【Netflix】13の理由を視聴感想とおすすめ理由※最終話感想あり(ネタバレ付き)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ディビジョンが昨日からアプリエラー起こしたりして
ゲームにならないという報告ツイートがあって、
その時間帯は幸いしたことに寝てました(笑)

夜中途半端な時間に起きてしまって
一緒にやるメンツがいなかったので
仕方なくNetflixの作品を見る事にした。

 

その中で気になった作品が
13の理由
というわけです。

 

特段見たかったわけじゃないけど、
サスペンスドラマって書いてあったから
気軽な気持ちで見ちゃったけど・・・

 

13の理由

 

13の理由のあらすじ

 

主人公は女子高校生の自殺をきっかけに
なぜ女子高校生が自殺したのかを辿るストーリー。
自殺した女子高生「ハンナ・ベイカー」は自殺する前に
クラスの13人の生徒に「カセット・テープ」を送った。

主人公「クレイ」はなぜ自分にカセットテープが送られたのか
理由がわからずにいたのだが、テープを聞いていくうちに
ハンナに起きた真実を知る事になる。

 

13の理由の見どころ

 

1話1時間といった感じで全体的にティーンエイジャーの青春ドラマかなーって
思ったんだけど「性的暴力」「ネットいじめ」等を扱っており
10代の深刻な悩みを今はほとんど使われてない「カセットテープ」と共に
心に迫る内容となっている。

 

クレイの気持ちになって見ると
「なんで僕が・・・」って形となるが
親友の「トニー」の気持ちになると
「とりあえず聞けよ」って感じになる。

現代ではネットで簡単に情報が拡散されてしまうのだが
この13の理由ではハンナがなぜ自殺してしまったのかを
クラスや家族、周囲の人間すら語ろうとしない。

13数字も理由があり、
ハンナがなぜ13人にカセットテープを送って
自ら命を絶ったのかを知るきっかけにもなる。

 

このドラマの制作指揮がセレーナ・ゴメスというから驚き。
セレーナはインスタとツイッターで圧倒的支持を持つ歌手だけあって
海外だと話題になってるみたいです。

 

自分もまだ1話しか見てないですが
すでに続きが気になりますが・・・
さすがに連続視聴は厳しい。だって1時間が2時間映画並みに濃いので。。。

この作品を見る前は明るい映画とかドラマは見ない方がいいですねー。
結構暗い作品なので見る前は気合い入れてみた方がいいです。

 

 

※最終話感想ネタバレあり

先日ようやく最終話を見終わりました。
クレイ同様に1日1日テープを聞き終わる感覚のように見ていたので
非常に見ごたえのある作品でした。

 

最終話までの流れだけど、クレイがハンナを自殺に追いやった生徒達に
報復する計画を企ててたんだけど、自らの話が11回目に登場。
自分もハンナを自殺に追いやった原因だとして
親友のトニーに対して自殺をしたいと仄めかすようになる。

 

トニーはハンナが自殺した直後やハンナが自殺する前に
カセットテープを録音する為のデッキを貸し出していたことが判明し
トニー自身も心の闇を抱えていた事をクレイに打ち明かすようになる。

 

トニーも当初はクレイ同様に、
ハンナを自殺に追いやった生徒への報復を考えていたが
クレイが11回目で登場することを察して
クレイを見守るようにしていたことも
エピソードの中で把握できる。

 

肝心のテープは13回収録されていた。

1人目 ジャスティン(1回目)
ハンナ初恋の相手にしてハンナの恥ずかしい写真を
クラス中の男女にSNSで暴露。

 

2人目 ジェシカ

ハンナの親友。ハンナとアレックスとジェシカは当初は仲が良かったものの
アレックスとジェシカが交際するようになり突然疎遠となる。

 

3人目 アレックス

ハンナの旧友。ジェシカの交際相手。ジェシカに嫉妬深かったアレックスは
とあるリストを作成し、クラス中の男女にばら撒く。
ハンナとジェシカは喧嘩し、アレックスはそれを見て後悔していたのだが遅かった。

 

