【ブログ記事の書き方】Googleに逆らってでも自分の記事タイトルをつけようぜ

アクセスアップ対策

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

 

記事の書き方がわからない人
どのような記事を書けばいいのか
記事タイトルのつけ方がわからない人
お悩みに解決する記事となってます。

 

「スポンサードリンク」

誰に何を書くのか?記事を書くポイント

 

まず記事の書き方ですが
記事を書く相手とは
どのような人を対象にしてるのか。

#ダイエットをしたい人なのか
#カップ麺の新作を探してる人なのか
#これから行く店の空き情報を探してる人なのか

限定的であって
想像的に記事を書くことが必要です。

 

記事を書くポイントは
人それぞれのテイストがありますが
基本的には

1 前文

2 問題

3 課題

4 結論

具体的な記事を書くテクニックとかは
自分が探した情報をテーブルの上に
載せてパズルのように組み立てる感じが
理想的です。

 

「書きたい事」=「伝えたい事」

「前文」=「何を伝えたいのか」

「問題」=「何が問題なのか」

「課題」=「実現には何が必要なのか」

「結論」=「何をしてほしいのか」

 

アフィリエイトをしてきた経験から言うと
このような感じで問題解決への
記事のテンプレートを組み立てると
成約率が高かったのでシェアします。

 

読者が一番知りたい情報に
いかにベネフィット(利益)を
与えられるのか。読んでよかったと
思われるのかが重要なわけです。

 

では記事を書いていくうちに
記事は書けるけど、
自分が読んで欲しい読者を
自分のブログに呼ぶ方法を紹介。

 

「スポンサードリンク」

これ重要!「ロボット記事タイトル」にしない

 

最近思うのが
「●● する 方法」
「◆◆ 解決 方法」
という風に検索キーワードで
よく表示されるようになっていますが

 

これって誰が入力してると思いますか?
この情報を知りたいユーザーだと
思いますか?

 

だって「本当に解決したいなら」
「感情がこもった感じになると思いません?」

 

「●● したい」
「▲▼ なりたい」
「◆◆ すげー」

 

基本的に「~する方法」とか
「~解決」とかってキーワードは
Google側が決めたキーワードとなっている為に
誘導的に書いてあります。

 

GoodKeywordとか使うと
「ロボット」のような検索キーワードばかり
出てくるんですが、あれに違和感を持ち
私は記事タイトルのつけ方を変えるようになった。

 

違和感は重要で、
どのような相手に読んで欲しいのか
という選択はあなたにあるべきであって
Googleが決めるわけではない。

 

それに合わせたキーワードをつけるのは
正直おかしいし、今後も
記事タイトルを付ける際は見直してほしい。

 

「スポンサードリンク」

記事を書くのに必要なのは「感情」です

 

感情的」ってのが大事で
感情で動くのは基本「人」だからってのもあるし
感情的な人って何か惹かれる部分ある。

 

記事タイトルのつけ方なんて
書いていけばおのずと見つかるし
悩んでる暇あるなら
とにかく「この人に読んで欲しい」
というタイトルをつけるようにしましょう。

 

記事の書き方は人それぞれなので
テンプレート通りに書かなくてもいいが
パズルのように組み合わせて使う方が
書きやすい。基本的に
誰かに縛られたくないって人は

 

私のように思ったような記事タイトルを
つけた方がきっと効果的だと思うから
参照してみてほしいです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました