ヤフオクでタイトルのつけ方だけで落札される率が上がった方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ヤフオクで売れたタイトル

画像クリックで拡大表示

 

先日売れた物ですが、以前同じ商品を出品しても
なかなかアクセスがこなくて売れませんでした。

 

売れない要因としまして、

1 出品価格が高かった事

2 落札時間を考慮してなかった(平日午後23時)

3 ライバルが多い時間帯だった事

4 写真の枚数が少なかった事

主な要因としましてここらへんですかね。

 

ここで僕が実際にやった手法として
今あげられた点以外で最も重要だと思うことを見つけたので
紹介します。

 

ヤフオクの落札率を上げる方法

 

ヤフオクで落札されやすい環境を作る

 

せっかく出品するわけだから落札されたい。
でもなかなか落札されないというのは
いくつか問題点があるようです。

 

1 価格の問題

2 写真の問題

3 発送の問題

4 振込手数料の問題

5 落札時間の問題

 

主にあげられる点としてはこれらが
落札者の心情的障壁となっています。

 

これを取り除いてあげる必要があるので
全部じゃなくてもいいからどれか1つにフォーカスして
重点を置くようにするといい。

 

例えば価格を下げられるのであれば下げ、
写真を増やせるのであれば増やす。

 

発送方法が増やせるのであれば増やし、
振込手数料が高いのであれば
相手に合わせるように口座開設する。

 

取引時間だと平日だと忙しい人が多いので
土日祝日を狙いたいところだが
せっかくの休みをヤフオクにつぎ込む人は少ない。
現代社会人のゴールデンタイムは21~23時らしい。

 

帰宅して飯食ってネット見てという作業をするのに
適してるのがそれくらいの時間と言う事。
ただ、これに関してはやはりライバルが多い。
同じ手法では駄目で、落札件数も増やせない。

 

ここでやるのが
次の方法である。

 

ヤフオク出品時タイトルをキーワード化しない

 

大体の人は「キーワード+キーワード+キーワード」で出品。
そんなんが羅列してると写真がいくらよくても
タイトルをクリックさせるまでにはいかない。

 

人がこれいいなぁーってタイトルって何だろうって
考えました。自分なりに回答を見つけたのでシェアすると。

 

「商品名+季節語+誰に手にして欲しいか」

 

という点です。

 

(例) コードレス掃除機Aの場合

「コードレス掃除機A花粉症対策でお悩みの方必見!」

 

商品名がマイナーな場合は

「(商品名)が面白すぎる!暇な時間にお勧めです」

 

独特なタイトルにすることで
目に止まる確率はあがる。その後さきほど言った
落札者の障壁を取り除けばいいだけなので
キーワードで出品していくよりも
明確に誰に落札してほしいのかが自分でも把握できる。

 

たまに出品してる人の中で
「これは面白いタイトルだなー」ってのを見つけると
すぐ真似する癖をしています。

 

真似てパクって自分の物にします。
このサイクルが意外と大事です。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト運営者:アフィリ息子(ターチン)



アフィリエイトは2008年9月からスタートし、
一時期はアマゾンアソシエイトで
年間50~70万いった経験があり
自動投稿ツールのレビューに参加したり
物販アフィリエイトを主に2010年頃までやってました。
2011年から規制が厳しくなり、一時撤退するも
家業の手伝いをしながら
物販アフィリで頑張って稼いでます。

当サイト記事では、あなたの探してる情報に
マッチしたサイト作りを心がけています。

運営者ツイッターフォロー:@musuko23

参加中のブログランキング

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る