缶ビールをそのまま飲むのとグラスにビールを注いで飲むのとでは味が違うらしい

アフィリ息子の思うこと

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

 

自分はビールが飲めないので
夏場親達がおいしそうにビールを飲んでるのを見ると
羨ましくなるんですが。。。

 

夏場にビールをおいしく飲む方法として
紹介されていたのが、
「おいしくビールを飲むにはグラスに注いでから
ビールを飲んだ方がいい」
という事を動画で紹介しているのを見ました。

 

実際にどのように違うのかも
紹介してくれてますので参照してみてください。

 

缶ビールそのままとグラスのビールの比較

 

なぜグラスにビールを注いだ方がうまいのかというと
缶ビールの場合蓋がビールの酸化をしているので
酸がたまった状態だと苦味があり、おいしくなりにくいようで。

 

実際においしく飲むポイントは
グラスを冷やした状態にしておいてから
冷蔵庫にビールを飲むと本来のビールのうまさが
感じられてない状態になりますので、
常温の状態でグラスを冷やした状態にしておいてから
飲むとおいしく飲めるそうです。

 

参照記事
缶ビール、そのまま飲むのとグラスに注ぐで味が違う?

 

これからますます暑くなっていきますが
ビールを飲む季節も増えると思いますが、
肝臓を傷めない程度においしく飲むのが
ポイントみたいです。

 

YouTube

 

アマゾンでビールを安く買う

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました