YouTubeでどんな動画を作れば再生数が稼げるのかを自己分析してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

YouTubeで動画制作をする人が年々増えています。
そんな中で参入者が増えると何が問題があるのかというと
1番の悩みが「動画再生数が伸びない」という点だと思います。

 

なぜ動画再生数が伸びないのかを検証した動画を作ってる人が多いですが
なぜなんて考えてたらおそらく動画制作が楽しくなくなると思います。

 

要は
「自分の動画をどれだけ魅力ある動画にするのか?」

 

これに尽きると思いますね。
自分の動画を魅力的にする方法を学ぼうとすれば
再生数が稼げるのか?本当にそれしか道がないってくらいに
再生数を稼いでる人は自分の動画に対して「味」をつけています。

 

特徴ある動画のひとつとして
「瀬戸弘司」さんの動画を紹介しますが、
彼の動画って編集も凝ってるし、見やすい動画として有名です。

 

彼自身も言ってますが
「編集に力を入れてる」ってぐらい編集の方に力点をいてるのがわかる。

 

ではみんながみんな「瀬戸動画」に右習えというスタイルがいいのか?
確かにそっちの方がいいこともあるが、それはきっと続かない。
人のマネって最初だけにした方がいい。
続かない理由としては結局動画コメントで
「この動画あいつの真似じゃん」とか
「この動画コピーかよ」とか誹謗中傷コメントが増えるのが見えてるから。

 

それなら最初から「自分らしさ」を前面に出した
動画制作をした方がいいんじゃないか?って思うと思います。

 

この考えも間違いではないけど、
最初から「俺コレだから」とか
「おまえら俺の動画見てくれ」的なスタイルって
上から目線でとても印象が悪い動画となっていき、
さっきみたいな誹謗中傷コメントが増える。

 

では、どんな動画なら再生数が稼げるのか?
さっそく自分なりの見解を紹介した動画を作ったので
まずはこちらをご覧ください。

 

 

この動画でも紹介したように、

1 トレンドネタを扱った動画を作っておく(エンタメ・ゲーム・音楽なんでもOK)

2 短く、グダグダしない動画作りを心がける

3 良い評価が増える動画作りを徹底する。

この3つを心がけながら今言ったみたいな自分がやりたい動画を目指すといいです。
基本見てくれてる人って”あなたのファン”もしくは”あなたの存在が気になる”
もしくは”あなたの存在が気になり始めてる”という人なんです。

 

きっかけは何でもいいと思いますが、
自分という存在を光らせるというのは”良い意味”と”悪い意味”どちらもあります。

 

良い意味

 

悪い意味

 

このようにYouTubeでは、
再生数を稼ぐ為に日々奮闘してる人がいて、
やっぱり人から多く動画を見て欲しいというのがあるからこそ
注目されたいという願望があるので、
人からしたらそれは”単なるナルシスト”と思われるかもしれないが、
僕が言ったような事を心がけると動画再生数を稼げるようになると思います。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト運営者:アフィリ息子(ターチン)



アフィリエイトは2008年9月からスタートし、
一時期はアマゾンアソシエイトで
年間50~70万いった経験があり
自動投稿ツールのレビューに参加したり
物販アフィリエイトを主に2010年頃までやってました。
2011年から規制が厳しくなり、一時撤退するも
家業の手伝いをしながら
物販アフィリで頑張って稼いでます。

当サイト記事では、あなたの探してる情報に
マッチしたサイト作りを心がけています。

運営者ツイッターフォロー:@musuko23

参加中のブログランキング

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る