4人目 タイラー

タイラーはハンナに恋をしていたが、ハンナに声がかけられずにいた。
ハンナの写真を撮る事で自己欲求を満足していたのだが、
ハンナとコートニーの辱めの写真を撮影し
クラス中に暴露してしまう。
それを知ったクレイはタイラーの全裸写真をSNSで暴露する。

 

5人目 コートニー

ハンナの旧友。ハンナとは特別仲が良かったわけではないが
ハンナの家にストーカーが現れるとのことでハンナの家に泊まった際に
ハンナとコートニーがキスしている写真をタイラーに撮影されてしまう。
それ以降ハンナとコートニーは疎遠となる。
コートニー自身レズビアンであることを隠していたかった為
ハンナは尻軽女とかテープの内容は嘘であると公言している。

 

6人目 マーカス

生徒会長であり優等生ぶってるけど、裏でやってることが下劣な生徒。
ハンナがリストに載っていた事からハンナとヤレると思ってハンナを
クラスのバレンタイン相性診断の結果で相性が良かったことがわかると
レストランに誘って痴漢行為に及ぶ。しかし、ハンナから拒絶されると
ハンナに対して尻軽女と罵りその場を後にする。ハンナはマーカスとはそれ以降疎遠となる。

 

7人目 デンプシー

バスケットが上手く校内では知らない者などいないほどの人気者の生徒。
マーカスの一件でその場にいたデンプシーはハンナに恋をしようとするも拒絶され
ハンナが大事にしていた「うさぎのイラスト」をわざと廃棄する。
ハンナが手紙で追及するもデンプシーの心に響くことはなかった。それ以降ハンナとは疎遠となる。

 

8人目 ライアン

愛詩人家でもあり校内新聞を担当していたライアンは
ハンナの詩の才能を見抜いてハンナを詩を発表する会に招待する。
ハンナの心の内をさらけ出すべきだと提案し
ライアンはその内容を匿名付で校内新聞に掲載してしまう。
匿名だったがすぐハンナと名前がバレてしまい、それ以降ハンナとは疎遠となる。

 

9人目 シェリー

特別ハンナとは仲が良かったわけではないのだが
ジェシカの家で開催されたパーティーに参加していた。
ハンナを車で送る帰り道に一旦停止の標識を車で乗りあげて破壊してしまう。
通報すべきだと迫ったハンナだがシェリーは聞き入れずにその場を後にする。
その後に交通事故が起きてしまい、
クレイの親友ジェフがその事故に巻き込まれ死亡。
その負い目からシェリーは事故後に
ジェフの事故の理由は自分にあると責めるようになる。
ハンナとは疎遠となるが、理由はわからない。

 

10人目 ジャスティン(2回目)

ジェシカの家で行われたパーティーにジャスティンはいた。
この頃アレックスと破局してジャスティンと交際していたのだが
ブライスの横やりが入り酔いつぶれていたジェシカをレイプしてしまう。
ブライスは親友だと言っていたジャスティンはハンナのテープを聞いた直後から
ブライスに対する信頼が揺らぐ事となる。
ちなみにその場にハンナが居た事も忘れてはならない。

 

11人目 クレイ

クレイはジェシカの家で行われたパーティーに参加し
ハンナと打ち解けていたのだが、流れ的にハンナとキスをし性行為に及ぼうとしたが
ハンナの頭の中は過去に受けたトラウマがあってクレイを拒絶してしまう。
ハンナのテープではクレイに止めてほしかったとしているが
その胸の内はクレイには届かないでいた。
その後にトニーの目の前で自殺をしようとする。
トニーはその事を理解していたために傍を離れなかったのではないだろうか。

 

12人目 ブライス

校内で知らぬ者はいないブライス。裕福な家庭で育った彼だが
やってる事は「ドラックの売人」「クラスの女子を犯すレイプ魔」
結構なゲスっぷり。テープの中でも明らかになっているが
ブライスの家で開かれたパーティーでハンナと二人きりとなり
ハンナを強引にレイプする。
ハンナの自殺する大きな要因となったのも彼であろう。

