アフィリエイトタグの後ろに「rel=”nofollow”」をつければ外部リンクにならないって本当か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Googleが最も嫌う事。

 

 

アフィリエイトリンクを貼ること

 

 

そもそもアフィリエイトリンクは「外部リンク」としてなっているので
内部リンクにしたくてもできないんです。

 

要は「外部サイト」に飛ばすわけですから
そのサイトに留まることをさせないで何で外部リンクに飛ばす!
Googleはそうやって起こってサイト評価を下げたりしています。

 

そうゆう時Googleが提唱してるのは
rel=”nofollow”」をつけろって言ってます。

 

参照記事
https://support.google.com/webmasters/answer/96569?hl=ja

 

マットが言ってる事は

従来のリンクを辿る行為はGoogleロボットに負荷をかけていた。
rel=”nofollow”を入れてくれれば我々はリンクを辿らない

 

要は外部リンクを辿らないと宣言することで
Googleロボットはそれを認識してページ内にある
内部リンクを含めたリンクを辿りやすくすることを推奨している。

 

内部リンクは外部リンクとは違ってGoogleが一番好きなリンクみたいで
個人的には僕自身も内部リンクがつきやすい工夫をしています。

 

例えば

・過去記事を読んでもらう為のカテゴリー記事を置いておく

・ユーザータグを設置してページ内をより多く滞在してもらう

 

という風に過去記事を使えば評価してくれるし、
まだまだここら辺はGoogleだけじゃなく、YahooやBingも評価してくれる。

 

ただ、闇雲にやるのはどうだろう。
関係ない記事へ飛ばす。これはやったらどうなるかもうわかると思う。

 

ちなみに「rel=”nofollow”」の挿入方法は
以下の通りです。

(例)

<a href=”http://www.yahoo.co.jp/” target=”_blank”>http://www.yahoo.co.jp/</a>

↓  ↓  ↓

<a href=”http://www.yahoo.co.jp/” target=”_blank”rel=”nofollow”>http://www.yahoo.co.jp/</a>

 

これだけで「rel=”nofollow”」がつくことになるので
やってみてほしいです。特にインフォトップとか情報商材系を扱う人って
案外これ知らずにサイト評価下げてる。まぁ下げてもいいブログもあるから
どんどん外部リンクにしてもらっていいけどね。

 

参照サイト
rel=”nofollow” 属性の解説とその使い方

関連記事

コメント

  1. アフィリ息子さん、

    こんにちは。

    ご訪問&コメントありがとうございました。

    no followって見かけたけれど
    意味わからなかったんです。

    ここで、意味わかりました。
    とてもわかり易くて勉強になりました。

    応援済みです
    また参りますヽ(^o^)丿

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト運営者:アフィリ息子(ターチン)



アフィリエイトは2008年9月からスタートし、
一時期はアマゾンアソシエイトで
年間50~70万いった経験があり
自動投稿ツールのレビューに参加したり
物販アフィリエイトを主に2010年頃までやってました。
2011年から規制が厳しくなり、一時撤退するも
家業の手伝いをしながら
物販アフィリで頑張って稼いでます。

当サイト記事では、あなたの探してる情報に
マッチしたサイト作りを心がけています。

運営者ツイッターフォロー:@musuko23

参加中のブログランキング

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る