと

 

とりあえず自分の声を聞きまくった

 

特効薬でもなんでもないけど
自分の声の特性を理解するとイメージができるようになるみたいで
よく歌手とかは「自分の声をとにかく録音して何度も聞く」みたいに
僕自身も自分の声を録音して聞きました。

 

僕の場合は「し」とか「つ」とかが息が抜けちゃって
聞き取りにくかったので「しぃーー」ってなってたんだけど
それを「しっ」とか言うようにしました。

 

別にこれを意識したからか特によくなったわけじゃないけど
間違われずには聞かれるようにはなった。

 

比較的活舌が悪いと何を言ってるのか相手に伝わらないケースもある。
こんな時に活舌を良くしようとしないで
「自分の欠点を見つめなおしていく」というのが大事になるみたい。

 

でも、人間そんなに変われるもんじゃないから
最終的には「習慣化」が大事なんだけどね。。。

 

▼Amazonで活舌に関する著書はこちら▼
活舌に関する著書はこちら

コメント