 

13人目 ポーター先生

校内カウンセリングの先生。ハンナが自殺する前に心の内を打ち明けた唯一の人物。
しかし聞く耳を持たずにその後にハンナは自宅の浴槽で手首を切って自殺する。
先生曰く、「前に進もう」という答えをハンナに提案するも
ハンナが求めていた答えとは違っていた。

 

※最終回ネタバレ
ブライスにボコられてしまったクレイだが
ハンナをレイプした証言を聞き出せた事をトニーに明かす。
証拠テープのコピーをトニーに渡し、
クレイは校内カウンセリングのポーター先生のいる部屋に行く。

 

クレイがポーター先生に打ち明けたのは
ハンナが自殺する日の直前(つまり最後に会った人)に
ポーター先生に自分がされた虐めについて打ち明けてたという。
ポーター先生は事態を解決する方法ではなく
ハンナ自身の経験を糧に前に進むように促すも
ハンナはそれに応じず部屋を退室する。

 

実はその会話を録音テープに収録。
その後もポーター先生が追ってい来るのを待っていたが
追ってこなくてハンナの家の浴槽でカミソリで自殺を図る。

 

クレイがその事実をポーター先生に打ち明けると
その場に13回収録されたテープを渡し部屋を退室する。

 

時を同じくしてトニーもハンナの両親に
ハンナが生前カセットテープに
自身が何をされたのかを収録したテープの存在をトニーが打ち明ける。
トニーはハンナの両親にSDカードを渡しその場を去る。

 

クレイがポーター先生に打ち明けた後に
ハンナがなぜ自殺をしたのか?
それは「孤独」と「声」を拾わなかった自分達にあると悟り
学校から帰ろうとした女子生徒と会話をしながら帰る。

 

ポーター先生はクレイに渡されたテープを聞いた直後に
アレックスが自殺未遂をして昏睡状態にあることを知り
その場を跡にした。

 

以上
虐めに関わった生徒は裁判に有利な発言を繰り返すも
ハンナの両親がテープを聞く前の話なので
シーズン2でこの辺りに触れるのではないかと予想しています。

 

なぜハンナが自殺しようとしたのかを紐解くには
理由がその時々により変わっていたし、
ハンナの心意気1つで生きていられたのではないかと思うが
女性が受けた性暴力は一生消えぬ傷だし、
男の自分からは理解できずにいた。

 

問題が「いじめ」であったのだが
サスペンス要素が強く正直「クレイ」が以前抱えていた病気が
発動してしまってからはホラー要素が強くなっていた。

 

最後の最後で生徒が自らの罪を認めて終わるのかと思ったが
それは先生と他の真実を話したい生徒に委ねられるという終わり方。

 

個人的に「トニー」が良い奴すぎてそこが救い。
本当の親友ってこうなんだよなぁって思った。
自分にはトニーみたいな親友は傍にいなかったし、
これから現れることはないだろうけど。。。

 

シーズン2が考案されてるらしいが
これはこれで終わらせた方がいい。
ハンナ亡き後の生きている人々の罪深い人生が
正直見ていて酷に感じるし、
自殺する人が許される事はないと監督とかも言っていたが
その通りだなって感じました。

 

10代に限らず今じゃネットリテラシーが崩壊している中で
本当の人間関係が問われる時代にこのような作品に出合って
人との交流って本当はどうしたらいいのかって考えるには
良い作品だと思いました。

 

悩んでるなら打ち明けよう

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト運営者:アフィリ息子(ターチン)



アフィリエイトは2008年9月からスタートし、
一時期はアマゾンアソシエイトで
年間50~70万いった経験があり
自動投稿ツールのレビューに参加したり
物販アフィリエイトを主に2010年頃までやってました。
2011年から規制が厳しくなり、一時撤退するも
家業の手伝いをしながら
物販アフィリで頑張って稼いでます。

当サイト記事では、あなたの探してる情報に
マッチしたサイト作りを心がけています。

運営者ツイッターフォロー:@musuko23

参加中のブログランキング

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る