MGS5:TPP第1章ミッション完了した感想※ネタバレあり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

本日台風18号が直撃していた最中に
無事MGS5:TPP第1章が終了。
まず難しかったのがEP:29極限環境微生物・EP:30民族浄化、
最後のEP31:サヘラントロプスが難しかったです。

 

EP29に限ってはスカルズが登場。強化骨格+銃弾を浴びてもビクともしない。
ロケランぶっ放してやるも何度もミッション失敗。
仕方なく、ウォーカーギアを連れてガトリングガン装甲でゴリ押ししたら勝てたw

 

さて、おさらいとしてMGS5の中で不気味な存在が多々いるが
その中でもスキンヘッドの女スカルズが怖かったねー。
こいつらステルス迷彩+凄腕スナイパー。
見つかるとやばかったのでクワイエットとバディー組んで挑戦。

女スカルズ?登場。不気味すぎて怖かった。

女スカルズ?登場。不気味すぎて怖かった。

女スカルズだけどお尻はセクシー

女スカルズだけどお尻はセクシー

 

今回のテーマである「」。
声というか声帯から発症する声帯病という病がDDにも蔓延。
数々の土地や人種の中から感染し広がりを見せる事から
脅威に感じたスネークとミラーはこの病の事を知る老人
「コードトーカー」に会う為にコードトーカーが囚われた館に向かう。

コードトーカーは病について知るもスカルフェイスの脅威を感じ、スネーク達に肩を貸すのを躊躇うが最後は説得されて動いて館を脱出する事になる

コードトーカーは病について知るもスカルフェイスの脅威を感じ、スネーク達に肩を貸すのを躊躇うが最後は説得されて動いて館を脱出する事になる

脱出後にヘリで一路マザーベースを目指すも道中スカルズ達の猛攻に合う。

脱出後にヘリで一路マザーベースを目指すも道中スカルズ達の猛攻に合う。

 

無事スカルズを倒すとコードトーカーが持っていた
「寄生虫」によって蔓延した感染病が一気に回復へと向かい
マザーベースの隔離施設から隊員一人一人が去っていく。

 

しかし、コードトーカーはスカルフェイスの脅威を語り出し
サヘラントロプスの本体の情報を聞く為にヒューイに尋問を開始。

ミラーとオセロットはヒューイに拷問し、メタリックアーキアという極限環境微生物という金属化させたものを見せる

ミラーとオセロットはヒューイに拷問し、メタリックアーキアという極限環境微生物という金属化させたものを見せる

メタリックアーキアのテープを何度も聴いても
光合成を繰り返して成長をし、金属化させたものが
コードトーカーを襲った不測性メタリックアーキアというものがあるらしい。

 

スカルフェイスの目的を知ったスネーク達は
「民族浄化」という目的を阻止する為にスカルフェイスに接触。

スカルフェイスに導かれてサヘラントロプスのある場所に案内される

スカルフェイスに導かれてサヘラントロプスのある場所に案内される

サヘラントロプスを案内されたスネークだが、突如イーライというマサ村落で見つけた青年が突如として覚醒する

サヘラントロプスを案内されたスネークだが、突如イーライというマサ村落で見つけた青年が突如として覚醒する 一瞬2人になるが・・・

 

この直後にサヘラントロプスは暴走し
スネーク達を襲いだす。狙いはあくまでBIGBOSS。
支援を受けながらも戦った。

 

サヘラントロプス攻略後にSランクを獲得するが、ここが一番きつかった。

サヘラントロプス攻略後にSランクを獲得するが、ここが一番きつかった。

 

サヘラントロプス襲撃時に鉄筋で体を挟まれて
身動きの取れなかったスカルフェイス。
スネークやミラーによって報復され、
最後はヒューイがスカルフェイスの脳天をブチ抜いて終わった。

スカルフェイスとの戦いに決着したかのように見えたが・・・

スカルフェイスとの戦いに決着したかのように見えたが・・・どこか顔の暗いスネーク。

銃を持たない戦争放棄を誓い仲間と共に新たな一歩を踏み出すシーン。こうゆうのいいよねー。

銃を持たない戦争放棄を誓い仲間と共に新たな一歩を踏み出すシーン。こうゆうのいいよねー。

 

だがそんな時に謎の少女がイーライに駆け寄って第3の英語種を渡す

だがそんな時に謎の青年がイーライに駆け寄って第3の英語種を渡す 彼女の正体とは・・・

※後に正体が明らかになります

大人に極度の嫌悪感を抱くイーライ。彼もまた謎多き少年。第3の少女は見えてるみたい

大人に極度の嫌悪感を抱くイーライ。彼もまた謎多き少年。謎の少年は見えてるみたい

 

これがヒューイが開発したサヘラントロプス同様直立二足歩行核搭載型ロボット。つまりメタルギアになる前の段階だと思われる。

これがヒューイが開発したサヘラントロプス同様直立二足歩行核搭載型ロボット。つまりメタルギアになる前の段階だと思われる。

 

第1章終了後にマザーベースにてこのようなポスターが貼られる。士気向上を狙ってるのか?

第1章終了後にマザーベースにてこのようなポスターが貼られる。士気向上を狙ってるのか?

 

<第1章報復を終わった感想>

かつてBIGBOSSと対峙してきた敵は
忠誠心が最初はあったが何かしらの出来事で失い
自国に裏切られた気持ちが強くなり報復心が強くなっていったが。
今回の敵はスカルフェイス含め人間としての痛みを感じてはいたが
それをも超越する「報復心」を抱いた敵だと言う事が分かっていく。

BIGBOSSはスカルフェイスに同調はしなかったが、
スカルフェイスの報復心に対してはどこか自分がマザーベースを作って
自国だったCIAと対峙していた姿に重なっていたのだろうか。

個人的にはヒューイの存在が鍵だと思っていたが
自白剤を投与されても自白しなかった男が
メタリックアーキアの溶解シーンを見た瞬間に
サヘラントロプスの場所を明かすのはびっくりした。

ミラーとオセロットも第1章全体を通して意思疎通が取れてなかったが
最後スカルフェイスの報復シーンにおいてオセロットがいなかったのが気になった。
オセロットとミラーそして謎の女クワイエット。
第2章では報復から種というテーマになり
今度はBIGBOSSが悪に染まるまでの過程が見られるかもしれない。

Amazonレビューが荒れているのが気になる。
プレイ時間30時間越えてようやく第1章をクリアできたけど
彼らは15時間くらいでクリアしたようだ。
ネタバレレビューが目立つのが心苦しい。タイトルに書いとけって思ったがw

<おまけ>
とあるミッションでこの男を発見。

某ケータイ会社CMでおなじみのこの男

某ケータイ会社CMでおなじみのこの男

名前は違えども、能力が高く戦闘員として一緒にやってくれるようです。

名前は違えども、能力が高く戦闘員として一緒にやってくれるようです。

 

Twitterにもアップしたが
これ見て興奮w

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト運営者:アフィリ息子(ターチン)



アフィリエイトは2008年9月からスタートし、
一時期はアマゾンアソシエイトで
年間50~70万いった経験があり
自動投稿ツールのレビューに参加したり
物販アフィリエイトを主に2010年頃までやってました。
2011年から規制が厳しくなり、一時撤退するも
家業の手伝いをしながら
物販アフィリで頑張って稼いでます。

当サイト記事では、あなたの探してる情報に
マッチしたサイト作りを心がけています。

運営者ツイッターフォロー:@musuko23

参加中のブログランキング

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る