ウェブマスターツールに登録後インデックスされるまで期間について

スポンサーリンク
アクセスアップ対策

あけましておめでとうございます。

 

昨日はうどんと御節食って
正直おなかいっぱい。

 

うどん3杯食ったし
結局胃薬飲んで寝ました。

 

ブログの方は年末に開設したばかりなので
ウェブマスターツールに登録した後
インデックス申請はされてましたが
肝心のインデックスがされてませんでした。

 

画像1 本日見たGoogleウェブマスターツール画像

1

 

インデックスとは
検索エンジン上に掲載されること。
簡単に言えば、検索エンジンに表示されること。

参照記事
https://www.seohacks.net/basic/terms/index/

 

このインデックスがされてないと
駄目でして、ましてやインデックスされてないと
検索エンジンからの訪問は望めない。

 

ただ、最近だとインデックスされた後も
Googleの方で検索エンジンをいじくってるので
順位については下位に下げられたり上位に持ってこられたり
色々大変です。

 

一応されるまでの期間として
無料ブログの場合はとにかく速いです。

無料ブログの場合はその運営するブログのドメインが
強いということもあり、そのブログサービスで
運営を開始すればそれなりにインデックスは数日中でされます。

 

ただ、僕みたいにWordPressとかサイトを作ってる人間からすると
これは強いというよりはGoogleのお零れみたいな事。

 

インデックスされた後を気にしないと駄目です。
何でインデックスされたのか。
なんでインデックスされるのか?

 

基礎的な部分を理解しておかないと
インデックスされる仕組みとか理解できないし
ましてや「なんでされないんだろう~」って悩むことになる。

 

個人的にインデックスはアフィリに限らず
サイトを運営していく者としては通らなければいけない道なので
インデックスされるコツを紹介しておきます。

 

<インデックスされるコツ>

・Javaスクリプトとか色々なブログパーツをはらない

・ブログの導線を作っておく

・HTMLがきれいなサイトよりもRSSとかSitemapを作っておく

・インデックスされるまでは毎日書く

 

ブラックな方法として
「インデックスされてるサイトからリンクを貼る」
これはサイトの評価を下げる結果になります。

 

すでに既存のサイトがインデックスされてるわけです
関係のないサイトやできたばかりのサイトのリンクを
はり続ける行為は健全とはいえない。

 

やはりインデックスされるまで
書き続けることが重要である。

 

導線については
「起承転結」みたいに
流れを作っておくといい。

ブログコンテンツはこれ。
カテゴリーはこれ。
各記事へのインフォメーションはこれ。

アナウンスがわかりやすいサイトとか
記事を循環させるサイトはGoogleは好むみたいです。

 

外部リンク(アフィリエイト商品サイト)等の
掲載は正直Googleじゃなくても最近は嫌われます。

 

あからさまにアマゾンアソシエイトの商品リンクとか
楽天アフィリエイトのリンクとかも
最近だとクリックしてくれなくなってます。

そこらへんはGoogleじゃなくても
訪問者にわかりやすいアナウンスサイトじゃないと
駄目ですね。

 

期間について話すと
サイトやWordPressの場合は数週間くらいかかります。
はっきりいって、WordPressでの記事作成に関しては
インデックスされやすい仕組みになってるので
インデックスについては深刻に悩むことはないが、
今言ったことを守れば、基本インデックスされることは間違いない。

 

コンテンツコンテンツって
バカの1つ覚えみたいに言ってるメルマガは
インデックスされないサイトをがんばって作ってるので
基本気にせず、インデックスされやすい記事を作っていくことですね。

コメント