PS4の画像や動画の転送速度を速くする「USB3.0」がおすすめの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

PS4シェアプレイとUSBへの転送方法

 

シェアプレイで保存した物を転送する方法とは

 

PS4には自分がプレイしたゲーム映像を
キャプチャーできる機能が存在します。

 

このキャプチャー機能を使って
「YouTubeにゲームプレイ動画をアップロード」
「Twitterに自分の気に入った画像をアップロード」
といったことができるんです。

 

しかし、PS4内ではなく
PS4にある画像や動画をPCに転送して
さらに加工してオリジナリティーを加えたいと思った場合
どうしてもPS4内に保存した画像や動画を
PCに保存する為の記録媒体が必要になります。

 

PS4で推奨されてるのは「USBフラッシュメモリ」
これしかないんだけど、この規格の中で
PS4と相性がいいのが「USB 3.0」という規格です。

 

従来はUSB2.0だったのですが
USB3.0はUSB2.0よりもより多くの情報を
転送する量が増えて尚且つ速く記録媒体に
転送するものとしてここ数年普及されています。

 

このUSBフラッシュメモリを使って
データ転送をやればPCに転送して
画像や動画編集も可能になるわけです。

 

USB3.0フラッシュメモリを買う前に

 

まずUSB3.0フラッシュメモリを買っても
転送する媒体(PC)がUSB3.0に対応してないといけない。
最近のPCにはUSB3.0のインターフェイスが備わってるが
古いPCだとUSB2.0のままだったりする。

 

USB3.0→USB2.0だと転送量はUSB2.0の速さに依存。
つまりUSB3.0の効力を得れない形となる。

 

USB3.0→USB3.0の状態が望ましい。

おすすめのUSB3.0フラッシュメモリとは

 

まずUSBフラッシュメモリを買う際は
「読み取り速度」「書き込み速度」を見るといい。
読み取り速度とはファイルを読み取る速度。
書き込み速度とはファイルを書き込む速度。

そのままだが、読み取りはデータを読み取って
ファイルを転送する際の速度なので
最近のものだと150KB~240KBが出るものがあるようだが
転送速度とは関係ないようでこれが速いと
転送スピードが全然違ってくる。

 

次に買う際に気にしてほしいのが
「容量」。
使う容量に応じて容量は決め手となるが
大体8~16GBあたりが理想。
多くあっても使わないので意味がない。

 

8~16GB辺りだと
1000円弱で手にできる。
PS4はありがたい事にUSB3.0に対応してるので
転送する際はぜひ活用した方がいい。

 

特に動画容量がバカでかいのがPS4なので
容量が大きいものだと最大3時間以上かかる。
15分動画を10個転送した時に
USB2.0を使っていたが半日かかってもまだ終了しておらず
時間の無駄遣いしてた(笑)

※現在15分動画転送1つで3分弱。

 

 

 


ブログ参考になりましたら
応援ポチお願いします。更新の励みになります。

にほんブログ村 ゲームブログへ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト運営者:アフィリ息子(ターチン)



アフィリエイトは2008年9月からスタートし、
一時期はアマゾンアソシエイトで
年間50~70万いった経験があり
自動投稿ツールのレビューに参加したり
物販アフィリエイトを主に2010年頃までやってました。
2011年から規制が厳しくなり、一時撤退するも
家業の手伝いをしながら
物販アフィリで頑張って稼いでます。

当サイト記事では、あなたの探してる情報に
マッチしたサイト作りを心がけています。

運営者ツイッターフォロー:@musuko23

参加中のブログランキング

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る