【海外ドラマ】ホームランドシーズン4見終わった感想※ネタバレ注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

本日早朝にようやくGEOでレンタルしてきた
ホームランドシーズン4を一周しました。
なんというか前作が衝撃的なラストだっただけに
今回はどうなるのかと心配してました。

 

前回でキャリーの愛するブロディが処刑された所から
数年後の話からスタートします。
今回の物語を紹介します。

 

ホームランドシーズン4

 

ホームランドシーズン4のあらすじ

シーズン3の悲劇的な結末から数年後。
キャリーマティソンはCIAカブール支局長となって
CIAの暗殺者リストに載るハッカニという男を捜していた。
彼女の仕事はアフガニスタン領内にドローンを飛ばして
ハッカニを暗殺するという職務。

 

キャリーとコンビを組んでいたサンディから情報を得て
潜伏してるとされるハッカニのアジトを発見し、
キャリー自らがドローン攻撃を指示した。

 

攻撃は成功し、キャリー達CIAとアメリカ大使館職員は安堵するが、
実はキャリーが攻撃してた所はテロとは無関係な
一般市民の結婚を祝う場だった。

 

キャリーは上司のロックハートより責任を問われ
職務遂行困難となり、アメリカへ帰国する矢先に
キャリーとコンビを組んでたサンディが
今回の攻撃首謀者として顔写真がメディアやネットに流出。

 

キャリーと前回登場した有能戦闘員クイーンが
サンディ救出へ動き出すも。
サンディ救出がバレてしまい、サンディは一般市民によって処刑される。

 

ショックで立ち直る事ができなくなったクイーンは
CIAを辞めたいと漏らすもキャリーの説得により
ハッカニに関する情報を集める為に
前回登場したイスラム教に精通し、
金融アナリストのファラと情報分析に精通するマックスを加え
ハッカニに迫る。

 

ホームランドシーズン4での小ネタ

 

クイーンの女性遍歴が明らかになる

 

過去シーズン2から登場し、謎の多かった
クイーン(ルパート・フレンド)だが、
今回彼の女性遍歴が明らかになる。

 

まず1つはクイーンが住んでるアパートの管理人。
とても体格の良い女性でクイーンが疲弊してる時に
クイーンとSE○してしまった間柄。しかも複数。

クイーンは後に彼女を追い出すが、
職務がバレなければきっと彼女と一緒にいたのかも。

もう一人はドイツ大使館に勤務する女性。
彼女とも交際歴があり、クイーンと付き合ってた事を暴露。
クイーンはドイツにも関与していたとすると相当手広い。

 

最後はキャリー。
キャリーとはうまくいきそうでいかないという素振りは見せてたが
今作ではキャリーとクイーンの絡みが多い。
キスとかSE○だけじゃない関係だったので
ブロディ一色だったキャリーの隙間を埋めるようにして
近づくクイーン。弱い女ほど支えて欲しい時にいる存在。

 

ロックハート長官が意外と良い奴だった

 

前作ではソールを侮辱したり罵ったりして
部下から慕われない上司だったロックハートだが、
今作では丸っきり違う側面を見せた。

 

まずキャリーに対して序盤では対等に扱わなかったものの
キャリーの精神障害を理解し、彼女の職務を全うできる環境づくり
キャリーとクイーンの活動を支援し、CIAを支える姿は
過去作のソールをそのまま入れ替えたような存在。

 

相当嫌味な性格だっただけに
今回では好感が持てるシーンはいくつも用意されてる。

終盤でキャリーの父が亡くなった後に駆けつけ
キャリーにラザニアをプレゼントする辺り
仲間意識が高くなった感じがした。

 

ドラマ内でトーマス・ブロディが生き返った?

 

キャリーがカブール市局長からパキスタンのアメリカ大使館で
任務遂行の為に動く中で、事件は勃発。
キャリーをハメる為にISIが送り込んだスパイ(デニス)が
キャリーに猛毒をキャリーが常用してる薬とすり替えて
服用させてしまう。

 

キャリーは幻覚を見るようになり、
パキスタンの市場にて暴れる所を逮捕されてしまう。

 

キャリーは気を失い、目が覚めると
そこには前作で死んだはずのトーマスブロディが生きていた。

 

キャリーは何度も目を閉じ顔で目を塞いで
現実逃避するもブロディは何度もキャリーに対して語りかける。

 

このシーンは見てる僕もびっくり!
「え!?生きてたの!?マジ!?」って思った。

 

でもこれは幻覚だということは言うまでも無く。
キャリーがブロディだと思っていたのは
パキスタン情報機関ISIの大佐のアーサー・カーンだった。

 

ソール・ベレンソンが何度も屈服するシーンがある

 

サンディの処刑を命じたとされる男「ファルハド・ガージ」を追う
ソールだったが、イスタンブール空港にてISIに拉致され
ハッカニ達に捕虜として巻き込まれてしまう。

 

ソールは一時脱出を図るも
キャリーの指示でもう一度タリバンに捕まり
ハッカニ達の要求するテロリスト4人の釈放の条件として
捕虜人質解放の交渉材料として利用されてしまう。

 

キャリーはソールに助けられるシーンは
過去作品幾度もあったが、
ソールがキャリーに助けを請うシーンは
このシリーズ初となる。

 

あそこまで屈服し、
弱弱しいソールを見ると老いは怖いと思ったが、
ラストではやはりそこを裏切るホームランドw

 

 

ブロディ一の子をキャリーが面倒見れない理由について

 

キャリーは前作から数ヵ月後にブロディの子フラニーを出産。
アフガニスタン誤爆からアメリカに帰国したキャリーだが
姉・マギーマティソンから娘の面倒を見るように言われ
面倒を見るようになる。

 

キャリーは変えた事がないオムツ交換したり
お散歩がてらにドライブに行ったりするも
どうしても誤爆の事やハッカニの事が忘れられずに
ドライブ中にサンディの元同僚だった男の場所にまで
娘:フラニーを連れて行ってしまう。

 

その後にイスタンブールに行く事を決意する際に
「私には育てられない」と暴露したり
キャリーがフラニーを入浴中に沈めようとしたりと
情緒不安定なキャリーと育児に対して
責任が追えないと悟るキャリーの心情が見えた。

 

マギーはたった1日だけの面倒を見ただけで
心変わりしたキャリーに怒りを見せるも
最終的にはキャリーをイスタンブールへ見送る事となる。

 

キャリーにはそもそも育児とか似合いそうにない。
今作でハッキリとした感じ。

 

 

キャリーやマギーを捨てた母親が登場する

 

キャリーの父親が脳卒中で他界し、
その告別式の後のパーティーに自分を捨てた母親が登場。

 

マギーと親しげに話してる姿から
いきなりキレ始めたキャリーだが、
キャリーと対話しようとミズーリから来たのに
追い返してしまう。

 

キャリーは双極性障害になる原因となった
母親だけに怒りを抑えきれずにいたが、
母親と決着をつけるためにミズーリを訪れ母を見つける。

 

母親はミズーリで保育園の先生をやっており
母親には息子がいた。キャリーからしたら腹違いの弟。
その事についてもキレてしまったが、
母親の一言でキャリーは、決着がついたとその場を跡にする。

 

本当は娘:フラニーも見せたかったようだが
姉マギーに止められなかったらきっと会わせていたかもしれない。

 

 

ホームランドシーズン4総括

 

シーズン4から新シリーズとなった作品で
前作の終わりが寂しげな終わりだったので
今作はどうなるかと思ったが、
作風が序盤からゆったり目かと思い気や・・・

 

サンディが処刑されるシーン。
クイーンがサンディを助けるかキャリーを助けるか迷うシーン
ソールが拉致され脱出後にキャリーが電話から
逃走ルートを支援するシーンなどハラハラさせる展開が待ってます。

 

過去作に登場したクイーン、ファラ、マックスも
登場人物としての色合いが濃くなり
よりキャラの立ち具合もよくなっています。

 

残念なのがファラの死ですね。
いい金融アナリストだっただけに何か残念。
ファラを失って感情を露にするマックスの姿も印象的。

 

 

でも今回の準主役のピーター・クイーンは
やはりかっこいいし、魅力的な男性だと見える。
謎が多かっただけに焦点が合わせられると
ここまで情報を的確に判断し、
分析し、行動する事ができるのかと思ったし

 

ソールの同僚だったダール・アダールから
クイーンをスカウトするのも理解できた。

 

 

ただし、最後の展開は納得がいかない。
次のシリーズを見越しての作りなら
もう少し見せてもよかったと思う。

 

 

特にクイーンのその後とかは
かなりの割合でシーズン5に継承されるのが
バレバレなネタフリだったので。

 

 

海外ではすでにシーズン5の話になっているし
日本では来年あたりに見れるのではないかな。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト運営者:アフィリ息子(ターチン)



アフィリエイトは2008年9月からスタートし、
一時期はアマゾンアソシエイトで
年間50~70万いった経験があり
自動投稿ツールのレビューに参加したり
物販アフィリエイトを主に2010年頃までやってました。
2011年から規制が厳しくなり、一時撤退するも
家業の手伝いをしながら
物販アフィリで頑張って稼いでます。

当サイト記事では、あなたの探してる情報に
マッチしたサイト作りを心がけています。

運営者ツイッターフォロー:@musuko23

参加中のブログランキング

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る